離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/03
2007 Thu
母の手術
無事に成功しました。

手術の日は、私と父と義妹が付き添いました。

当日、母は緊張していましたが、「もう逃げられないわね」なんて冗談も言っていました。

ストレッチャーで運ばれていく母に付き添いました。

初めての体験。
私の方が緊張してしまっていたかも…。

待っている間、落ち着かなく、途中、伯母が到着して待合室で4人で待ちました。
母が手術直前に、きれいだから見てくるといいよと言った屋上の庭園を見に義妹と一緒に行きました。

がんセンターですから入院の人はみな、がんです。
退院間近なのか、これから手術なのかは一見わかりませんね。
皆さん、庭園でくつろいでいました。

でもね、実はさまざまなところに自殺防止がしてあるそうなんです。
たとえば個室の窓なんかは10センチ程度しか開きません。
また、屋上のフェンスも絶対に乗り越えられないようになっています。

入院している人たちは、みんな死と必死に戦っている人たちばかりなのです。

母は午後2時に手術室に入りました。
私たち家族にはポケベルが渡され、手術が終わったり何か緊急事態が起こったらそれで呼び出しますと言われていました。
手術は3時間程度と言われていましたが、5時半をまわってもなかなかポケベルが鳴りませんでした。

待合室には私たちだけになりました。

そして6時近くなった頃、ポケベルの呼び出しではなく、看護婦さんが私たちを呼びに来ました。

医者の説明を聞くために父がまず面談室に行きました。
私はちょっと躊躇しました。
何せ、切った患部を見ながらの説明。
行くという義妹にひきずられて私も行きました。

説明の結論としては、とれる部分は取りきったので、あとは細胞レベルでガン細胞がリンパに転移していないかどうかを調べるとのこと。
それによって今後の治療が決まるのだそうで、検査結果が出るのは退院できる頃でしょうと言われました。

その後、ICUで麻酔から覚めかかってはいたものの朦朧としている母に面会。
何と言葉をかけたらよいのかわからず、がんばったね、手術は成功したから今日はとにかく休んでね…そんな言葉をかけたと思います。

とりあえずその日は帰宅しました。

次の日、家族なら面会できるということで、病院に様子を見に行きました。

様々な管をつけられ、酸素吸入器をつけられた母は痛々しく、熱があるようで氷枕をしていました。
傷口が痛まないように背中から痛み止めの薬を入れていました。

母の第一声は伯母に対してのもので「洗濯物」でした(汗)
どうも、前日に使って取り替えた腹帯の洗濯がもっとも気になったようです。
そして次に私に行った言葉は「電話」です。
手術前に私に預けた携帯を自分の枕元に置くようにとのこと。

手元にないと落ち着かないのだろうか…そう思い、枕元に置きました。

あまり長い時間いては疲れれるだろうと思い、15分ほどで帰りました。

帰り道、伯母と父とお茶をしていると私の携帯メールに着信。

母でした。

「●●にも電話して」

はぁ…ちょっとあきれてしまったけど、こんな元気があるなら大丈夫?

「電話するけど、ちゃんと安静に寝てなさいよ、メールなんかするんじゃありません」

って返事したらブタさんの顔の絵文字が返ってきましたよ。

その次の日にはもう歩く練習。
最初、めまいがすると言って断念しましたが、午後また再チャレンジ、結局、体重を計りに往復80メートルほど歩きました。

最初は個室だった母ですが、あっという間に元気になって、4日目には大部屋に戻りました。
もう毎日行くたびに「暇でしょうがない」を連発してます。

昨日は酸素吸入の管も取れました。

私はカレンダー通りの出勤なので、昨日、一昨日は仕事に行きました。

本日は自宅から病院に直行して実家です。
残りの連休はずっと病院通いですが、日に日に元気になっていく母を見ているのはうれしいものですね。

これで検査の結果がよいものであれば文句なしなのですけれど…。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

お母様の手術無事に成功してよかったです。AMIさんの心痛も相当だったと思います。お疲れ様です。
たくさんたくさんお母様と同じ時間すごしてあげてくださいね

私の母も、手術の予定終了時間よりとても遅れた時は、本当に居ても立ってもおれない状態でした。そして母からふいに手術が何時間だったと母に聞かれて予定通りだったと嘘をついたの憶えています。

検査結果よければいいこと私も祈っていますよ。
MIO | URL | 2007/05/04/Fri 13:43 [EDIT]
お母様、手術の成功、よかったですね。
これで、お父様もちょっと安心できたでしょうか?
私たちの年代になると、親の健康一つ一つが気にかかりますよね。
どうかお大事に。
早く退院できますように。
ペケママ | URL | 2007/05/04/Fri 21:09 [EDIT]
良かった・・・
本当に気丈な母上だね
ブタさんの絵には笑いました
みんな揃ってのお見舞いに安心したのかな?
一日も早いご回復お祈りしてます・・・
便利屋 | URL | 2007/05/06/Sun 11:32 [EDIT]
■☆彡MIOさん
無事に終わって何よりですが、やはり母が日に日に元気になっていくのが見えるのがうれしいですね。
一緒に心配してくださってありがとう、とてもうれしかったです。
まだ検査結果が出るまでは予断を許しませんが、一山は越えました。
AMI | URL | 2007/05/06/Sun 11:35 [EDIT]
■☆彡ペケママ
いつまでも若くはないんだなぁと、今回つくづく感じました。

母のいない家がだだっ広く感じます。

父も経過にはほっとしているようで、一安心です。
AMI | URL | 2007/05/06/Sun 11:38 [EDIT]
■☆彡便利屋さん
そうなんですよ、豚さんマークですからね。

手術の次の日から、笑うとお腹痛いから笑わせないでよ…なんて言ってましたよ(^o^;

なんか、自分の能天気?な性格のルーツを見た気がします(笑)
AMI | URL | 2007/05/06/Sun 11:41 [EDIT]
なんとも私もホッとしてます。手術成功してよかったぁv-300
涙を流したお父様が今回は一番ホッとしたのではないでしょうか?
お母様の入院中のお茶目な行動からしたら検査の結果を聞かずとも
なんだかもう大丈夫!って思えてきます。
早く退院できるといいですねe-241
haleiwa-hawaii | URL | 2007/05/06/Sun 20:27 [EDIT]
■☆彡haleiwa-hawaiiさん
ありがとうございます。

自分の能天気さのルーツを見た気がします(笑)

気持ちだけは若くてやる気の母です(笑)
AMI | URL | 2007/05/07/Mon 23:01 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。