離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/10
2007 Sat
母怒る
朝・・・母から電話。

昨日、弁護士からやっと相手方弁護士と連絡が取れたとの連絡。

返事は、

引越しについては立ち会う必要があるが、今現在、相手方は試験期間で全く身動きが取れないので、後ほど何日か日にちを指定する

とのこと。

ってことは、弁護士じゃなくて本人が立ち会うつもりなんでしょうか?

それよりも、こんな返事、一ヶ月以上もかかって出すものですか?

それに再三、一日では無理ということ、業者を頼まなければならない…ということも伝えてあるはず。
いくらアホでも、「試験期間」が過ぎたらすぐに「引越し」の時期になることくらいわかるのでは?

自己中、反社会性人格障害のあいつにはそんな常識は全く通用しないのかもしれないですね。

全くこちらの言っていることが通じていないようで、そんなに理解能力がなくて、よく人様に教えることができるなぁと感心してしまいます。

で、コトの成り行きを母に連絡しました。

母「本人、来るつもりなのかしら?会ったら言ってやりたいことがあるわ。全く自分勝手でふざけたことを言っているわよ、私とあちらのお母さんのソリが合わなかったとか言っているんだってね」

裁判のときのことを父から聞いたのだなと思いました。

相手方は、離婚ややり直しをしようとかいう話を何回かしたときに、いつも「母親がいいと言えば」とか「母親はこう言っている」とかそんな話ばかりでした。

弁護士から、相手方がやり直すとか離婚だとか毎回違うことを言ってきていたことに対して、当時、どう感じていたかという質問に対して、自分としては、やり直すという気持ちが相手方にあるのであれば、考えてみよう、でもなぜこの人はいつも「母親がいいと言ったら」という言葉が出るのか、お母さんの許可がなかったら何も決められない人なのだなという思いがあった、ということを言いました。

それを受けて、こちらの弁護士が相手方に質問しました。

「今回の離婚について、あなたのお母さんは何と言っていますか?」

「うちの母は、原告の母とソリが合わなかったので、それは仕方のないことだと言っていました」

この尋問のとき、父は傍聴席にいました。
帰りがけ、お昼を食べながら父が言っていました。

「お母さんとあっちのお義母さんて仲、悪かったっけ?」

うちの母とあちらのお義母さん、冠婚葬祭以外、ほとんど交流ありませんでしたし、喧嘩などもしたことはないですし、母からあちらのお義母さんの悪口を聞いたこともありません。もちろん私も義母とはうまくいっていると思っていたので、母には悪口を言ったことはありません。むしろ、しょっちゅう、行き来していたので、あまりそのことを母に言うと、やきもちを焼くかなと思って気を遣っていたくらいです。

だから、母本人にとっては、「義母とソリが合わなかった」と言われたこと自体が青天の霹靂だったようです。

「ホントに自分に都合のいい嘘ばっかりついているんだね」

母は、結婚すると言いに行ったとき、「あんたは若いからわからないと思うけど、いいように使われてるだけだよ」と一言言いました。
でも、そんな忠告を聞かずに結婚した私です。
母は、そんなことを言いながらも、あいつのことは、その一言以来、離婚に至るまで、本人のことはおろか、義母についても悪いことは一言も言いませんでした。

本当に、引越しに本人が立ち会うつもりなんでしょうか?
それとも、全く時間が取れないから、鍵をあけるための日にちを弁護士と相談している時間がない・・・と言うことなんでしょうか。

またしても謎のご返答です。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

■実は・・・
今までの相手方の弁護士の言い方から
もしかしたら、本人が来るつもりなんじゃないだろうか?
と感じてました。
男がいるんじゃないかというげすな勘ぐりをしてるようですし、自分の思うとおりに運べなかった離婚。自分の言う通りに、自分の思うように素直に離婚を承諾しなかった妻。
サイコパスな人ですし、ヘンな執着心があるのではないか、それが心配です。

現場で付きまとわれて何か言おうものなら、すべて自分の良い様に解釈して、どこに何て連絡するかわかったもんじゃない。
杞憂に終わればいいのですが、細心の注意を払ってくださいね。
TOMO | URL | 2007/02/10/Sat 23:42 [EDIT]
☆彡TOMOさん
やっぱりこの展開って、本人が来るつもりであるという可能性大ってことですよね。

ホント、明らかな引越し状態の家の写真を堂々と出してきたり、とにかくとかくいちゃもんをつけたいみたいですから…

でもこうなったら財産分与の判決を待ってからの方がいいのかもしれない気がしてきました。
AMI | URL | 2007/02/11/Sun 23:08 [EDIT]
■どんなことでも
母や父、身内の事についてとやかく言われたく無いですね。
自分のことならまだ我慢できますよ
母や父の事なんて絶対悪く言われたくないです。ソリが合わなかったって、いい意味に取れませんよね。
お母様の憤慨する気持ちわかります。
昔々
小学生の時先生から教えてもらいました。
喧嘩をしたりの際
「おまえの母さんでべそ~」っていうのが流行って、家族の事、体の事などを貶すなんて絶対にいけないことだって。





MIO | URL | 2007/02/14/Wed 08:30 [EDIT]
☆彡MIOさん
家族のことや体のことは例え夫婦であったとしても言ってはいけないこと。
でも、結婚していた時も、何度かうちの両親について、ちらっと意地悪なこと言われたことがあります。

むかっと来ましたけど、何も言いませんでしたね。

人間の品性が疑われますね…
いくら資産家でも、社会的地位があっても品性がなかったら形無しですね
AMI | URL | 2007/02/14/Wed 23:14 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。