離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/13
2006 Wed
寒いです…
朝、目が覚めたら、ここは冷蔵庫ですか?!っていう寒さでした。

寒いのとっても苦手なもので、秋っていうだけでさみしくなってしまいます。
会社を出るときももう真っ暗だし…ちょっと前までのあついあついの毎日はどうしちゃったのかしら?

さて…例の会社の子ですが…

昨日もお休みでした。
お友達のお母さんが駆けつけて、気が動転しちゃってたので、何もすることはなかったのだけど朝まで付き合っていた、朝になってお姉さん夫婦が来たから帰ってきた…徹夜で寝ていないから、シャワーあびてちょっと休みます…行けたら行きます。
で、結局夕方4時半過ぎに「今まで寝てました」って電話が来ました。

受けた会社の人が社長に話をしたところ、社長がぼそっと「あんまり続くとなぁ…」と言っていたのが聞こえました。

そして今朝…

会社の上司の女性がまたその彼女から電話を受けました。
「今起きました」だそうです。

さすがに彼女、眉をひそめてました。

社長も部長も今日は直行でお昼前に戻ってくると言っていたので、朝はその女性上司と二人きりでした。

女性上司がボソっと…

「この前ね、○○さんが『私、いてもいなくてもいいですよね』って言ってたのよ。そこにあなたが帰ってきたから『私たちじゃこの仕事(経理)は無理、あなたじゃないとね』ってわざと言ったのよ」

ああ、そういえばそんな会話あったけど、それはそういうことだったのか…って思いました。

そして昨日の社長の言葉「あんまり続くとねぇ…」

女性上司が「彼女に経理を渡したのは失敗かもしれないと思ってるのよ」と言い出しました。
経理っていうのはお給料から何からわかってしまうわけで…会社の中では彼女が一番低いです。
それは仕方ないのではないかとも思います。
だって、他の人は他から条件付で引っ張ってこられた人ばかりで彼女だけ一般公募なのです。

そして上司の女性は言いました。
「昨日、電話を受けたときにね、付き添っているのは絶対にあなたじゃなければいけなかったの?」って聞こうかと思ったのよね」

その理由を社長に言ったということも?だと…

やはり私と同じようなことを思ったと彼女は言っていました。
そして「バイトじゃなくて正社員なんだからね…」とも言ってました。

「大人なんだからね…」とまで言ってました。

そして今日の寝坊と遅刻。

社長と部長が戻ってくる前に出勤してくればいいのに…って思っていましたが、社長と部長が先に帰ってきてしまいました。

社長が「○○さんは?」と聞くので「遅刻です」と答えました。
それ以外、言いようがないです。
幸い、理由は聞かれなかったので、特に聞かれなければ黙っていようと思ってました。

しばらくして彼女が「すみませ~ん!」と出勤。

誰も聞いてないのに「寝坊しちゃいました~!」

社長が「お友達、どういうことなの?交通事故?」って聞いたら
彼女は「脳血栓です」と言ってました。

いや、社長が聞きたかったのはそういうことじゃないような気もしたのですが…。

でもまぁ確かに、彼女の気持ちも何となくはわかります。

彼女は仕事やりたいのです。
でも、今はあまりお仕事がない。
だから自分はいらないんじゃないか…
彼女に仕事を任せられないのではなくて、今は忙しかった準備期間がすぎて落ち着き始めているので、彼女にお願いする仕事があまりないというのも事実です。

お給料も決して高くはないです。

でも、この人にお願いしたいって任せて、前回の体調不良の連続に続いてお友達が…っていう理由で休まれちゃったり「私はいなくてもいいですよね」って言っちゃったりしたら、ますますお仕事、任せられにくくなっちゃうんじゃないのかなぁ?
お仕事やりたい気持ちと実態がかみ合ってないっていうのはわかりますが、例えば経理を任されるのだったら、そのためにもっと勉強するとかそういう姿勢があればもっといいんじゃないかなって思いますが…
やはり日常の小さなことひとつひとつの積み重ねがあってこそ信用をもらえるのであって、お仕事も任されるってことになるんじゃないでしょうか?

なんて偉そうなこと言っている私ですが、実は今日はお仕事でミスを連発してしまい、へこんでしまいました(^_^;)
これもある意味、一生懸命?が空回りですね(苦笑)

で、とりあえず、今日は今まで私がやっていた新しいお仕事をちょっと彼女に任せてみることにしました。
やり方も教えて…
何だかとってもうれしそうでした。

休んじゃった後に「すみませんでした」って言われたときに、気にしないように「大丈夫だよ」って言ったのだけど、「いなかったから困っちゃったわよ」って言ったほうがよかったのかなぁ?なんてことまで考えてしまいました。
こういうとき、どう言えばいいのかしらね。
彼女の場合はひょっとしたら「いなかったから困っちゃったわよ」って言って欲しかったのかもしれないなぁなんて思ったり…。
余計なこと考えすぎですかね(苦笑)

