離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/07
2007 Mon
褒められた(^_^;)
お世辞でしょうけど、弁護士さんから褒め言葉をいただいてしまいました。

連休前に弁護士さんが整理してくださった例の長ったらしい陳述書のした原稿をいただいていたので、連休中、これを読み返し、新たに書き加えたいことを書いたり、校正したりしていました。

連休明けの本日、早起きをして、最後のチェックをしてから出勤前に弁護士さんに送りました。

お昼前、弁護士さんからのメール。

「あなたの文章力には感心しています。きちんとした表現ですね」

この弁護士さんから褒められたのって、私の記憶にある限り初めてで、自分が渾身の力を込めて書いたものだったので、なおさらうれしかったのです。

ちなみに、担当の弁護士さんは、あっという間に弁護士会の1年間の役職を終えたので、連絡係の弁護士さんを通さずに私の所に直接メールが来るようになりました。
ですので、今回の陳述書も担当弁護士さんが見てくれています。

もうね、私、何度も何度も読み返して、これがきっと言いたいことを言える最後だと思って書き直しました。

他人様に事情をわかってもらうための文章ってなかなか難しいです。
が、これがまた笑えることに、ヤツの原稿や論文の校正なんぞをやっていたもんだから、多少はきちんと校正するってことが身についている?(笑)

などと偉そうに書いてはいますが、このブログも、なかなか言いたいことが書けず、でも書いてしまうとろくに校正もせずにアップしてしまっているので、かなりひどい文章です。
読みにくいのに読んでくださっている方、本当に感謝です。

で、話が脱線してしまいましたが…

とにかく今回、私は「言いたいことは、弁護士さんが代弁してくれる」という甘えは捨てました。
自分の言葉できちんと訴えたい、そう思いました。
私の置かれた状況を説明できるのは私しかいない、そう思いました。

結果…A4用紙20枚にもなってしまいました。
項目別には弁護士さんがしてくださいました。
全部で30項目以上。

自分でもびっくり。

相手の陳述書や本人尋問調書をひっくり返し、メモをひっくり返し、思いつくと書き留め…相手の発言でおかしいこと、矛盾していると思ったことはすべて証拠と事実を挙げて書き出しました。
実際、ちょっとした探偵気分でした。

そういえば昔、推理小説が好きでした。
関係ないですけど(笑)

何だか書いているうちに、自分のことなのに自分のことには思えなくなってて、そういった客観的な視点から見て発見できたこともあります。
当時、腑に落ちなかったことが妙に納得できたり…色んなことがはっきりしてきました。
と同時に、自分の中の燃えカスが燃え尽きた気がしました。

そしてこれだけは堂々と言えます。

「私の陳述書には、事実しか書いてありませんし、一点の曇りもありません。」


あとは野となれ山となれ。
もし裁判所で、この陳述書が取り上げられなかった、私の言いたいことが通じなかったのならば、このブログで全文公開しちゃおうかな(笑)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

なるほど・・・
困難な状況にも取り乱さないで、客観的にご自分を振り返られるAMIさんだからこその境地のような気がしますわ
きっと弁護士さんもAMIさんから学ぶことが多いんじゃないかな
結果が良いに越したことはないけれど、結果以上にAMIさんは人間を作る貴重な体験をしていると思いますよ
その姿勢に脱帽ですわ・・・
便利屋 | URL | 2007/05/09/Wed 20:18 [EDIT]
良かったですね
嬉しいですね~~
素晴らしいですよ
ブログの文章だって素晴らしいですもの
さすがAMIさんですね
きっと熱意や忸怩たる思い伝わったのでしょうね。言葉で気持ちを伝えるのってなかなか難しい事ですよね。
身にしみます、、、
AMIさん、以前は弁護士さんへの思いもいろいろとあったけれど本当に良かったですね。
MIO | URL | 2007/05/12/Sat 06:37 [EDIT]
■☆彡便利屋さん
人間、全然できてないです。
ホント、いつもいつも未熟な自分に辟易ですよ。

ホントはね、あんなヤツ、とっととさよなら~ってしてしまえばいいんだってわかってるんですけど、人間できてないから、決着つけないと気持ちが悪いのです。

ホントね、一番いやなのはそんな自分自身だったりします。
AMI | URL | 2007/05/14/Mon 22:33 [EDIT]
■☆彡MIOさん
そうですね。
とにかく、自分自身の気持ちを全部訴えたかったというのが正直な気持ちです。

戦略とかそんなのはもうどうでもよいです。

私の声を聞いてください、そういう気持ちで書きました。

ブログはホント、後から読み直すとひどい文章だって思いますよ(苦笑)
AMI | URL | 2007/05/14/Mon 22:35 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。