離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/09
2006 Thu
結婚て、やっぱり女性が損?
先日の高裁の控訴棄却で、上告はしないと決めたので、あとは離婚届を出すまでカウントダウンとなりました。
そんな中、友人から一通のメールをいただきました。
司法に携わるお仕事をしている友人です。

以下、いただいたメールの抜粋(一部改変)

「もう離婚はあなたも望むところかと思いますが、今回の離婚訴訟と次に起こす損害倍賞請求の裁判は関連する事件なので、裁判所も併合してやってくれればいいのになと思わずでもないです。でも、旦那さんが今回の裁判で使用した訴状には不倫の記載が確かあるんですよね?それならば損害賠償請求のほうはあなたに有利な状況で進むのではないでしょうか??これだけ面倒な裁判を長々とやるハメになった償いを裁判所は旦那さんにさせるべきですよね。そして、結婚で退職を余儀なくされることの多い世の女性の離婚後の生活基盤の確保と地位の保証も含めて、満額回答での勝訴判決を是非出してもらいたいものです。」

さすが、司法にかかわるお仕事をしているだけあって、まさにポイントをついたメールです。

つまり、ひとつの案件に関しては、併合して訴訟を起こすことができないので、結局、離婚という結果に終わった今回の裁判から、損害賠償訴訟が終わってある程度の生活保障がされるまで、おそらく一切、相手方からは生活費の援助はないでしょう。
うちの弁護士さんもこの点を非常に強調して裁判所に訴え続けてくださったのですが、どうやら裁判官のお耳には届かなかったようです。

「ここにこのまま住む」というのであれば私もここで定職を探しますが、以前にも書かせていただきましたが、この地は私が生まれ育った地でも何でもなく、ただ夫が「リゾート気分を味わいたい」というだけの理由で買ったところで、どこに行くにも不便な場所です。
そして何度も書いていますが、家は俺の名義だから出て行けと一方的に言われています。
かといって、引越しするならこの近所に住もうなんていう気もありません。
もっと便のいいところ、仕事のしやすいところに越したい…。
じゃあ、この家の財産分与は?といいますと、この家を買ったときの値段と今の評価価格、そして残りのローンを差し引きすると、ほとんどゼロなのです。
それは事実です。
預貯金はほとんど彼の趣味に消えました。(どこかに隠し預金してる可能性もありますが…)
そして引越しをするにも私にはそのための蓄えはありません。
なぜならメインのお金はすべて彼がずっと握っていたからです。

つくづく、へそくりでもいいから自分名義の預貯金を作っておかなかったこと、仕事をやめてしまったこと…これだけは本当に後悔しています。
ていうか「一生仕事をすると約束して結婚した」とおっしゃるのでしたら、なぜこのような辺鄙なところに家を買ったのですか?
そんな約束して結婚する馬鹿はいないと思いますし、そんな約束した覚えもありません。
仕事さえちゃんと続けていたら、今頃はとっくにさようならして、自由気ままにシングルライフを楽しんでました。

私が抱えている未来への不安の波が襲ってくるたびに、まぁ何とかなるさ…とは思いながらも、仕事についてだけは本当に後悔しています。
そのために大学まで出してもらった親には本当に申し訳ないなと思っています…。

だから、ある意味、私の未来は博打みたいなもんですね。
かといって、何にも動いていないわけではないのですが…まぁ、ここが我慢のしどころでしょうか。

もうすぐ嵐の夜が明けることを信じてがんばるしかないです。
後ろの闇は振り返っても仕方ないですから。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

老婆心がちょっと顔を出して心配になるのは
破綻後の不貞行為だって解釈にならないか、ってことです。
あとは普通の判事に当ります様に←これが大事!
TOMO | URL | 2006/03/09/Thu 19:16 [EDIT]
☆彡TOMOさん
私もそこが一番の問題点だと思います。
高裁での判断はどこまで損害賠償訴訟に影響するのでしょうか…そこがわかりません。
破綻していると判断された材料はあくまでも夫の一方的な嘘の証言です。
でも少なくとも1件については、同居中であったことであり、私は相手方からのストーカーの巻き添えを食らっています。
弁護士さんは、そちらの件については、破綻させた原因ではなくて、そのために私が精神的苦痛をあわされたということで損害賠償を請求しています。
少なくともこちらの1件だけでも認めていただきたいものです。
AMI | URL | 2006/03/09/Thu 19:23 [EDIT]
■結婚相手によって損!
常識があり自分よりも包容力がある人を結婚相手に選ばなきゃ結婚生活ってうまくいかないなぁ~とつくづく思いました。なんせ私は動物占いではゾウなもんで...AMIさんは健康を取り戻せば全然大丈夫だと思いますよ!とても可能性のある人だな~と思うもの。ちなみに離婚をバネにアルバイトをしながら司法試験の勉強をして弁護士になった人や学校に入りなおして看護士の資格をとった人もいるよ!どうしてAMIさんみたいな素敵な人がこんなバツイチ男と結婚したんだろーと不思議なくらいです。私はよくぞ夫があの時離婚を切り出してくれたと思うくらいこれから頑張って幸せをゲットするつもりです。風邪ぎみながら今はひたすら引越しの準備に追われる毎日です...片付けで出たゴミは今週から夫をゴミ捨て当番に任命したので朝出しに行っているみたいです。(爆笑)
けろよん | URL | 2006/03/10/Fri 12:07 [EDIT]
☆彡けろよんさん
自分の可能性…あるのかなぁ…って、自分を信じてあげるしかないですよね。
ありがとうございます。
風邪気味の中でのお引越しの準備、大変でしょうけれど、新たな可能性のある未来への準備ですもんね。
がんばってくださいね。
私もがんばります。
自分で選択した道ですから…。
AMI | URL | 2006/03/10/Fri 19:07 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。