離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/04
2006 Mon
よっぱらってます
よっぱらって…ブログなんて書くもんじゃないですね。

きっと後で読んで消したくなるはず…。

でも書きたいので書きます。

今日一日、仕事してましたけど、ふわふわ宙に浮いているようで、何だか地に足がついてなくて…自分がどこにいるのか、何をしているのかよくわからず、ただ淡々と仕事してました。

定時になり、みんなまだ仕事してましたが、とっとと帰ってきてしまいました。

めちゃくちゃ肩が凝って、息が詰まりそうで…帰りの駅でも、ふわふわしてて、ふとした刺激で泣き出しそうで…いえ、実際に涙ぐんでいたのかもしれませんが、何とか無事に帰ってきました。

帰ってきて、わんこたちの顔見たら、ボロボロになりました。

朝から食欲がた落ち。
ダイエットしなきゃと思っていたからちょうどよいかも。

といいつつ飲んでます。

父に電話しました。
弁護士さんとの打ち合わせに来てくださいとお願いしました。

もうひとりで戦うの、疲れました。
本当に疲れました。

この歳で親に助けを求めたくないです。
情けないですし、年老いた父を田舎から呼び出すなんて、申し訳ない。
でも、父は一応バリバリの堅物のサラリーマンで、曲がったことは嫌いで、自分が納得しなければ、私の味方もしません。
そんな父だからこそ、今度の打ち合わせに来てもらいたいのです。
私が間違っていれば、父は絶対にお前が間違っていると言う人です。
今回の騒動についても、何度か父は私に、それはお前の考えが違うとまで言いました。
今回、どうしても弁護士さんがあまりにもふがいないので父に判定してもらいたいのです。
父からも疑問をぶつけてもらいたいのです。
私ではどうやっても丸め込まれてしまいます。

一昨日の家のことも、弁護士にメールしましたが、返ってきた答えは「打ち合わせのときに詳しく聞きます」でした。
その間に、色んなものを処分されたらどうするのですか?
仮差押になっているはずですが、そんな物件をそんな自由にしてもよいものですか?

借金もしてないのに、大家が勝手に店子の荷物がまだある家の鍵を勝手に変えて入れなくなってしまったということになりませんか?

何を質問しても返事は返ってきません。
今日はもう出かけてしまって帰ってこないのかもしれませんが。

ヒステリーぎみだと思われているかもしれませんね。

父が同席したいと言ったら弁護士からの返事は「煩わしいからご遠慮願いたい」だそうで…煩わしいって何でしょうね。
煩わしいのだそうです。
ふぅ~ん、そうですか。

煩わしいのですね。

もう何が何だかよくわかりません。

何が正しくて何が間違っているのか…私は正常なのか異常なのか…

どうしたらいいのか、何が何でどうなっているのか…

おかしいですね。

したたか酔っています。
ごめんなさい、よっぱらいのたわごとです。

人気blogランキングへ←酔っててもつけちゃいます。ポチっとしてください。少しでも多くの方がこのブログを読んでくださることを祈ります。日本の司法はどうなっているのですか?こんな横暴が許されるのですか???
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。