離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/23
2006 Fri
家族じゃないよ…
仕事中に電力会社から電話がありました。

担当の人が話をする前に…って、違う人が電話をしてきました。
何だか予防線張ってるって感じがしました。

何で直接、対応した人が連絡してこないのかなぁ。

結局、話は1時間近くになり、埒があきませんでした。

同じことの繰り返し。

ここで不可解なのは、正確には私名義にはなっていないのだとか…。
つまり、相手方から「電気を止めてくれ」と言われたが、私がまだ住んでいるかもしれない…という話を聞いたので、担当の人がうちのメーターを見に来たけれど、メーターが回っていたので、住んでいると判断し、電気は止めずに来たということらしいです。
じゃ、何で私に何の連絡もなく、ただメーターが回っているというだけで、勝手に「住んでいる」と判断したのか…そう問い詰めましたら、「ご家族のことですので、ご家族の間で当然お話されていると判断しました」って…この前から私は何度も「もう家族ではありません」と言っているのですけど。
そして、今はもう住んでいないから、事前に連絡をもらえれば、そういうことならブレーカーは落としましたと主張しました。
相手方名義は申し出のあった時点で廃止になっていて、その後はメーターが回っているから、使っていると思われる私に確認もせずに電気も止めずに、お困りでしょうから…と判断して請求を送ってきたというのです。
つまり、書類上は「正式な契約はなされていないから、電気の無断使用」ということになり、「その間、使っていたと思われるあなたに請求をまわしました」ということになります。

それっておかしいですよねぇ…

結局、相手方の名義には了解を得ていないからできないとの一点張りなので、請求先の名前を私個人ではなくて、苗字だけにしてください、そして止めてくださいと言いました。

最後に、電力会社の方は「申し訳ございませんでした」って…

どういう意味の「申し訳ございませんでした」なのでしょうか。
いまだ釈然としないのですが、今のところ私ができる最大限の処置でした。

これで家の電気は止まります。

次はガスと水道かなぁ…

いい加減、陰に隠れた弱いものいじめはやめようよ。
ちゃんと話し合うなら話し合いましょうよ。
って、そんな勇気もないんでしょうね。

それと…電力会社の方、きちんと本人確認までしてください。
お願いですから、もう家族でもなんでもないと言っている人間に対して「奥様」「ご主人」っていうのはやめてください。

…何だかすさんでるなぁ、私…
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

■お疲れ様でした。
何だか、というより全く釈然としないですね。
元ダンナの姑息な嫌がらせの片棒を担がされた電力会社の人もある意味被害者か。
でも基本がなってないぞ、電力会社!
これからは最新の住民票とか戸籍謄本を提出しないと夫婦と思われる男女間の名義変更をしてはいけない、ことになるかな。
こういうことこそ、弁護士さんに対処して欲しいわ。
TOMO | URL | 2006/06/23/Fri 21:08 [EDIT]
■(怒)
何やらヘンな電力会社だ!!『止めないで』ってお願いしたって止めるのにね(爆)住んでそうだから止めないなんて…。またその電話も要領を得ないですね~。私も読みながら頭に来ましたよっっ!!
とまと | URL | 2006/06/23/Fri 21:33 [EDIT]
結局電力会社はマニュアル外の事態にアタフタしてるんでしょうね
相変わらず影でコソコソとしか動けない人も情けないし・・・
唯一AMIさんは間違っていないんだから 気にしないでくださいね
アホ達には勝手にジタバタさせときましょう
便利屋 | URL | 2006/06/24/Sat 10:26 [EDIT]
もう離婚が成立しているのに、何でこんなことでゴタゴタしなくちゃなんないのでしょうかね~
関係ない人に、いちいちもう家族じゃないのでとか言わないといけないのも手間ですよね。
全ては相手側に、男としての潔さがないせいですよね・・・
いつかしっぺ返しをくらうぞ!と意地悪なことを考えてしまうrimmyでした。
rimmy | URL | 2006/06/24/Sat 15:24 [EDIT]
■★TOMOさん
そうなんですよねぇ。
一番肝心の「住んでるとされる本人に確認する」っていうことを怠った結果だとしか思えないのです。
だって、私の名前宛で請求書を送ってきているのですから、私の名前は相手方から聞いた以外に電力会社にわかるわけがありませんし、相手方から聞いたとはっきり言いましたから。
だったらそのときに、本人確認のために電話をするなりなんなりすべきだったのではないかと思うのです。
それを「家族」と決めつけ「住んでいる」と決め付けて手続きを取った電力会社に完全に落ち度があると思うのです。
AMI | URL | 2006/06/25/Sun 12:13 [EDIT]
■★とまとさん
確かに「止めないで」ってお願いしても止めるときは止めちゃいますよね。
なのに「止めてくれ」って言ってるのに止めない…おまけに勝手に止めなかったのに「電気の無断使用」って変ですよね。
無断で止めなかったのに何だかとっても失礼な言い方されてるような気がしてなりません。
AMI | URL | 2006/06/25/Sun 12:16 [EDIT]
■★便利屋さん
まさにその通りみたいです。
そもそも、今回のような対応自体が、まれなケースなのだとか。
だからきっと、実際に対応した人は何を突っ込まれるかわからないので、予防線を張ってきたのではないかと思います。
やはり、一番怖いのは「無断で止めなかったのだから払う必要はない」と主張されることなのではないかと思います。
ホントははっきりそう主張してやればよかったのかもしれませんけれどね。
まぁ、相手方が私に連絡をしなかったということ、電力会社としては、よく取れば「好意」でやってくださったこと…になるのではないかと思ってしまってそこまでは言えませんでした。
AMI | URL | 2006/06/25/Sun 12:19 [EDIT]
■★rimmyさん
そうなんです…電話のときもそうでしたが、何でいちいち関係のない人にまで説明しなければいけないのかと思ってしまいます。
きっと、残りを支払って止めてしまえばそれはそれで穏便に済むのかもしれませんが、されていることを思ったら、たとえ余裕があっても1円も払いたくないと思ってしまうのです。
それこそ意地とプライドみたいなものでしょうか…案外、自分自身が頑固なことに我ながら驚いちゃったりしています(苦笑)
AMI | URL | 2006/06/25/Sun 12:22 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。