離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/07
2005 Thu
肩にのしかかるもの
昨日は、明るく振舞っていたけど、やはり肩に重いもののしかかってきている…。
裁判に向けてのこちらの主張の見直しと訂正。

弁護士さんが大まかに作成してくれたので、不鮮明な部分や、伝え忘れていることを思い出したら加筆しなければならない。
連休までには仕上げたいとおっしゃっていたから、早くしなきゃ…とおもうのだけど、なかなか筆が進まない。
やっと、たった1枚の裁判所からの状況案の訂正数箇所をやったところ。

こんなのお薬飲んでなきゃやってらんないよ~!!!
と、アルコール飲むと眠くなってしまうので、お薬にヘルプミーしてしまいました。

しかしプロだなぁ…きっちりまとまっている。
数箇所直しは簡単だけど、夫婦として破綻していなかったというエピソード…う~ん…。
最後の一言はいくら作戦とはいえ、ちょっと寒くなった…。
「早く家に帰ってきて欲しいです」って…。
本当にそう思っているのかって聞かれたらどうしよう…詰まる…。
事前に友達を使って動揺しないように練習しよう。

以前、大学受験のときになぜか「面接」なるものがあって、そのときに、大学の志望動機を聞かれた私は、思わず「1次試験が悪かったからです」と答えてしまった(爆)
頭の片隅では、「こらぁ~!吉本やってるんじゃないぞ~!!!まぢめに答えろ~っていうか何をしゃべってるんだ、私…」という声すら聞こえなかった。
真っ白け~。
その場は一瞬凍りつき…そしてくすくすと笑いを必死にこらえる教授陣…。
当然、面接の後は落ち込みまくり…。
覆水盆に返らずで、とりかえしのつかないことをしてしまったぁ!
早速、来年の予備校と志望校の検討をせねば…と思ってました。

しかし…幸か不幸か(笑)なぜか受かりましたです(^^)v
あのウケがよかったのだろうか。
世の中、何が成功に結びつくのかわからないです。

そういえば、この前、地域に配られた年金についてのパンフレットを読みました。
いつもは関係ないやって擦っちゃってたのだけれど。
そしたら、今現在は。離婚してから2年間は、相手方に年金の結婚時の相当額を裁判で請求できるらしい。
4月1日は過ぎた。
てことは、今後は請求権利がもう発生しているということかしら。
その辺は、次回弁護士さんが来たときにでも話聞いて見なきゃ。
あ、それよりも、うちのお客さんで、もと厚生省の年金の見直しを国民の立場から改革していた人がいるのだった…。
そっちに聞いた方が確実かもしれないですね。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

■綾香
足跡残しです^^私もブログ始めたので見てください^^  [続きを読む]
綾香の親には見せれない赤裸々日記w 2005/12/22/Thu 21:25
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。