離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/24
2007 Fri
どうするか考え中
今日は、財産分与裁判の期日でした。

まず、家の庭に奴が建てた書斎…査定がゼロ円でした。
これについて、異議を申し立てましたが「固定資産税を支払っていないので査定はゼロ」と言ってきました。
単に「家屋登録」を怠っているために固定資産税が発生していないだけで、電気も通っていれば水道やトイレもあり、建築やさんにデザインして建ててもらった建物です。
「違法建築物」にならないのでしょうか?

また、アメリカにある銀行口座についての内容開示を求めたところ、「過去の履歴を取ることはできないので開示できない」とのこと。

これもおかしい。
アメリカの口座は銀行が地方の口座なので、現地に行かないと出入金ができない口座。
なので、結婚している当時から利息が増えているくらいで極端に増えたり減ったりはしていないはず。
(意図的に何もしていなければの話)

そして、婚姻期間中に購入した車についても財産に入っておらず、これについては「別居期間に買ったものだから関係ない」との答え。
私の車も別居期間に買っていますが、当時の新車値段にされて、私に財産分与の前倒しで渡したものとされています。
これ、おかしくないですか?!

お金のことなので、ああだこうだとあまり言いたくはありませんが、あまりにも自分に都合よくしている気がします。

これについては異議を申し立てましたが…法的にはどうなのか、私にはよくわからない。

そして、今回の相手方の陳述書についての弁護士さんの見解を求めましたところ、このような答えが返ってきました。

「相手方の陳述書は、学者らしく、言葉の使い方や装飾がうまく、素人なら騙されるでしょう。裁判官は通常は文書の飾りにごまかされた情緒的な認定をすることはありませんが。今度の相手方の陳述書はやはり相当ひどいものですが、瑣末なことを極端に表現することに帰って印象を悪くするのではないでしょうか。内容的にもすでに再三言ってきた事柄ですので、あえて反論を書いても同じことになってしまうでしょうね。水掛け論ではなく、客観的な証拠を示すことができれば意味があるのですが、それにしても全体からすればあまり重要な事実ではないので、この陳述書には対応しないという結論でよいのではないでしょうか」

気持ち的にはもうあの陳述書、読みたくないです。

反論を書かないと決めてしまえば、もう読む必要もありません。

少し考えてみたいなと思います。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

なるほど・・・
やっぱり弁護士さんもあの陳述書を無意味な文章だと思ったんですね!
当然だと思いますよ
あとは裁判官が当り前の常識を持った人であることを祈るばかりですね
便利屋 | URL | 2007/08/26/Sun 21:39 [EDIT]
裁判官はとても偉い人、難関の司法試験に合格して任官されたのですからとてもプライドが高く独特なポリシーや人格の人が多いと聞きました。
そして裁判官といえども人間。
判決にはどちらに同情を寄せるかだと。
だから和解勧告を拒否するなんて印象を悪くする事なのだそうです。

AMIさんの場合、陳述書に法律用語以上に難解なワードが出ていると、いい印象というよりも裁判官にすれば高いところからものを言われているようで、単純に「感じ悪」だと思うのだけど。反対に読んで「さすがだな」と感心するものかしら?

私が聞いても異常じゃないのって思うのだけどね。
MIO | URL | 2007/08/27/Mon 10:08 [EDIT]
■☆彡便利屋さん
弁護士さん的には、無意味以上、かえって逆効果と見ているみたいです。
ただ、そうだとすると、あちらの弁護士は何を見ているのかなとも思います。

まぁ、それぞれ作戦があるでしょうし、本人の意思もありますでしょうから。

私も、うちの弁護士さんが、あまり長い文章は…とおっしゃっていたものを、半分お願いみたいな感じで「これは出してください」って提出してしまいましたから、あちらも同じようなことをやっていてもおかしくないですもんね。
AMI | URL | 2007/08/29/Wed 00:13 [EDIT]
■☆彡MIOさん
まさにそういわれてみるとそうですよね。

裁判官が「和解したほうがいいですよ」とせっかく提示したものを蹴った形になったわけですから、確かに、裁判官にしたら気分悪いのかもしれないですね。

あちらの弁護士がどのような形でアドバイスや指示をしているのかわからないので、何とも言えないのですが…。

私が前の陳述書で「常に上から見られているようで心外」と書いたら「ふざけるな」みたいなことを書いてきました。
(もっともその文章も思い切り上からモノ言ってますが、本人は気付いていない様子)
難しい言葉を使えばえらいってものでもないでしょうにね。

ホント「感じ悪」です。
AMI | URL | 2007/08/29/Wed 00:17 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。