離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/06
2007 Sat
お元気だそうです
昨日、久しぶりに旧友から連絡がありました。

この旧友は、仕事の関係上、奴のことも知っていますし、奴の話もちらほらと耳に入ってくるそうで…

「この前、ちらっと人づてに聞いたのだけど、○○さん(奴)、最近、まわりの人に、すごくうれしそうに『やっと離婚できたんですよ』って言ってるらしいよ」

だそうです。

「知らない人は、こんなひどいことしてるってわかってないよね」

はい…その通りで、人によっては多分、私はひどい妻だったということになっているのでしょうね。

それにしてもお元気なのだそうで…よかったですね。

何がそんなにうれしいのかよくわかりません。

人の人生を踏みにじり、好き放題、好き勝手やって、自分は何もしてませんて顔して、下手したら、僕ちゃんは被害者なんですよって…僕の主張が正しいから、裁判で離婚を勝ち取ったんですよって言っているんでしょうね。
ホントにひどい妻でしたから…なんてことも言ってるのかもしれないですね。

その旧友が言っていましたが…

「めぐりめぐってこうやって本人の耳に入ってるってことは、ご当人は全然わかってないだろうね。」

まぁ、入ってるって知っても気にもしないと思いますけど。

何だか…自分のいないところで、他人に対して、勝ち誇ったように自分が正しいと言っているそこのあなた…人間として恥ずかしくないんですか?
人格障害ですから、仕方ないんでしょうけどね。

気付いたほうがいいですよ、まわりの方々…。

彼の旧友でもある私の友人が「彼は悪魔だ」って言ってました。
悪魔よりひどいかもしれないですね。

人の心をなんとも思っていないのですから。
人の人生を踏みにじって、何も感じてないどころか、喜びすら感じているのですから…。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。