離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/25
2006 Wed
弁護士さんと電話会議
昨日は夜、英会話で遅くなってしまったので、今日、弁護士さんに電話して、今後の展開について話ししました。

結局、ああいうヤツは、心理的に追い詰めていかなければならぬと…。

それが正しいかどうかは別として、夫は私が思っていたよりもはるかに小心者なんだなぁと裁判が始まってから強く感じる。
っていうか、こうなるまで、実はプライドと自尊心の塊で、そのくせものすごい小心者っていうの…気付かなかったよ。
あはは、騙された。
…っていうか気づけよ、自分って感じ?

方向としては「反訴
相手方女性は地方裁から「損害賠償請求」
ま、ある意味、まっとうな道筋だな。

あとは彼のちっぽけなプライドと自尊心と…小心者っていうところに賭ける。

ことと条件次第によっては、反訴と損害賠償を取り下げてもいいんだよっていう餌ぶらさげて…。

私には守るべきものがある。
今までずっと心の支えになってくれてたわんこたち…。

家裁の判決は完全に「犬」を理由とした判決だった。
この子たちのせいっていうあいつの主張をたとえ嘘でも言い訳でも、どんな偏見でも、そのまま認められたままにさせたくない。
それしか理由がないにせよ、こんな無垢で何もしていない、言葉も発することもできない子たちを理由にするなんて最低だ。
言い訳するならもっと人間性を疑われないような理由、嘘でもいいから作って欲しかったな。

そして家庭裁判所の判事さん…あなたはあんなむちゃくちゃな理由、素人が読んだって簡単に矛盾点を突付けるような稚拙な文書と答弁に○をつけたんですよ。
あなたは×です。
赤○次郎さんでも読んでお勉強したほうがいいと思います。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

■not subject
思うのですが、AMIさんは良い弁護士さんに恵まれたのではないかと思います。
私の弁護士は若いせいもありましたが、今ひとつ頼りなさが付きまといましたね。
こうした方がいいとか、ああした方がいいとか、あまり自分の意見を言ってくれなかったもので・・・。
だから当たりだと思いますよ。良かったですね。(^^)/
りんご | URL | 2006/01/25/Wed 21:35 [EDIT]
■☆彡りんごさん
正直、うちの弁護士さんも、最初はああした方がいいとかこうした方がいいとか、あまり言ってくださらなかったので、非常に不安を感じていた部分がありました。
でもある友人に「弁護士さんはあくまでもあなたの代理人」と言われ、任せっぱなしじゃなくて自分でも動いてみよう…そう思いました。
もちろんすべて弁護士さんに相談してからですけど。
そしたら、弁護士さんご自身もどんな作戦がいいか悩んでらしたようで、いろいろ相談にのってくださいました。
私が動き出してからでしょうか…弁護士さんがとても頼もしく見えてきたのは…。
市の無料法律相談で受けてくださった弁護士さんは、とても懇切丁寧でしたが、どこか頼りなかったです。
弁護士さんもいろいろいらっしゃいますよね。
得意分野も違ったりするし。
相手方の弁護士さんは、意地悪な…ある意味正当防衛的汚い手段を夫に入れ知恵しているようにしか私には感じられません。
ああいう弁護士さんがきっと有罪を無罪に無理やり持って行くのかなぁなんて考えちゃったりしてます。
どれだけこちらのことを考えてくれるか…弁護士さんとの「信頼関係」ってやっぱり大事ですよね。
AMI | URL | 2006/01/25/Wed 22:39 [EDIT]
■not subject
家裁の判決は完全に「犬」って?

どうにもわたしも理解できないのですが、裁判はいろいろと矛盾する点も多いのでしょうね。

法の目をくぐり、だから、判決も必ずや正しいとはいえないものになってしまうのですね。

AMIさんわんこちゃんたちにに癒されてくださいね!
イヴォンヌ | URL | 2006/01/26/Thu 08:00 [EDIT]
■☆彡イヴォヌさん
家裁の判決文を読むと、破綻原因の一番の理由は「犬にかまけた妻に愛想をつかした夫」とされているのです。
とにかく家裁は、理由は何であれ「今現在、破綻しているのだから、夫が何をしてきたかなどお構いなし、片方がそっぽ向いていてお互いが歩み寄ろうという気配が感じられないと判断し、駄目なものは駄目」と夫の主張を通しました。

矛盾はどうでもいいみたいです。
所詮、人間が裁くものですから、当たった判事さんにもよるみたいです。
うちの場合、家裁の判事さんは大外れってところでしょうか…。
AMI | URL | 2006/01/26/Thu 18:27 [EDIT]
だんだんヤツを追い詰めている雰囲気!
けっこうプレッシャーになってるんだろね。
勝利も欲しいけど、謝罪させたいな。
今までどれだけ失礼をやったか・・・。
土下座くらいさせたってバチは当らないよ。
便利屋 | URL | 2006/01/26/Thu 21:56 [EDIT]
■☆彡便利屋さん
そうなんです、もっともしてもらいたこと…それは「謝罪」なんです。
例え私が彼に対して傷つけるようなことしていたとしても、言われなきゃ気付かない。
何気に言った一言に傷つくことだっていくらでもありますからね。
だけど…それ、何も言ってくれなかった。
後からの言い訳かもしれないけど「プライドと自尊心で言えなかった」と彼は法廷で言いました。
傷ついたと主張していたことに何一つ心当たりはありませんでしたけど…。
彼には感謝のメールこそしたけど、文句のメールなど送ってません。
しかし、そのメール、言葉尻ひとつひとつ取っては揚げ足取られて傷ついた証拠として提出されてました。
私がもっとも欲しいのは心からの謝罪の言葉です…うわべだけじゃなくて。
絶対に彼にはできない、しないと思いますけどね。
AMI | URL | 2006/01/26/Thu 22:42 [EDIT]
こんばんは。
きっと謝罪のできる人だったら、こんなにもモメたりしないだろうし、
離婚なんてコトにもならないのかも・・・

家の元夫も結局一度も謝りませんでしたよ~
rm1407 | URL | 2006/01/28/Sat 00:52 [EDIT]
☆彡rm1407さん
確かに、おっしゃる通りですね。
rmさんのところも謝らなかったんですか。
謝りたくなかったのか、本当に悪いと思っていなかったのか…ご当人たちに突撃インタビューしてみたいですね
( -.-)ノ-=≡≡≡卍卍(シュ)
AMI | URL | 2006/01/29/Sun 22:33 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。