離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/30
2005 Wed
来た
一昨日、遅れに遅れていた裁判所からの双方の「主張及び争点の整理(案)」が、弁護士さんのところに送られてきたものが、ファックスされてきた。
弁護士さんの一言が付け加えてあった…「…実に簡単なものでした。これに時間がかかったとは信じられませんね…」
そう、内容はびっくりするほどの簡単なものだった。
確か夫の訴状は10数ページに渡り、事細かに被害者ぶっていろいろ書かれていた。
それが、A4の紙たったの1枚にまとめられていた。
しかも「ア~オ」までしかない…。
私の反論も同じくA4の紙1枚、「ア~オ」
力が抜けた…そして笑いそうになった(o ̄∇ ̄)o
と同時に、ホントにこんなものに時間がかかったとは信じられなかった。
あまりにくだらない訴状なのでほっとかれたのか、あまりに細かくごたごたを並べているのでまとめるのに苦労したのか…それともタダのなまけものの裁判官か…

私の主張に間違いは何箇所かあった。
しかし夫の主張は、こんなくだらないことで裁判所によく恥ずかしくもなく出せましたね…というような内容であった。

…いやいや、まだまだ油断ならない…

昨日一日、薬を抜いてみた。
睡眠薬も抜いてみた…。
今朝…起きられなかった。
寝た気がしなかった。
午前中の仕事を延期してもらった。
午後の仕事まで響かせたくなかったので安定剤と抗不安剤を飲んで、午後の仕事ギリギリまで寝ていた。
情けない…
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。