離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/31
2007 Wed
裁判中の私
前回、裁判では裁判所に行った弁護士さんは一人だったのですが、今回は連絡係の弁護士さんも一緒でした。

法廷内の椅子は原告側に2つ、被告側に2つ。
当然ながら、私の法廷内の椅子はありませんでした。

で、私は傍聴席に座ったわけですが…相手方が尋問を受けている間、何をしていたか…と言いますと、手帳にガンガン言いたいことを書きなぐっていました。

今、読み返してもちょっと笑えたりします。

「卑怯者!」
「嘘ばっかり」
「馬鹿みたい…」
「何の意味があるの?」
「頭おかしいよ、きっと」

そんな言葉が書き連ねられています。

この手帳は今年一年使います。

あはは(^_^;)
落とさないようにしなければなりませんね。
とても人様に見せられるような内容ではありませんから(笑)

ちなみに…相手方が被告とはいえ、相手方も私に対して、こちらから出しているものと同額の慰謝料を請求しています。

ひょっとしたら私が相手方に慰謝料を支払う羽目になる可能性も全くのゼロではないということです。

まぁそうなったらそうなったで、そうなったときのことを考えます。

もう走り出してしまっているのですから、あとはなるようにしかならないですから。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。