私だってたまに仕事が切れちゃって手持ち無沙汰なときあるからなぁ…。
ちょっとでもいいから今の仕事にやりがいを感じてくれるといいなって思ったりしてます。

さてさてそんなこんなのバタバタな一日ではありましたが…

家に帰ってみると、弁護士さんからメールが来てました。

反論文です。

読んでたら、まさにそうそう!っていう感じでしたが、まだまだ書き足りないことがいっぱい出てきました。
で、赤字で加筆。
また弁護士さんに返送しました。

不要と思ったら削除してくださいって書きました。
それくらいくだらないことも書いてしまったのですが、やはり主張すべきところは主張しなければ裁判官の人にはわかってもらえないし、自分自身、後悔すると思ったので書きました。

言いたいことは言う、主張したいことは主張する…

昔、アメリカにいた頃にお世話になった大学の先生が「日本人は自己主張しなさすぎよ。自分の気持ちをちゃんと言いなさい」って散々言ってました。
まぁ、アメリカ人の自己主張もときどき行き過ぎたものもありますけど(笑)

とにかく裁判は自己主張した方が勝ちです。
今まで私側は防御一点張りでした。
でもそれだけじゃ勝てるわけがないです。
勝つためだけでなく、自分の存在を否定されないため、自分の人生を否定されないため、事実を曲げられないために主張しなければなりません。

せっかくその機会を与えられたのですから、悔いのないようにしたいです。

がんばります。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

イギリスあたりの偉い学者サンが言ってたんですけど
組織でまったく役に立たない人も何かの役に立ってるんですって
ダメ社員を排除すると別のダメ社員が登場するらしいですよ
なんか実験したくなりますね!
便利屋 | URL | 2006/09/14/Thu 14:02 [EDIT]
便利屋さんのお話と同じようなことを聞いたことがあります。
働き蜂の中にもほんの数%サボり蜂がいて、その蜂を排除しても今まで真面目に働いていた蜂がサボり蜂になるそうですヨ。

その人に合った、その時に合った言葉を選ぶのって難しいですね。
自分は必要とされている、それがわかってくれば自覚も生まれるんじゃないかな。
人を育てるって難しいですよね。現在育てられてる最中の私ですが、うちの会社ははっきり言ってヘタです。
TOMO | URL | 2006/09/14/Thu 15:53 [EDIT]
なんだか思い出してしまうというかダブります。
前の女性・・・私の方が社員としての勤続年数は少ないのに給与が。。。。彼女は一時、総務に居たので、自身もわかっていると思います。
やはり思うところあるようですよね。
だから意地悪なんじゃないのって他の方から言われたことありました。

でもAMIさんところの女性は性格的には(比較してますが)かなりいいと思ってしまいました。比較対象が悪すぎですか・・・笑

遅刻しても私には何も一言もありませんからね~男性社員には言い訳してますわ

休んだ後、AMIさんの「大丈夫」の方が私は好きです。
(*^^*)
私が休んだ後、いつも代理でしたことを恩着せがましく言うのですよ。平に謝りますけどね。
ちょっと現状では人罪になりつつかな、人材は人財でなければね、、、


MIO | URL | 2006/09/14/Thu 16:59 [EDIT]
■☆彡便利屋さん
知人でいました、そういう人(笑)
本人は、俺がいなきゃ会社はまわらないって思ってたみたいですけど( ̄∇ ̄|||)
会社につくとまず新聞読んで(始業時間後)前日の日記をPCに書いて、それからぼちぼち仕事して、かならず定時に帰ってたらしいです(^o^;
会社を無断欠勤して釣りに行っちゃう浜ちゃんのような人でした(爆)
で、その人、早期退社したみたいですが、多分、同じような人がまたいるんでしょうね~(^m^ )クスッ
AMI | URL | 2006/09/17/Sun 17:35 [EDIT]
■☆彡TOMOさん
私も現在、育てられているところです(^o^;
確かに難しいですよね。
おっしゃるとおり、人それぞれですしね。
会社という組織のなかで、自分の存在価値をいかに見い出すか…または気にしないか(笑)、これも人それぞれなんでしょうね。
AMI | URL | 2006/09/17/Sun 17:51 [EDIT]
■☆彡MIOさん
人材は人財であるべきですよね。
そして人財になれるかどうかは自分次第のような気がします。
実はこの彼女、私が休んだときに仕事がまわらないと困るので、私がやってる仕事も教えたのですが、暇らしくて、教えたものを片っ端からやるんです。
忙しいときは助かるんですが、やろうとしていた仕事を横からとられちゃうこともたまに…( ̄∇ ̄|||)
さらに、先日は指示されちゃいました(-.-;)
私がとろいんでしょうね(苦笑)
AMI | URL | 2006/09/17/Sun 17:58 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。