離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/29
2005 Tue
どうにもおさまらず
私にしては珍しくこんな時間に起きてます。
正確には…ほとんど寝てない…2時間ちょっとくらい。
ウォッカクラスの睡眠薬からみんな飲みましたが寝れませんでした。

今…かなり頭に血が上っちゃってます。

どうしようもなく、寝てもいられません。
心臓の動悸も止まらず、ここに書くことでしか気が静まりません…。

原因はつまらぬこと…「自動車保険」です。

もうすぐ自動車保険の更新が来ます。
今まで、保険の更新などはすべて夫がやっていました。
去年は自宅のメインバンクから事前通達して保険料をおろして支払いました。
そして今まで、自動車保険を私は使ったことがありませんでした。

が…今年、1回の当て逃げ、2度の自損事故(以前、このブログにも書いたかと思いますが、いずれもほんの不注意によるもので相手は草陰のブロックと細い看板の柱)で、等級が6等級下がってしまいました。
つまり、保険料がそれに比例して上がってしまったのです。

そこで、何件かの保険やさんに見積もりを頼みましたが…年間で3回も保険を使っていると受けられないと全部断られました。
…そんなことも知りませんでした。
だったら、保険やさんも3回目に保険を使うときに言ってくれれば自腹で3回目、支払ったのに…。
気軽に保険があるからと使ってしまった自分も悪いのかもしれませんが、何だか客の足止めされたみたいでちょっと心外です。
なじみの自動車修理工場でも保険を扱っているので聞いたら「普通、そういう場合は使うかどうかという段階で保険やさんから注意があるはずなんですけどね」と言われました。

で…結局、今までの保険やさんの継続というのが一番安いということと日常損害賠償と弁護士費用特約(自動車保険に関係なく、年間300万、相談料の1万円から出るということ)が合わせても6000円程度で済むというのでそれを足してもらって算出してもらいました。
夫から送られてくる私の一ヶ月の生活費分プラス1万弱です。

当然、そんな額、支払えませんし、まだ籍も抜けておらず、財産分与すらもらえるものももらっていません。
また、今月は生活費の入金を勝手に10日近くも延期されています。
そして保険の満期はその延期された予定日より5日前です。
こちらは離婚を認めるという家裁の判決に不服を申し立て、控訴しています。

そこで弁護士さんを通じて、自動車保険の振込みを先方にお願いしました。

去年の暮れから全く無回答の「月額の生活費以上に必要になった場合、どうしてくれるのか」という返答も全く返ってきてません。

が…今回のお願いへの回答は昨夜すぐに返って来ました。

弁護士さんのヘッドレターには「また頭に来る回答でしょう」と書いてありました。

相手方からの返答…

1.今月分の生活費は9日に入金済みです。ご確認ください。

追伸:自動車保険の保険料は3回の自損事故があって、本来の保険料より高額となっていると聞きました。いずれにしても、ご自分の車の保険料ですので、そちらで支払いは負担してください。

予想された回答ではありましたが、実際、目にしてみると頭に血が上ってしまいました。。。
確かにぶつけたのは私です。
しかも一回は当て逃げで警察も呼んでいます。
でもどちらの自損についても、薬の影響が大きいということを医者に言われました。
薬のせいにしてはいけないのかもしれませんが、今まで一度も車をどこかにぶつけたりしたことのない私がこんなにぶつけたのは、薬で不注意になっていたということが一番大きな原因だと思われると医者からも診断されました。
どの薬にも「飲んだら自動車などの運転は避けてください」と書いてあります。

しかし、この田舎で、車を使わなければ仕事にも行けません。
かといって薬を飲まなければ発作が出て仕事になりません。
じゃあどうしろというんでしょうか…。
こんな状況に陥らざるを得なくなり、ほっぽり出され、無責任にものうのうと自分は本のために月10万の部屋を借りて、貯金がありません…って言ってる奴のせいでしょう。
家裁での答弁書も読み返しました。
私は夫からこれといった大きな不満など言われたことはありませんし不満に思っているなどと感じたこともありません。
が…夫は「…と感じた」とか「…と思っていた」の連続で、こちらの弁護士さんからの「そのことは直接奥さんに伝えたのですか?」の言葉にすべて「いいえ」。
そして「…と思ってくれてると思っていました」「…というつもりだったと思います」って…勝手に私の気持ち推測して自分の都合のいいように曲げるな!!!
っていうか…その場しのぎの苦し紛れの回答であったことは明白ですけど。

しばらく呆然とそのファックスを見ていましたが、いきなり涙が出てきて止まらなくなりました。
動悸と震えが止まらなくなりました。

そして…落ち着いてからもう一度よく読みなおしました。

私が弁護士さんを通じて相手方に伝えてくださいとお願いしたのはあくまでも「自動車保険」のことです。
よく見たらそのことについての回答は「追伸」で書かれていました。
誰も今月の生活費についてなんて今頃聞いていません。
それが1番目のお答えですか…。

頭おかしいんじゃないんですか?
こちらの聞いてることが追伸で、聞いてないことの返答が1番ですか?
しかもすでに2週間以上たっている今になって9日に入金しました、確認してくださいってどういうことですか?

馬鹿にするのもいい加減にしてください!!!

どうにもこうにも怒りが収まらず…寝られず、吐き出せず…ここに吐き出すしかなく…どうしたらいいのかわからず混乱状態です。

とにかく朝一番に弁護士さんに連絡して相談します。

今は、弁護士事務所の始まる時間まですら我慢できそうにない状態です。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。