離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/07
2006 Sat
相変わらずお忙しいんですね
昨日は裁判でした。

ちなみに、結果は今現在、まだわかりません。

昨日の夕方、弁護士事務所に電話しましたが、弁護士さんは今日は戻らないとのことで、連絡つきませんでした。

裁判に行ってそのまま直帰だったのかなぁ…そこまでは聞きませんでしたけど。
まぁ、ありがちなことだし、昨日はそんなに大した内容ではないと聞いていたので、まぁいっか~と(^_^;)

昨日の裁判内容は、相手方弁護士が主張している「この裁判は家裁ではなくて地裁でやるべきである」というあまり意味を感じないことの結論だったハズ。

まだ本筋には全く入ってません。

申し立てたのが3月だったので、かれこれ半年かかって、どこで裁判をやるかってことをまだもめてるってどういうことなのでしょうか。
くだらないというか、何というか…。

なぜ、今になって家裁じゃなくて地裁でやるべきだと言っているのかも全然わかりません。
弁護士さんがわからないとおっしゃっているのだから、素人の私にもさっぱりわからないです。

おそらく、連絡が来るのは連休明けになってしまいます。

仕方ないです。

そういえば、昔、奴が言っていました。

「私の条件(5年間、月5万ずつ生活費を出してやるということ)は、破格な条件だから、のんでおいたほうが得だ。もめると、どっちがいいととか悪いとかいうことになって…この場合、どっちが悪いとか言うことは複雑で難しいのだけれど…泥仕合になる。だから、自分の条件をのんで素直に離婚に応じなさい」

と…

いや、悪いのは君でしょ…
ていうか、私に全く非がなかったとは言い張りませんです。
君のこと甘やかしすぎちゃったし、君の言うこと、いいなりになって聞いちゃってたし、たまには口ごたえなんかもしちゃったりしてたもんで…。
だけど、法に触れるようなことは何もしてないですから、君のように…。
百歩譲って、君が主張するように「決して家事は上手ではなかった」妻だったとしても、裁判で離婚される理由がどこにあるんでしょうか?

まぁ、それ言うなら、家のことや庭のことなど一切せず、力仕事も妻にさせ、人の実家の親まで使って庭の手入れさせてた君は何様?

と、今なら思えます。

奴の犯した過ちは、その条件が妥当かどうか、自分で弁護士探して聞いてこいと私に言ったところだったのです。
で、聞いた弁護士が「それはおかしい」と言い出して、結局泥仕合。

私に、そんなことを勧めちゃうところからして、自分の条件はとてもよいという自信があったのだと思うのだけど、当時の私は、あまりのことに訳もわからずに、弁護士事務所を訪ねたのでした。

今思えば、ホントに無知でした。
大体、こんなことになるなんて思ってないし…。

さて…
今日はお休みの日で、自宅にいます。
ちょっと片づけモノなんかしちゃったりして…

動物病院も、前の所まで片道60キロ、高速飛ばして行ってましたが、わんこ仲間から近所にいい病院があると聞いたので、探索がてらそこにワクチンをうちに行こうと思います。

私、ここに越してから、休日にひとりで家にいるのが苦痛でした。
何かと用事を作っては出かけてました。
まだ、この家に慣れてないというか、相変わらず休日をひとりで家で過ごすのが苦手です。

でも…今日は妙に穏やかです。

昨日の大雨で汚れたベランダを掃除したり、たまった洗濯物を洗ったり、引っ越してモノを片っ端から突っ込んでたクローゼットの整理なんかもしちゃいました。
あとは、もうだいぶ寒くなってきたので、衣替えですね。
…って、今頃衣替えする私って遅すぎ?(^_^;)

そして合間に大好きなジョニー様の映画やフレンズのDVDなんか観ちゃったりしてます。
何だかまったりです。

たまに家でのんびりっていうのもいいのかもしれませんね。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

私も今以って、休日に家にいるのが苦痛です。
一人ぼっちを思い知らされる感じです。
もっと一人を楽しめるようにならないかなと思いますね。

私も弁護士にお会いするまでは、相手の言うことがあまりに自信たっぷりに言い、強気なので「やっぱりそうなのかな~」と思ってしまうところありました。
気持ちで負けてたのでしょうね・・・

それにしても、ご多忙中なのかしら・・・弁護士先生も電話1本でもいただければ安心なのにね・・・・

MIO | URL | 2006/10/10/Tue 08:26 [EDIT]
■☆彡MIOさん
そうなんですよね…ひとりで休日家にいると、ひとりぼっちを思い知らされます…。
ひとりを楽しめるようになれればいいなと思いますが、そんな心境にはなれないです。
昔からひとりは苦手な私です。
学生時代はずっと一人暮らししてたし、寂しいなんて思ったこともなかったのですが、こういう一人のなり方はやっぱりいつまでたっても慣れないです。

MIOさんの弁護士さんはとても信頼できそうな方のようなので、安心ですね。
やはりこちらの不安をちゃんと受け止めてくれる人がいいですよね。
AMI | URL | 2006/10/10/Tue 20:17 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。