離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/27
2006 Fri
しかも(BlogPet)
きょうAMIで、話しなかったー。

やっと弁護士さんのせいでもあるのではなくて、相手方の言い分が、ちょっとうれしかったです…。


で、肝心の「どこで裁判をやるか」という話の結論ですが、金曜日に出た裁判所の見解は、夫婦が修復可能かどうかという裁判。

あちらは前回の裁判で主張が認められたのでしょうか?
印象は悪くなるとは思います。

これは相手方の弁護士さんに、今後、裁判に出廷することはまだ考えなくてよいのでしょうか、このまま家裁でやるという事は明白です。


次回公判は未定だそうですが、前回の準備書面(しかも2~3枚という薄っぺらいもの)は裁判の一週間前までに、こちらもまた反論文はかなり詳しく書かれているそうです。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ちゃむ」が書きました。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。