離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/15
2006 Sat
示談&お仕事
訴えていた相手方の女性の1人から、示談の申し入れがありました。

私としては、正直、お金が欲しいわけではありません。
真の目的は、いまだ自分の非を認めようとしない元夫の足元を揺るがすため…。
なので、お金の交渉なんて正直したくありません。

裁判になると、結局は「折り合いをつける=金額を調整する」ってことになります。
金額はどうでもいいなら訴えなければいいって…実は私も思ってたりします。
多分、奴自身が非を認めていたら、きっと愛人たちは訴えなかったと思います。
私を知っていながらそういうことになったのだから、騙されたわけでもなく、同罪だっていう見方も当然あるとは思いますが、心のどこかには訴えてしまってごめんなさいって思っていたりします。
当然、彼女たちとの関係を完全否定されていたら、これまたおそらく訴えなかったでしょう。

正直、私も意地です。
あんなに堂々と彼女たちの関係を訴状に書かれたら、しかも自分は何も悪くない、浮気したのは私のせい…なんて書かれていたら、こちらだって意地になります。

恨むなら訴状に自分の都合のよいようにあなたたちのことを書いたあいつを恨んでください…って思ったり、何だか自分の中ではいまだに彼女たちを訴えたことについては、しっくり来ていなかったりします。

で、示談の話ですが、弁護士さんには、金額の問題ではないので、できれば裁判所に来ていただきたいと返事したら、示談にもちこむということは、相手の女性は自分のしたことについて認めているということで、そのことに対しての慰謝料ということで話を進めてきているということになるそうです。
これはあくまでも私と彼女たちとの関係の話であって、奴が認めていない有責性を立証するために奴の嘘を崩すためには、あらためて証人として呼べばよいこととのこと。
言われてみればそうなのかなぁと…。

ちょっと頭混乱。

私は何をしているのかしら?

まぁこの件についてはもう弁護士さんにお任せするしかないと思っています。
ある意味、弁護士さんの作戦ってところですね。
今度は作戦、うまく行くのでしょうか?
行ってもらわないと困るんですけど…。

話変わって、お仕事の話。

数日前に、以前、他の仕事でお世話になっていた方から電話をいただいきました。
今日はその打ち合わせ。

ん?
私、会社員になったばかり(笑)

今日の方は新しい会社につとめはじめてそこの仕事を手伝ってもらいたいって…
そちらは外注扱いなのだけど。

で、伺ったら、この私、恐縮するほど過大評価されてて、困りました。

「彼女は非常に優秀なんですよ」って…いや、全然優秀でも何でもないんですよ、マヂに。
自分の能力なんて自分が一番よくわかってます。
お金いただけるほどの技術も知恵もございません。
センスもありません。
手際も悪いです。

おまけにNZ人でほとんど日本語のしゃべれないお兄ちゃんと仕事する羽目になりそうです。
NZの英語って早い上に癖ありあり…。
TODAYが「トゥディ」じゃなくて「トゥダイ」だったりする。
数ヶ月ぶりに英会話…ていうかほとんど「会話」になっていなかったのだけど…つらかった~。
ちゃんとコミュニケーションが取れるのかぁ?
一応、何を言っていたのかはわかったけど、おぢちゃん…「英語バリバリ」じゃないです。
かと言ってあの状況で否定しても、謙遜しているだけとしか取られなかった。
うう、マヂに困った。
いや、そんなに能力ないです、ホントに。

で、結局、流れで仕事を受ける方向で進み始めてしまった。

おまけに話の中で深く考えずにちらっと提案したことがいきなり「それいいじゃん!」ってことになって、もう走り始めようとしていて、怒涛の流れになりそう。

今の会社、規定で「許可なくほかで雇用されないこと」っていうのがあったのだけど、実はこの仕事を頼んできた人、今の会社の部長が以前紹介してくれて仕事したことがある人。
なので打ち合わせに行く前に報告しているし、それどころかアドバイスまでもらっちゃったりしている。
一応、今の会社は情報関係の仕事なので、機密事項の守秘義務があって、それでそういう会社規定になっているのだけど、部長公認だからよいのよね。

