離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/22
2008 Tue
裁判官変更
はい、まだ続いています、財産分与。

今回から裁判官が変わったそうです。

とはいえ、私はまだ一度も出廷していませんので、前職の方がどのような方だったのかはわからないのですけど…。

前回までの裁判官は、とにかく「双方の主張していることを表にまとめた上で、そこから考える」ということをしようとしていたようなのですが、こちらが提出するように求めている資料を相手方が出してこないので、全く前に進んでいませんでした。

今回の裁判官は、「とりあえず、双方が主張することをまとめてください」ということなので、また一から陳述書の作り直しとなるようです。
何だか会社も裁判も「振り出しに戻る」といったところでしょうか。

まぁ、迷ったら「原点に立ち返る」ということは大事だとは思いますが、そのために費やされる時間とお金を考えると…どうなんでしょうか。

「光母子殺人事件」

死刑判決が出ましたね。
裁判をやっている者にとって、裁判所も捨てたものじゃない…そう思わせてくれた判決ではないでしょうか。
どうか、このまま結審してくれることを祈ります。

そして、私の裁判も、「黙っていればわかるまい」的態度に出ているヤツの言いなりになることだけはやめてもらいたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

AMIさん今日は
裁判のニュースって午前中の判決が多いのかいつもお昼休みに、みんなで会議室でのお弁当食べている時間に聞きます。

今、私が裁判中だからなのか、どうしても刑事裁判でも、裁判とか弁護士とかの言葉に敏感になっている自分があります。
みんなニュースを聞いて感想を話したりしていますが、黙って聞いていることがほとんどです。
昨日の判決でもみんな、死刑がいいとかは言及してなくても、「又犯罪を犯すよね」って意見がでていました。

裁判官も人、その人の考え方でどっちに転ぶかわからないものなのですね。

裁判官が変わったこと私もありました。男性から若い女性に。功を奏したとは言いがたかったかもです。ただ、人が変わると又一からだと弁護士も話してました。
時間が経ってもAMIさんの場合、癒しにも何もならないから、複雑ですね。
私も初めは次の期日までがいらいらしていましたが今は期日さえも忘れる私です。裁判慣れしてるなんてね~~笑

頑張りましょうね。



MIO | URL | 2008/04/25/Fri 12:22 [EDIT]
☆彡MIOさん
こんにちは。

やっぱり、裁判の話って敏感になりますよね。
裏を知ってしまうと特に、違った視点で見られるようになるのでは?

私も今ではすっかり期日、忘れています(^_^;)
弁護士さんから、次回期日の連絡が来て、ああ、そういえば…なんて感じですから(苦笑)

でも、日々、裁判のことを考えてイライラしているより精神衛生上はいいのではないかと思います。

「やるだけのことはやる」

それだけでいい…そんな気がします。
事実を曲げてまで勝とうとは思いませんから…ね。

がんばりましょう!
AMI | URL | 2008/04/26/Sat 12:05 [EDIT]
日本の裁判って本当に長いですよね。
これでは被害者側が心身ともに疲弊してしまうだけだと思います。
ずうずうしいヤツが得をする制度も改めなくてはね。
とにかくAMIさんは健康だけは気をつけてくださいね!
便利屋 | URL | 2008/04/27/Sun 10:31 [EDIT]
☆彡便利屋さん
光市母子殺人事件の被告も、今や「元少年」と呼ばれるほどの長い裁判となっていますね。

ご遺族のお気持ちを考えると、本当に長くて辛い戦いだったと思います。
ましてや、あの状況の中で上告だなんて、神経を疑いますね。

ホント、嘘でも何でも主張した者勝ちです。
黙っていても、裁判所は気を利かせて助けてなんかくれませんから…。
AMI | URL | 2008/04/29/Tue 01:01 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。