離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/06
2006 Mon
決定事項
本日、弁護士さんのところに行って、説明&相談を受けてきました。
弁護士さん曰く…あんな簡単で薄っぺらな判決文は見たことがないそうです。
内容も、こちらが心血注いで書いたことも、全く加味されず、単に「これだけ別居期間が長ければ修復不能」ということのみ…。

まぁ、当たった判事さんがまたはずれだったということでしょうか。

あまりの内容に、上告するか、損害賠償訴訟を起こすかということを話しましたが、これ以上、上告しても時間の無駄。
それならとっとと損害賠償訴訟を起こしてしまおうということになりました。

弁護士さんも、「こんなひどい男とこんなひどい判決は見たことない」と怒り心頭でしたが…まぁ、先手必勝にしてやられたりといったところも否めません。

「判決後、また痩せちゃったみたいだね…」と、私の顔を見るなり先生がおっしゃっていましたが、どうなんでしょうね。
まぁ、食欲激減してたのは事実ですけど。

帰り道、また頭痛が止まらなくなってきてしまったので、運転に差し支えると思い、苦渋の選択で頭痛薬飲みました。
私は頭痛薬や風邪薬で眠くなるということは滅多にないので、頭痛を抱えて高速を運転するほうがよっぽど怖かったもんで。
無理はしない…てことで、今回は薬を選択しました。

まぁ、このままほっておけば判決どおり今月中ごろまでには離婚届が出されるわけですが、その後は損害賠償訴訟をこちらから起こします。

晴れてシングルだぁ~!!!

この先、何があるかはわからないし、まだまだ問題山積みだけど、とりあえずひとつは結論が出ました。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

無理はしない、いい選択だったと思いますよ。
AMIさん、冷静になりましたねー。
かすてら | URL | 2006/03/06/Mon 22:49 [EDIT]
■たまたま
3組に1組の夫婦が別れる時代です。たまたま自分もその中に入っただけ。運が悪かっただけです。私は去年の夏にとある離婚カウンセラー(ときどきTVで見かける)に相談したときにその人から「こんな男とっとと別れちゃいなよ」と言われました。またそのカウンセラーから「ボールペンを貸してくれない?」といわれ可愛いいのを貸すと「悪いボールペンをずーっと持ってるとこんな可愛いボールペンを持つことはできないよ。悪いボールペン(夫のこと)はとっとと捨てていいボールペンを持つように頑張ろーよ。こんな男といると体悪くするよ。」と言われました。その時私は”目からうろこ”が落ちた気がしました。それからは離婚に向けて弁護士さんと相談してお金を取りに行く作戦に出ました。そうすると段々やる気になってきていままで離婚したくないという気持ちは自分の心にうそをついていたんだと気づき始めました。AMIさん前向きに行きましょう。あなたをそんな風にしたのはあなたの夫だよ。そして今度は自分と魂のレベルが一緒の人を探そうよ!自分が幸せでないと人を幸せにすることはできないよ!   
けろよん | URL | 2006/03/06/Mon 23:42 [EDIT]
☆彡かすてらさん
ありがとうございます。
頭痛も何とかおさまりました。
自分に素直になって生きてみよう・・・そんなふうに今日はまたひとつ思いました。
AMI | URL | 2006/03/07/Tue 00:55 [EDIT]
☆彡けろよんさん
そうですね…。
夫はずっと「妻からの執拗なメールの攻撃にリストカットに及んだ」と法廷でも訴状でも反論文でも言っていました。
(脅しめいたメールを執拗に送った覚えなど全くないですし、送ったメールを見ても全くどのメールのことを言っているのかさっぱりわからないのですが)
私は弁護士の先生が、私の体調をとても気にしてくださっていたので、ずっと言えなかったのですが、自分もリストカットではなく、病院で出される薬を密かに溜め込んで似たようなことを何度かやっていたことを告白しました。
弁護士さんは声を失っておられましたが、私は「今はもう大丈夫ですのでこうやってお話できます」とお話しました。
今思っても馬鹿なことをしていたと思います。
あんな男のために自分自身を痛めつけていたことを後悔しています。
これからは自分の幸せのためにがんばっていこうと思います。
AMI | URL | 2006/03/07/Tue 01:04 [EDIT]
■裁判って
こんなにいとも簡単に判決が出て、人生の岐路が決定されるなんて本当にこんなことがあってもいいものなのかと、思います。悔しいです。
私のことと本当にラップしてしまい、体が熱くなり、自然と涙が出てきます。
先日の走馬灯のように夢をごらんになった事・・・まったく私も同じ経験しました。夢の中でで泣いている自分をみているのに目が覚めるとはっきり夢は残っているが、泣いてない。一人不安に異国で眠ったときでした。驚きです。

判事と言えど人間、人間が人間を裁くことの、特異性
これだけのことでいいの?と叫びたいです。
この場ですら凄い感情で興奮しているのにAMIさんの心情を思い、またコメントを読むと、本当に相当なエネルギーや忍耐をしているのだと思います。
そして、上のコメントにあるお薬溜めていたなんて・・・本当に
胸が締め付けられる思いです。
何を言っていいのか言葉もありませんが、
先日ふと感じたこと。

85歳の老人に、インタビューで
「55歳からの30年は長かったですか?」
「とても長かったな~」
「25歳からよりも?」
「長かったな~」
この会話を聞いて、私ほんの少し癒されました。
AMIさん応援してますよ。
気の利いたこと書けないけど、前向いていようね!座ったり立ったりしながらでもね。
私もAMIさんに負けないようがんばるね。


exhaust903 | URL | 2006/03/07/Tue 09:00 [EDIT]
きょうAMIの、弁護士も相談された。
BlogPetのちゃむ | URL | 2006/03/07/Tue 15:16 [EDIT]
☆彡exhaust903さん
ホントに「いとも簡単に」でした。
今までの戦いは何だったのか…思い切り力が抜けるような判決文。
弁護士さん曰く、まともな判事だったら、双方が納得できるような判決文を書くもの…だそうです。
それが、判事までが、あちらの嘘の片棒をかついで、法廷での発言まで曲げられているという事実…これで「公正な判断がされた」と言うのでしょうか。

ただ…昨日、じっくりと弁護士さんとお話して、今まで何度となくわだかまっていた弁護士さんに対しての気持ちがすっきりしました。
やっぱり、この弁護士さんにお願いしてよかったと。
たとえ、損害賠償訴訟で思ったような結果が出なかったとしても悔いは残さない…。

お互い、人生はまだまだ先が長いですよね。
がんばっていきましょうね!
AMI | URL | 2006/03/07/Tue 19:08 [EDIT]
■向いてる方が前!
弁護士さんともじっくりお話をされて、これで安心して進めますね。
名よりも実。という考え方もあります。

後ろ向きかもしれないけど、判事の名前を伺って抗議文を出したいわ。←かなり本音
TOMO | URL | 2006/03/07/Tue 20:53 [EDIT]
☆彡TOMOさん
判事さんの名前、わかりますよ~(苦笑)
ここで公開しちゃいましょうか?(爆)
ついでにこの前の家裁の裁判官の名前も(爆爆)
AMI | URL | 2006/03/07/Tue 21:17 [EDIT]
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2006/03/08/Wed 22:03 [EDIT]
☆彡秘密さん
あ…ばれてました?(・_・;)
ご心配おかけしちゃってましたね、すみませんでした。
そして…ありがとうございます。
AMI | URL | 2006/03/09/Thu 16:21 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。