死ぬ気で勉強するしかないかもしれない。

こちらも意地…(苦笑)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

弁護士さんの言うように「示談に持ち込む」というのは事実を認定したということに繋がると思いますよね。
裁判が面倒だから、とか外聞が悪いから、ということで「示談」でお茶を濁そうとする、という考え方もあるとは思いますが。
あとは「証人として出廷」の際に、相手方寄りの発言がないように弁護士さんとうまくやってもらわなければ。
素人の私が考えるに、この示談話はいい傾向ではないのかな、と。

お仕事も新たな展開ですね。
等身大の自分以上に過大評価されることは辛いことですが、でも冷静に第三者は見ているものです。
AMIさんと仕事がしたい、というお客さんの意思はAMIさんが評価に値する仕事ができる人だからこそのものでしょ。
今回のことがAMIさんにとって新しい、いい風になりますように。←風のナウシカのようだわ(笑)
TOMO | URL | 2006/07/16/Sun 00:15 [EDIT]
社会人になりたての頃、オーストラリアに赴任している人に電話をしたら、秘書の方が出て、「なんとかかんとかトゥダイ」と言うので、焦って先輩に、「なんか外人が死ぬためにどっか行ったって言ってるんですけど!」と伝えたのを思い出しました。「Call on マンダイ」と言われて初めて、「Call on monday.」だと気付き、「トゥダイ」が「today」だとわかりました。
かすてら | URL | 2006/07/16/Sun 23:10 [EDIT]
こんばんは。
頼られるのは幸せなことですよ~
その人も、AMIさんの日頃のお仕事ぶり、頑張りを見て、
『この仕事はAMIさんにぜひやって欲しい』
って気持ちになったのだと思います。

大変だとは思いますが、
ぜひぜひ、頑張って下さいね!
rimmy | URL | 2006/07/17/Mon 00:33 [EDIT]
何だか、何だかスゴイぞぉ~アミさん!!プレッシャーももちろんあるとは思うけれど、やっぱり頼られるのってステキだと思うなe-266 英語でもなまりというか、違うんですね??知らなかった…。それでもある程度言ってることが分かるなんて、やっぱりスゴイよi-179
とまと | URL | 2006/07/17/Mon 15:45 [EDIT]
ン?
オレだったら示談金すぐもらっちゃいそ~(汗

AMIさんの生活にイキが出てきましたね
ほんと嬉しいですよ~♪
便利屋 | URL | 2006/07/17/Mon 18:36 [EDIT]
■★TOMOさん
私も「示談」っていうのはどっちかって言うと「逃げ」かなぁと漠然と思っていたのですが、弁護士さんの説明を聞いてそれなりに納得しました。
相手が示談を申し出てきたときは、応じるのが裁判の常識なのだそうです。

お仕事は、いまだに正直自信はないのですが、もう行っちゃうしかない!って開き直ってます。
それでダメならダメ。
自分を磨くチャンスだと思って、せっかく声を掛けていただいたのだから自分なりにがんばってみようと思います。
AMI | URL | 2006/07/17/Mon 22:48 [EDIT]
■★かすてらさん
トゥダイ=TO DIEですかぁ~?(笑)
確かにそう聞こえるかもしれませんね。
地域によるのかもしれませんが、オーストラリアの方が更にAが強調されているような気がします。
旅行に行ったとき、最初、ガイドさんが何を言っているのか全然わかりませんでした(^_^;)
確かにMondayは「マンダィ」ですよねぇ~。
わかってはいても、耳慣れしてないと難しいですよね。
AMI | URL | 2006/07/17/Mon 22:51 [EDIT]
■★rimmyさん
そうですね、身に余る光栄なこととして、自分に与えられたお仕事、精一杯がんばろうと思います。

