離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/30
2005 Tue
お返事が来ました
先日書いた、泥棒された高圧洗浄機、所在が判明しました。
やはり、思っていたとおり、元の同居人でした。

雨どいの件と新たな雨漏りの件を弁護士の先生に伝えていただきました。

本日、先方よりお返事が来ました。
1.高圧洗浄機はこちらにありますが、もともと○○氏(夫)が購入し使用していたものです。
(婚姻中に買ったものは、どちらが買ったにせよ「共同財産」ではないのですか?で、そちらにあるのはわかったのですが、こっちにもってきてくれないんですか?…って当然、持ってこないわな…

2.雨どいについては、そちらにはしごがおいてあり、はしごをかけて簡単に清掃ができるとのことです。
あのぉ、雨どいは屋根の端についていて、、家の年数から考えると、はしごをかけて私が乗ったら破損する可能性があると言われたんですけど…それに詳しい知人に聞いたら、そういう場合は屋根から行って清掃するのだそうで、屋根の一番端にある雨どいを素人が清掃するのは非常に危険だからやめなさいとのこと…っていうか、雨戸の清掃、私がするんかいっ!!!(怒)

今日ほど、彼に対して頭に来たことはありません!!!

全く馬鹿にしてます!

先日のスーツケース同様、「婚姻中に買ったものは、どちらがお金を出したかということは関係なしに二分される」と聞いたのですが…

それに高圧洗浄機…私は何度か使いましたが、奴が使った形跡などまったくございませんでした。

彼の実家も都会のど真ん中…、持っていったところで使いようがないと思うのですが…ここにもモノに対する異常なまでの執着心が見られます。

そして…私がいかにこのように彼にこきつかわれてきたか、多少はわかっていただけたのではないかと思います。

体が小さいからと床下にもぐらされたり、屋根裏に上らされたり…かと思えば、力があるから根性だ!大丈夫だ!と言われ、100キロ近いものを運ぶのを何度も手伝わされました。

いったい私を何だと思っているのでしょうか。

許したい…許したいですよ、できれば…。

でも、ここまでされて…許せますか?
かわいいもんだと思えますか?

今日、初めてです、あまりの怒りに何かを壊したくなりました。
窓に手に持っていたペットボトル、投げつけようとしました。

でも、ほんの少しだけ理性が残っていたんですね…。
ペットボトルを空にして潰しただけにしました…。
後片付けが大変ですかから。

…そして、数分後、いきなり眩暈が襲ってきました。
全身脱力状態…そして涙が止まりませんでした…くやしくて…。

薬、何だかわけわからず飲んじゃいました…そのうちふらふらになって、よろよろしてついに床を這う羽目に…。

いえ、わんこがトイレに行きたいと言ったもので、仮死状態ではいられなくなったのです。

今は何とか落ち着きました。

でも…ファックスのヘッドレターの弁護士さんの一言…
「またまた気分を悪くする回答ですね」と書いてありました。

私は人間ができていません、そんな天使や神様のような心を持っていません。
生きて感情のある普通よりちょっとドンくさい人間です。
でも…彼に大して本気で怒りを感じました。
そして自分でも悲しいことですが、憎しみすら感じました…。

軽蔑の方がまだよかったな…。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。