離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/31
2007 Thu
とりあえず書いてみた
さすがに20枚にはならなかったけど…

やっぱり書いてみるとあっちの弁護士ってアホかもしれない。

だって、私がめっちゃお金を引き出して、わんこのために使いまくってましたっていう証拠に出してきたのがあっちの当時の預金通帳3か月分。

なぜか引出額も1日に同じ額2回も引き出した計算したりとかしてる。
通帳にそんなの載ってないし。

で、ね、なぜ3ヶ月なのかっていうと、その月が異常に多額のお金を引き出しているからなんだろうけど(その前の計算していない2ヶ月は思い切り少ないし)
おまけに何の意味かよくわからずにくっつけてきた証拠の書類が「○月○日より、生活費は振込とさせていただきますので、お持ちの銀行口座のキャッシュカードは使えなくなります」っていうお知らせFAXだったのです。

最初は、何でその月、そんなにいっぱい引き出しているんだろう?って自分でもすごく不思議だったのですが…そのFAXみて思い出したのです。

つまり…

突然、「使いすぎだから(って全然使ってないのはその預金通帳の計算していない月を見れば明白なんだけど)キャッシュカード差し止めます」って通達が来たその日とその翌日に、ホントに振り込んでくれるのか?って疑心暗鬼になって引き出せるだけ引き出したっていうのが真相なのです。

日付みれば簡単にそんなことは説明できます。

そのFAXもご親切に「証拠」として出してきてくれてありがとう♪って思いました。
だって、そのFAX見なかったら、そんなこと思い出さなかった…きっと。

そしてクレジットカードの引落が異常に多いということもついてきているのだけど(一ヶ月前の請求だからその月の支出に加えることはどうなのかなとも思うんだけど)、これも簡単に説明できちゃうんですよね。

つまり、そのクレジットカード請求は、ヤツが僕も家で使うからと言って私名義のカードでテレビやらDVDやらMDステレオやらを次々と買い込んだ月のものなのですよ。
つまり、私の買い物ではないのですわ。
それは保証書を見れば明白。
相手方はそれらのものを「妻への最後のプレゼントのつもりでした」なんてうそぶいてはいるけど、「プレゼント」だとしたらくれたんだから、それを買ったクレジットカードの引き落としは、私が責められるものではないですよね?

とまぁ、こんな風に片っ端からおかしなことが並べ立ててあるのですわ。

とにかく、穴だらけの答弁書であることは確かです。

でも、妙に自信もってこんなに穴だらけの答弁書をまくしたて、私の人格を否定しまくっているのが何だか怖いです…

ひょっとしてやっぱり人格破壊されているのは私の方なのかなぁ…などと思ってみたり(苦笑)

ところで、これって何だろう?
つけた記憶はないんだけど…やり方もよくわかんないのです。
↓  ↓  ↓
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

ダメ男くんにはダメ弁護士がつくのですねぇ・・・。
なんだかコレならAMIさんの勝利が目に見えてくる!
v(*'-^*)-☆
haleiwa-hawaii | URL | 2007/05/31/Thu 23:24 [EDIT]
■☆彡haleiwa-hawaiiさん
ね、何だか笑ってしまうような答弁書だと思いませんか?

私にはアホとしか感じませんが、実際の第三者の方にもアホってうつりますか?
よかった、ほっとしました(*^_^*)
AMI | URL | 2007/05/31/Thu 23:32 [EDIT]
なんだかマンガみたいなボケ方だよね
トロすぎるせいかなんだか安心しちゃうな
いや 油断しないでやっつけよう~!
AMIさんしっかりね♪
便利屋 | URL | 2007/06/03/Sun 12:59 [EDIT]
■☆彡便利屋さん
いつものことだけど、なぜにそんなに自信を持っているのか…正直怖いんですけど…
AMI | URL | 2007/06/03/Sun 23:33 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。