はったりは、家庭教師をしているときにある程度身につけました(爆)
がんばりますね!
AMI | URL | 2006/07/17/Mon 22:53 [EDIT]
■★とまとさん
いやいや…単語の発音が違うとホントに苦しいのです。
ただでさえ、英語、聞き取るのに必死で、集中力が切れると途端にわからなくなります(爆)
もっと若い頃に必死にお勉強してたらよかったのになぁとか、進駐軍が来たときに、英語を第二外国語として浸透させておいてくれればこんな苦労をしなくて済んだのに…なんて非国民みたいなことも考えてたりします(爆)
AMI | URL | 2006/07/17/Mon 22:58 [EDIT]
■★便利屋さん
あはは、それもひとつの手かもしれませんね~。

いつもホントに応援してくださってありがとうございます。
まだまだアップダウンは激しいですが、これからも見守ってくださいませ。
AMI | URL | 2006/07/17/Mon 23:00 [EDIT]
私も経験してきました

バーに入ってきょろきょろしていると

Are you looking for a table?

あーゆーるっきんぐふぉーたーぶる

たーぶる???まったく何いってるのか分らなくて、、、二回パードンって聞いたら

こいつ英語わかんねえの?って顔されてしまったわ

あららでした


AMIさん すごいね~なんだか社員になってもすごく見込まれてさすがに違いますね

なんだか羨ましい・・・ほんとうに素敵!!

私も、どうにかならないかなって思うけど人より優れたスキル持ち合わせてるわけでもないし、惰性と必然性で必死にしがみついて働いているって感じします。

かっこいい言い方だけど
それなりに目的もって輝きたいですよ

AMIさんなんだかお仕事面大変そうだけど輝いてる、大変を楽しんでお身体だけ自愛してね~

MIO | URL | 2006/07/25/Tue 17:50 [EDIT]
■★MIOさん
旅行に行かれていたのですね~!
察するに、オーストラリアかニュージーですか?
私はどちらも大好きです♪
気候も自然も人間性も。

お仕事はですねぇ…やばいです。
まぢに(^_^;)
プロのお仕事ならこのくらい…って概算で出したらどうも通ってしまったらしくて、そうなるとそれなりのお仕事しないといけなくなってしまいますよね。
いざとなったら他人の人脈使って(笑)ホントのプロに手伝ってもらわなければいけなくなるかもしれません(苦笑)
でもそれも勉強ですよね。
がんばります!
AMI | URL | 2006/07/27/Thu 01:05 [EDIT]
え~

すごいですね。オーストラリアもニュージーも行かれたことあるのですね。
ナショナリズムなスキルで本当憧れますよ
いつも海外から帰ると英会話始めたい病になります。

行き先は中東ですが、沢山のワーカーはほとんど出稼ぎ外国人でオーストラリア人だと思います。
色白でしたわ。

オークランドも行きたいところなんですが、ちなみにどうですか?

AMIさんが

>でもそれも勉強ですよね。
>がんばります

↑励みになります~たのもしいわ

食いついてますが、一回りしたの馬鹿な小娘に動揺して負けてるようじゃ情けないって・・・笑 ここで豪語してます
私も負けないでがんばろ

MIO | URL | 2006/07/27/Thu 17:00 [EDIT]
■★MIOさん
いえいえ、私の場合はただの好奇心と無謀です(笑)
中東行かれていたのですか?!
すごぉい!
MIOさん、ホント、アクティブでうらやましいです。

オークランドは、海の側だし、気候的にもなかなかよかったですよ。
ちなみにNZは2週間ほど、レンタカー借りて、母を連れて、初日の宿のみ予約して行き当たりばったりの一周の旅してきました(^_^;)
一番よかったのはミルフォード・サウンドかなぁ~。

私は今は、有休もすずめの涙だし、なにせぺーぺーなので、しばらく海外逃亡は無理かもです(T_T)

MIOさんの行動力、私も見習わせてください!

一回りしたの小娘さんは、ホント困った方ですね。
自分に自信がないのを完全武装で一生懸命武装しているような気がしてならないです。
MIOさんのブログ、どうも日によってコメントが書ける日と、ウィンドウすら開かないことがあるので、なかなか書けなくてごめんなさいです。
AMI | URL | 2006/07/27/Thu 20:19 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。