離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/02
2005 Fri
昨夜
明け方4時くらいまで赤ペン持って、奴の答弁書とにらみ合っていた…。
更に嘘がパワーアップしてしいる答弁書と…
ガンガン反論書いてやる!!!…そんな意気だった。

でも…一文字もかけなかった…。

こんな堂々巡りのことやってても全然意味ないような気がしてきたのと、何を書いても奴の嘘を更に増幅させるだけだって思ったから…。

明け方近くになって、枕元にあったケータイから、弁護士さんにメールを送った。

「答弁書lどこからどう直していいのか混乱しています。あまりにもでたらめで。こちらの言うことは全く無視、矛盾だらけ…読んでいて気分が悪くなってきました。赤字で訂正しようとしているのですが、一文字も書けません…」

お昼頃、弁護士さんからお返事が返って来た。

「同じことの繰り返しになりますから反論は書かなくてよいです。次回は離婚を前提とした和解協議の場ですから」

へ???
和解協議?」

和解なんて絶対にありえない…しかも「離婚を前提とした?」
どういうことぉ~?!?!
更に混乱…

二人の主張には、月と地球くらいの距離があるのだから…。
月は今、少しずつだけど地球から離れて行っている…。
私達の主張も同じ。
スピードは月と地球よりもはるかに速いけど。

どんどん食い違いが大きくなっている。

新しい答弁書、陳述書が出されてくるたびに私の中の?マークが増えていく。
奴のために良かれと思ってやったことまで、自己中でわがままで自分勝手だ!と書かれた。

私の存在って…一体なんだったのだろう…

でも…………明日は…………ジョニー様、10年ぶり再来日~!!!
間近で見られるレッドカーペットは応募したけどはずれた(;_;)
しかもオークションでは6万前後で取引されている…。
車さえぶつけてなければ…まぁ、そんなものね、人生は。

成田、行っちゃおうかなと思って、空港関係者の友人に聞いてみた。
だって、空港ってターミナルは2つあるし、出国の出口も2つある…つまり4分の1の確立!
まぁ、人がいっぱい集まっていればそこがジョニー様の出口だろうけど、ターミナル間違えたらたらえらいこっちゃ…。
しかも朝からスタンバイ?!

う~ん、悩んだ、かなり悩んだ。

でもよく考えたら通常の健康体のときでもデパートのワゴンセールのおば様たちの迫力に近寄れなかった私…。
ヨン様と違ってきっともっと若い年齢層の方々がわんさかいらっしゃるとは思うけれど、生ジョニー様見てか、きゃ~きゃ~お姉さまたちに押し倒されるかのどちらかで確実に倒れる気がする…。
ましてや、そんなミーハーなことやったことない…(~_~;)

友人に…な~んだ、その程度の熱か…と言われたから、倒れるくらい高熱なの~って返事した(笑)

ああ、レッドカーペットのチケット…当たらなかったの…ショックだわ…

ジョン・カビラのサイン入り2000年カレンダー葉書ならあるんだけど…あれじゃいれてくれないわよね…

やっぱりジョニー様は永遠に私にとってはスクリーンの向こう側の方なのかしら…
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。