離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/22
2008 Tue
前向きに…
週末、実家に帰ってきました。

母は思いの外、普通でした。

「もう開き直っちゃったわ」

と言っていました。

この三日間の休みのほとんどを母の買い物に付き合いました。

母はまるで死に仕度をしているようでした。

家中のカーテンを取り替えると言い、傷みの目立ってきたダイニングチェアを新品にすると言い、それを選ぶのにあちこちまわりました。

また、抗がん剤治療を受ける決心をした母のために、すこしでも快適でいて欲しいと思い、母が日中休む和室に、弟たちと私でエアコンを入れることにしました。

去年の手術後に、一度、入れようとしたとき、固くなに拒否したのに今回はすんなり素直に「ありがとう」と了解してくれました。

また、長年入っていた百貨店の会員を脱会し、貯めていたポイントをすべて商品券にしました。
わたしにやたらと何かを買いたがるので正直困りましたが、それも母の気持ちを思うとありがたく受けるのが親孝行のような気がして、商品を選ぶ母の背中を見ながら涙が出そうになりました。

「ひょっとしたらもう運転しないかもしれないけど、やっぱり免許証は更新した方がいいよね」

って明るく言うし…

免許証更新のために眼鏡を作り直しに行ったのですが、元々顔が小さめの母ですが、

「これから痩せると思うから、大きめにしないともっと貧相になる」

などと言います。

折に触れて、自分が寝込んだ場合とか、いなくなった場合とか、そんな話をします。

これは捨てないで欲しいとか、貯金や貴重品はどこにあるかとか、自分の友人たちにはこうして欲しいとか、そんな話をします。

納戸やタンスの整理をしはじめていて、使わずに大事にしまってあったものを私や知人に分けようとしていました。

本当に、まるで死に仕度です。

でも…片付けの手をふと止めて言った一言に救われました。

「みんなあげちゃって、あと30年も生きちゃったらくやしいから、やっぱり今は全部あげちゃうのはやめとくわ」

うん、そうだよ、お母さん、その意気でがんばろう!

私も全力で応援するからね。

帰り道、運転しながら涙が止まらなくなり…視界がぼやけて前が見えなくなった。
そのままどこかに止まって声をあげて泣きたかったけど、きっと母は私にそんなことは望んでいない。
私が泣いたらダメだ…そう思い、涙をふいて運転し続けました。

がんばろう、お母さん!
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

読んで、お母様の強さに感動しました。
AMIさんのお気持ち絶対通じています
以心伝心ですもの。

私も母にきちんと告知してあげればよかったと思います。
きっと初めはかなり落ちこんで涙しただろうけど、受け入れやりたいことなどたくさんあったと思います。
母も、お正月に帰れると思い、自分の部屋の畳の表替えをしました。というより入院中から私達にさせました。
自分で余命を感じ取ったときには1人ではどこへも行かれない状態で、会いたい人にも会えないという結果でした。

傍で見ていて健気なお姿が本当に心痛めると思います。でも笑って明るく、そして一緒に居てあげることだけで満足なのだと思います。
母は偉大でした。
いくらどれだけのことをしても、し尽くしてもきっと後悔ばかりが残ると思います。
お母様の強さをいっぱい褒めてあげてください
AMIさんも無理されないで、ご自愛なさってくださいね。

MIO | URL | 2008/07/23/Wed 12:01 [EDIT]
うん
お母さんはAMIさんが悲しむのは望んでないよね。
一緒に闘うんだもんね。
便利屋 | URL | 2008/07/23/Wed 19:53 [EDIT]
母は強しとはまさにこの事ですよね。
だからこそ偉大さも感じます。

人には必ず終わりがくるけれど、その最後をどうやって過ごすかって本人次第。
今のお母さんにとってはきっと頭の中でいろんな事をかんがえて、
前向きにと思いつつも、本当はいつも「恐怖」とたたかっているのかもしれないですね。
そう思うととにかく、家族がいつでもそばにいてあげれて、顔をみせてあげる事が、
AMIさんのお母さんにとっては一番心強いことなんでしょうね。
気持ち次第で人生どんな風に変わっていくかわかりません。
AMIさんにできる事、AMIさんの気持ちも精一杯お母さんに伝わるといいな。

実はウチの父も今年、病院で前立腺癌と言われて定期的に病院にいって検査うけてます。
年齢も年齢なので手術をせずに薬で治療しましょうと先生に言われてマメに通院しています。
本人はいたってあっけらかんとしています。生活環境を変えるわけでもなく、大好きなお酒は
毎晩飲んで、たまに散歩にでて・・・
だけど、本人はそんないつもと変わらない生活も1日1日を大切にしているのかもしれないな。
そう考えると、自分自身にグっとくるものがあります。

AMIさんのお母さんの気持ち、いちばんわかってあげっるのは家族ですもんね。
母は強し、そして家族の絆も強し!ってところを証明したいところですね。
きっと、証明できる。そんな気もします。そう信じたいよね!
haleiwa-hawaii | URL | 2008/07/24/Thu 00:22 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。