離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/17
2005 Thu
アメリカに電話しました
アメリカの口座を管理していてくれている友人にやっとコンタクトが取れました。
時差があるから大変だった…あと、電話番号のエリアコードが変わっていて、それで以前、ブラジルに行くときにロスでストップ・オーバーしなきゃいけなくなったときに友人に連絡がつかなかったことも判明しました。
まず、ネットで番号探して職場に電話。
これがまた昔と違って、コンピュータのサポートセンター並でアレ押せ、コレ押せって…。
参っちゃったのが、個人的にコンタクトを取りたい場合は、ラストネームの3文字を入れろって…うち…日本の電話…プッシュボタンにABCなんて書いてない。
頭にはおぼろげにしか残ってない。
何度もエラーでそんな人いませんてはじかれた。
でも根性でやった。

で…ふっと思い立って、ケータイのABCどおり入れてみた。

通じた!!!

勉強した。
アメリカのプッシュボタンのABCと日本のケータイのABCは同じ(笑)

ラッキーなことに、離婚して住所が変わってしまっていてわからなかった友人には連絡がついた。
たまに夫は彼女にメールをしているということもわかった。
今の状況を説明して…またロスに行くことがあったら連絡してもいいかって聞いた。
…こういうことで、知り合った友達と離れて行くのは一番つらいから…。
そしたら、いつでもいらっしゃい!って言ってくれた。

そしてアメリカの口座を管理していてくれる友人は今年の3月にリタイアしていることがわかった。
電話番号はわかっていたけどエリアコードが変わってたからつながらなかったんだってことも判明した。
彼女はケータイの番号も教えてくれた。(日本からかかるかどうかは不明(笑))
そして…奴のアメリカの口座にはほとんどお金が残っていないということも判明。
うちの事情もわかっていた。
だから理由と裁判中で私が訴えられているっていうことも伝え、とても困っていることも伝えた。
彼女ともまたコンタクトが取れたことがとてもうれしかった。
最初に電話に出たのは彼女のご主人。
名前を言ったらすぐにわかってくれた。
何年もコンタクトしてなかったのに(T_T)
すっごくうれしかった。
昨日ちょうど中国旅行から帰ってきたばかりで、昨日だったら私たちいなかったわよ、ラッキーだったわねって言われた。

なんだか運が向いてきた気がする。

アメリカの口座は残念だったけど…それ以上に得るものがあった。
何よりも…友人たちをこんなつまらないことでなくしたくなかったから…。

今夜はもうひとつの作戦決行です…。
動き始めたら早いんだ(笑)
…っていうか、時間ないし…。

英会話続けててよかった~!!!とふと思いました(爆)

その後の模様はまたアップします。

第二ラウンドは…今夜です。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。