離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/25
2005 Mon
鍵あけてくり…
昨日、夫にメールを書きました。
夫が勝手に鍵をかけて合鍵を渡してくれない別棟の鍵をGW中にあけてくれるように…。
だって、まだあの中には私のものも入ってるんです。
出して欲しいもの言えば出しておいてやるって…そんなの具体的に何って忘れてるものもあるし、そのたびにいちいち夫を呼びつけても、前回なんて連絡してから10日後でしたよ…。
だから、GW中に私の実家の家族も来るので開けてくれってメールしました。
どうせ返事など返ってこないだろうけど。
で、もし開けてくれなかったら、鍵屋さん呼んで開錠させていただきます…って書いた。
もちろんその場合の費用はそちらに請求させていただきます…とも。
ついでにそのメールのコピーも弁護士さんに報告しました。
ご心配なら、立ち会ってくださっても結構ですとも書きました。
うちの家族勢ぞろいしているところに立ち会えるものなら来てみなさいよ。
ちなみに母屋の鍵は鍵やさんでも開けられない鍵に換えて貰いましたし、「壊れたので換えます」と事前通達して了承も得ていますし、なぜか何も言っていないのに夫側から「合鍵を作る気は毛頭ございません」と訳わからんメールももらっているし…。
正直私にとっては賭けの鍵交換でした。
合鍵くれといわれたら渡すつもりでおりました。
しかし、見事に夫は自爆してくれたわけです。
ちなみに別棟の鍵は、鍵屋さんに開錠可との返答をもらっていますので開けられます。
(けちなので、安い鍵つけたらしい…)
その辺が甘いんだな…。

お坊ちゃま育ちはツメが甘い…お勉強ばっかりできても駄目よん。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。