離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/04
2007 Wed
さすがでございます
先日の控訴審のときに提出された相手方の反論文が本日手元に届きました。

今度は、ご本人が書かれたらしく、被害者と徹している点については拍手をしたいくらいすばらしい出来でした。
さすが、文書きを生業としている方だけありますね。
あっちの弁護士が作った稚拙な文書とは明らかに違います。

が…どっと疲れました。

情けないですが、反論する気力が今は全然ありません。

内容があまりにもひどいからです。
静かに…被害者ぶっています。
読んでいると、本当は自分がものすごくひどい人間だったのではないだろうか?
そんな気がしてきてしまいます。

自分から攻撃をしかけてきておきながら、裁判での私の反論を聞いて、私のような人間と結婚を決めたことを心から後悔しているんだそうです。
そうですか、何とでもおっしゃってください。

ちなみに裁判所からは、前回出された文書で充分という見解があったらしいのですが、どうしても「反論したい!」という相手方の希望により、公判はもう一回だけ引き伸ばされました。

次回、結審です。

それまでにあの馬鹿馬鹿しい、しかしながら完全に被害者となりきっているあの文書に反論する気力が沸くのだろうか…はなはだ疑問。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

AMIさん
気持ちだけはしっかり持ってくださいね
AMIさんは被害者なんだよ!
向こうのテにのせられないでね!
しかし、オトコの風上にもおけない人ですね
往生際わるすぎ・・・オトコのくせに!
オトコならもっと器おっきく持たなきゃね!
ほんとにもう・・・!!
maria | URL | 2007/07/05/Thu 14:11 [EDIT]
AMIさんにさすがと言わしめるほどの文章だったとは
敵ながら天晴れと言うべきなのでしょうか・・・。
でも、反論しないと向こうの思う壺ですから、もう一踏ん張りですよ。
充分って言われているのに反論してくるとは、子供なんですねぇ。
自分の言いたいことを言わずにはいられない、言葉で言い負かせて、
自分が正しいと認めさせずにはいられないんでしょうねぇ。
幼児レベルですね。いい大人の行動とは思えません。
なんだかちょっとかわいそうな方ですね。
AMIさん、負けちゃダメですよ。
ここはひとつ、「やられたら倍返し」の精神で!
って、よっぽど私の方が幼児レベルですね(笑)
かすてら | URL | 2007/07/05/Thu 23:11 [EDIT]
■☆彡mariaさん
往生際、ホント悪いです。

後悔したいのはこっちです。

でもね、それじゃあまりにも自分がかわいそうすぎるので、少しでもプラスに考えようとしています。
努力はしているつもりなんですけどね、気付くとドツボに引き戻されています。
AMI | URL | 2007/07/06/Fri 00:34 [EDIT]
■☆彡かすてらさん
全然、幼児レベルじゃないですよ~。
私も人間できてないので、キリスト様のように右の頬を打たれたら左の頬は差し出せません。

が…踏ん張るためにはもうちょっと自分自身の立て直しが必要です。
大丈夫、最近は結構、立ち直りが早くなりました(笑)

ありがとう♪
AMI | URL | 2007/07/06/Fri 00:37 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。