離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/15
2005 Thu
「妻たるもの」って何?
このところの体調不良も何とか薬で収まっています。
でも…今の私の一番のお薬は…友達と一晩中しゃべること(笑)
今日はお仕事、午後からで、友達も昨日はお休みだったので、昨夜は友達の家で毎度のことながら、朝までしゃべってました(~_~;)
で…今日の午後は、お仕事行く覚悟でちょっと仮眠…。
目覚ましかけて無理やり起きてメール見たら、生徒から…「また子猫を拾ってしまいました…勝手言ってすみませんが、今日はお休みにしてください」と入っていました。
この生徒、先週も2匹、雨の中、へその緒のついたまま雨の中、道端に捨てられていた子猫を拾ってしまって今、てんてこ舞いなんです。
…なのに、また拾ってしまった。
すでに先住猫さんは3匹。
どれも捨て猫を拾ってきた子たちばかり。

この生徒、車の運転ができないので、普段、徒歩か自転車です。
それもきっと拾っちゃう原因なんじゃないですかね…ってご本人には言ったのですけど、妙に納得されてました。

でも…気持ちわかりますよ~。
私も車移動じゃなかったら…お使いの帰り、歩いてて、雨の中びしょびしょに濡れて目も開いてない子猫いたら拾っちゃいますよ…。
車だから心の中で「ごめんなさい!」ってつぶやいて、見なかったことにして通り過ぎたことが何度もありました。

ホント、おばさんには敬服です…。
去勢、避妊していない野良猫を捕まえては病院に連れて行き、去勢避妊させたりもしてます。
ガリガリの野良猫見ると、お腹空いてるんだろうな~って、餌場を作って餌もあげたりして…近所から文句言われてるみたいですけど…。

口は悪いけど(ごめんなさ~いm(_ _)m)、とっても人間味のある暖かいおばさんで、いろいろ人生学ばせていただいてます。
世の中まだまだ捨てたもんじゃないな~って思います。

で…

昨夜の友人との話…

今回の答弁書で最も頭に来たこと…

「妻たるもの、最低でもひと月に1度は夫の「単身赴任先」に来て、様子を見たり身の回りの世話をするべきだったではないだろうか…」というくだり。

あの…車で9時間、来るなと言われ、それでも行くから泊めてくれと言ったら「どうしても来るならビジネスホテル取ってやる」って言ってほとんど連絡のつかなかった夫…住居の合鍵すら渡されていなかった私…。
予定もわからず、連絡も取れず、とりあえず「冷却期間をおきましょう」と言って離婚届を書いた(私の主張)「協議離婚は離婚届を書いた段階で成立した」(夫主張)後に、どうしてそんなことできるんですか?

何時間もかけて行って、留守だったり、追い返されたら…そんなことあまりにも当時の私の精神状態ではできませんでした。

確かに、無料法律相談に行ったときも弁護士さんに言われました。
無理やりにでもあちらに行ってしまえばいいんじゃないですか…と。
でも…それは夫の性格を知らないから言えるんです。
父親に対する冷酷なまでの態度…あれを見て、こちらが迫っていけば行くほど引いて行く…そんなの目に見えてましたから。
だからあえてそっとしておいたつもりでした。

第一、私は平日はバイトしてました。
毎月のように夫は我が物顔でこちらの家に帰って来て自由に過ごしていました。

…こんな状況で私はどうすればよかったのでしょう…。

というか、「妻たるもの、片道9時間高速来て、最低毎月1度は様子を見に来て、身の回りの世話をするのが当然であったであろう」と…ここまでの土壇場に来て言い出す…

全く女をなんだと思っているのでしょう。

自分勝手な言い草ばかり…どうぞ言いたいだけ言って夢の悲惨な夫婦生活を膨らませてくださいね…。

来週の裁判官とのお話しのためにちょっとずつ、頭の中の整理をしているので、それまではドロドロな話題で、しかもひょっとしたら以前すでに書いたものも出てくるかもしれませんですが、復讐…じゃなかった…復習してると思ってお許しを…。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。