離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/07
2006 Tue
反訴状
うちの弁護士さんから裁判所に提出する反訴状の下書きが送られてきました。

これでもかっていうくらい、攻撃態勢です。
書き方はかなりソフトですけど…。
相手の女性2人も呼び出しリストに挙げられていました。

当然、私も(ちなみに私は「同行」で、あちらは「呼び出し」です)

書かれていることはまさに「そのとおり!」なのですが…何だか複雑です。

ここまでもめなければ、あそこまで非難しなくても済んだのに…とちょっと気の毒になってしまいました。
それが事実なんだから仕方ないのだろうけれど、なぜかあまり「よくぞ書いてくれました!」という心からの気持ちになれません。

だったら裁判なんてやめちゃえばって思うんだけど、それじゃ、私、この先、生きていけない。
結果はどうあれ、彼の自業自得であることは事実。
私にも非があったのだろうけれど、前にも書いたけど、何一つ言われてないし、彼が主張していることをした覚えがない。

お金がなければ…と彼のたくさんの蔵書まで査定されていて、財産分与分の対象とされていました。
銀行もどうやって調べたのか知らないけれど、今まで口座を持っていなかった銀行の名前が羅列してあって、預金残高も「ありません」っていう額じゃかった。

まぁ、半分脅しの反訴状だし、全面的にこちらの主張が通るとは思えないけれど…少しはそれで自分のしてきたこと、冷静に判断してくれるといいなと思っています。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

オ~
弁護士サンやる気ですね。
AMIさんが気にする必要は無いでしょ。
彼の自業自得、自給自足ですよ~。
便利屋 | URL | 2006/02/08/Wed 19:50 [EDIT]
☆彡便利屋さん
ニアミスですか~(笑)
しかし、自業自得はわかるんですけど、「自給自足」って(爆)
AMI | URL | 2006/02/08/Wed 20:01 [EDIT]
■情はいりません!
こうなったらビジネスライクにいきましょう。
悪いものは悪い!
しっかし蔵書まで査定とは。
いっそのこと、2人乗り自転車もいっしょに「鑑定団」ってのはどうでしょうねえ?
TOMO | URL | 2006/02/08/Wed 22:05 [EDIT]
☆彡TOMOさん
職業柄、彼の蔵書は半端じゃないですからねぇ…。
確かに売ったらすごい金額になるかも(苦笑)
二人乗り自転車のほかにも彼はフレームだけでもウン十万するマウンテンバイクを持っているはずです…。
あれも査定してもらおうかしら(苦笑)
AMI | URL | 2006/02/09/Thu 18:48 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。