離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/08
2005 Mon
お引越し完了
昨日、やっと書斎の鍵を開けてもらって、必要なものを持ち出した…
友人2人は途中で合流してうちに来てくれた。
1人は何度も来ているのに、いまだうちにちゃんと一発でたどりついたことがない。
高性能なカーナビがあるのに…。
それだけうちってわかりにくいところにあるらしい(~_~;)

で、友人達は迷ったので、予定より10分ほど遅れてやってきた。

夫が来るといった時間まで1時間余裕を見ていた。

ところが…なぜかほぼ同時刻に夫はやってきた。
…おホモだちを連れてレンタカーで…。

「荷物運び出しの立会い」と聞いていたので、なぜおホモだちを連れてレンタカーまで借りてきたのかよくわからなかった。

ちなみにそのおホモだち、独身、東大出、とってもファンキー、茶髪にお耳にピアス…とても一流出版会社編集者には見えない。

まだうちがまともだった頃、何度かうちに遊びに来て泊まって行った。

彼の昨日のいでたちもなかなかのものだった。
タンクトップに…超短い短パン…ちょっと直視できなかった…。
でも悪い人ではない。
ちょっとなよっとした感じ。
…女はこりごりで、ついに男に走ったのか…そんな雰囲気を感じたのは…私の考えすぎかもしれないけど…でも二人の間に異様な雰囲気を感じた。

まさか彼を連れてくるとは思わなかった。

彼は私を見ると、挨拶してくれた。
夫は…庭にいた私達を全く無視。
いきなり書斎を開けて何をするのかと思いきや、自分の大事なものを運び出し始めた。

…レンタカーを借りてきたわけがわかった。

私が荷物を運び出す前に、自分が大事なものを運び出すつもりだったのだ。

…ま、いいよ…好きにして…。

で、私達は家でお素麺を食べていた。

しばらくすると、そのおホモだちが玄関のドアを開けて「こっちは終わったので、運び出してくださいとのことです」

…をいをい…連絡係までやらせるのかい…

で、私達は連携プレーで(笑)荷物を運び出し始めた。
「立会い」と言い張っていたので、当然、運び出す荷物を監視されるのかと思っていたら、その間、夫は今度は物置からいろいろなものを運び出していた。

…あんた最優先かい…そのモノに対する執着心たるやすごいなと思った。
私が持ち出すのは監視つき…自分は勝手に持ち出す…相変わらずだね。

とにかく最後だと思って持ち出しなさいよって友人が言うので、迷ったものも運び出した。

本はどちらかというと私達の共同財産。
だから、どっちがどっちの…っていう区別のないものが多い。
とりあえず、私のものとはっきりしている本と使わないのでしまいこんでいたモノと家具を運び出した。

その間、おホモだちはちょっと離れたところから私達の行動を監視していた。

しばらくして、わんこが家から飛び出してきた。
荷物を運び入れるのにドアの開け閉めの合間をぬって…。

彼は、夫を見つけると大喜びで走っていった。
そして尻尾を振ってまとわりついた。
…夫は全く無視…それどころか、手ではらいのけていた…まるで蝿かなんかを振り払うように…。
それが一番悲しかった…何もわからず、子犬の頃はかわいがってくれていた…久々にその人に会った。
大喜びだったのに、目も合わせず、手でうるさい!とばかりに振り払っていた。

人間としてどうなんだろう…坊主憎けりゃ…ってやつですか?
でも袈裟はモノだけどわんこは生き物で感情を持つもので、状況も何もわかってないのに…。

そんなわんこがあまりにも哀れで呼び込んだ…。

荷物を運び出したのを見届けておホモだちが夫に連絡しに行った。

母屋で片づけをしていたら、また彼がやってきた。
「確認したいことがあるそうなので、来てくださいといってます…」

…そんなことまで彼にやらせるんかい…

書斎に行くと夫は怖い顔で言った…ここにあった本、あれ、私のなんですけど…返してよ。
はいはい…どうぞどうぞ…その辺にあった本、ほとんどが私の趣味で買った本だったので、一気に持ち出してしまった中に、奴が固執していた本が混じってしまっていたらしい。
言われたとおり、本をお返ししました。

そして家に入って10分もしないうちに、彼らは何も言わずに…消えていました。

ちなみに私が持ってきてくれるように頼んでいたものは何一つ持ってきてはくれませんでした。

そのことと直接聞きたいことがあったのですが…何も言わずに消えていました…。

あれは「立会い」だったのだろうか…。

まぁ、下手に横にいて、持ち出すもの一個一個チェックされなかっただけ私には気が楽だったけど…。

でも何だかとっても疲れてしまいました。
家の中に、数年前に私が苦労して書斎まで運んで行った本がまた戻ってきました。
時間のあるときにボチボチ片付けます…。

とにかく疲れました、身も心も…。

片付けを手伝ってくれた友人達に心からほんとに感謝ですm(_ _)m

なんだか気が抜けてしまいました。

…明日は病院です。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。