離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/14
2007 Sat
雨のお通夜
台風が来ていましたが、お通夜に行って参りました。
前日、同級生だった友人に連絡をしたら、自分の分をお香典を持って行ってもらいたいとのことで、会社まで来て貰って預かりました。

お寺までは思っていたより遠かったです。

雨が降っていたので、あまり電車の乗換えをしたくなくて、乗り換えが最も少ないルートを選んでしまったということもあります。

お通夜の場所はちょうど駅に対して反対側。
大きなお寺でしたので端から端まで歩いて10分かかり、結局、ネットで見た「駅から10分」の倍もかかってしまいました。
結局、家を出てお寺にたどりつくまでに2時間かかりました。

雨で喪服も靴もびしょびしょ…。
やっとの思いでお寺に着くとすでに読経は始まっていました。
お焼香をする人が列をなしていましたが、お天気せいもあったのかあまり人は多くありませんでした。

あっという間に自分のお焼香の順番になり、先生のお写真に両手を合わせ、心の中でお別れを言いました。
お礼とともにごめんなさいとも言ってしまいました。
先生に結末をお知らせせずに済んだことがせめてもの救いかなぁとも思ったり。

お通夜では、あれ?と思った顔は何人かありましたが、こちらからあらためて声をかけるほどでもなかったしお名前も浮かばなかったのでそのまま失礼してきました。

帰り道、一緒にお香典を持って行った友人の分の香典返しを含めて2つ…これがまた大きくて重くておまけに帰り道は上り坂で…正直途中でへこたれそうになりました。
ずっとお元気だったころの先生の声が耳から離れなくて、気持ちが沈んでいたというのもありますが…。

心配したほど天気も悪化せず、電車も止まらなかったのでそのまま素直に帰ってきました。

ひょっとして?と思っていましたが、やはりヤツの姿はなかったですね。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。