離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/04
2006 Tue
正しく生きる
3人からの答弁書、および反訴状のコピーが来ました。

思い込みなのか、何なのかわかりませんが、どんどん奴の言い分はエスカレートしてます。

中身は離婚裁判のときと大して変わらないのですが、もう被害者意識丸出しです。

相変わらず、付き合っていた頃の話を持ち出してきています。
付き合っていただけのはずなのに「婚約していた」と主張しています。
自分が「結婚してやった」みたいなことが書いてあります。
あんなに働き始めたばかりで、結婚したら仕事をやめなければいけなくなることにしぶっていた私にしつこく「いつ、お義父さんに結婚の話をしてくれるの?」と言い続けていたのに…。
結婚して1年後に家を買ったときにはすでに破綻していたけれど、環境が変われば夫婦も変われるかと思って二人で相談して家を買ったと言っています。
相談して話し合った覚えなどありません。
ほとんど奴と義母で決めてしまった家です。
引越しをしてからやはりダメだと思って、2年後には真剣に離婚について話し合ったと書かれています。
喧嘩して、発作的に家を出て行く!って言った記憶はあります。
そのときはそこで終わりました。
って、そんなことが記憶に残っているくらい、殆ど喧嘩はしませんでした。
なのに、喧嘩が絶えなかった…ってどういうことですか?
まぁ、こんな調子で、私の記憶にある結婚生活とは全く違う結婚生活が延々に綴られていました。
単身赴任については、犬たちを連れてくるなとお願いしたが、妻は自分より犬を選んだから来なかったのだ…とありますけど、一度もそんな話、なかったですよ。
家は犬の糞尿で足の踏み場もなく、飛びつく犬たちに家には安らぎなどなかった…って、ひどすぎです。
うちにくる人たち…犬嫌いだという弁護士さんですら、犬を飼っているとは思えないと言ってくださったくらいきれいにしてましたよ。
掃除機は最低朝晩2回かけてましたし、空気清浄機もフル回転してましたよ。
犬アレルギーの友達も、うちは大丈夫だって言って来てましたよ。
飛びつくのだって、帰ってきたときに喜びいさんで行ったときくらいで、それも私が制止すればすぐにやめてました。
第一、それだけ文句言うなら、2匹目飼うときに、旅行に行けなくなると反対していが義母に対して「自分が賛成したんだからいいんだ、うちのことに口を出すな」と言わずに私に自分は犬が嫌いだから、飼うなと言えばいいんじゃないですか?
相談なしに飼った覚えなどありませんよ。

まぁ、いいですけど、請求してきた慰謝料の額にも驚きました。
郊外の中古マンション買えます。
もう笑うしかないです。

そして持っていた車は裁判費用を捻出するために売ってしまったと言っています。
奴の守銭奴に近い性格を考えたら、そんなことするわけありません。
そこまでして裁判なんてしません。
真相は、調子が悪くなったし、置く場所も実家ではなく、もう一台、新車の大きな車を買ったので売った、売ったお金はどうしたって言われるから裁判に使ったと言う…ということでしょうね、ミエミエです。

奴の弁護士の言葉…被告はまじめで誠実…
まじめで誠実な人が、これだけ自分の不実を嘘で固めた言い訳しますか?
まじめで誠実な人が、浮気しますか?
まじめで誠実な人が、まだ妻が住んでいるはずの家の電気、電話、ガス、水道、すべて何の断りもなく止めますか?

「まじめ」と「誠実」って何ですか?

相手の女性は、自分が破綻させたわけではない、奴が言っていることは嘘で、私に謝罪すべきはあいつだと口をそろえて言っています。
ストーカーしてた彼女は、ストーカーなどした覚えはない、全部あいつのでっち上げ話だと言っています。
関係はあったけれど、奴に引きずられただけで、継続してはいないとか…そういう問題なんでしょうか?
彼女のたちの言っていることそれぞれにも、どう考えても当時、私が体験したことに当てはまらないことがあります。

裁判て、真実はどうだったのかっていうことよりも、答弁書で、法廷で、つじつま合わせた方が勝ちっていう気がしてきました。
うちの弁護士さんは、嘘ついてる人は、嘘を嘘で固めるから、いつかボロが出ると言っていましたけど、その嘘を崩せなきゃ意味ないですよね。
法廷での嘘を見抜けなくても裁判官に責任はないそうです。
つまりは、いかに裁判官を騙せるかっていうことなんでしょうか。

法廷でも、ずるがしこい奴が最後は笑うのでしょうか。

友人が言っていました。
「自分自身に正しく生きていないといつかはしっぺ返しが来るよ」
まさにそうだと思います。
でも…まわりから見たらどう見ても間違っていても、本人は「正しい」と思い込んでいる場合は?

キチガイに刃物状態かもしれません…。

それでも私は自分を信じていきたいです。
いきたいなと思ってます。
自分はまちがっていないと思いたいです。
思い込みたいです。

でもホンネは、怖くて仕方ないのです。
そんな自分にカツ入れなきゃいけないのです。

でも、つかれました。
ここで負けてはいけないのだろうけれど、正直つかれました。
答弁書3人分読んだら更に疲れました。

考えるだけ無益なんでしょうけど、また私の人生を否定された気がしてなりません。
あんな奴に否定されようがどうしようが、勝手にどうぞって心から思える強さが欲しいです。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

読んでいてつらいです。
悲しいです。

本当になんて言っていいかわかりません。
朝1見て、コメント残せず、、、言葉に詰まります。

きっとたくさんのAMIさんのファンが同じ心境じゃないのでしょうか
なんて言っていいかわからない・・・

それほどAMIさんのつらい気持ちが伝わってきます。

最近のがんばっている姿も、明るくしている様子、みんな安心していたと思います。
でも本音の部分の恐怖で押しつぶされそうな気持ち、伝わってきます。
大丈夫と言うことしかできないけれど私もみんなもとても心配して、はらはらしています。体調もとても心配なことだと思います。
何もできないけれど、応援してます。これしかできないけど、必ず神様は見ていると思います。
正しい事が正しい
自分の中の神様もいると思います。
AMIさんの中の神様がちゃんと守ってくれるから
ほめてあげましょう。
あと少し自分を信じて行きましょう、無理しないでくださいね。
MIO | URL | 2006/07/05/Wed 17:43 [EDIT]
■☆彡MIOさん
いつもありがとうございます。
何だか自分でもわけわからなくなっていました。
少しだけ自暴自棄になっていたかも…反省です。
これから、あまり行かなくてもよいとはいえ、ほぼ毎月裁判やら調停が入りそうですが、スタートからへこんでたら乗り切れないですよね。
のんびり、打ち寄せる波を乗り切ります。
構えたら溺れそうですもんね。
AMI | URL | 2006/07/07/Fri 09:23 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。