離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/17
2009 Fri
死を意識したとき・・・
今回、ガンになって「死」というものを強く意識した。

初期だから大丈夫…そう思ってはいるけれど、明らかにガンになっていない人よりは「死」が身近になった。
だからかな…過去が走馬灯のように頭の中をぐるぐるまわり、妄想の世界に陥る。

自分の歩んできた人生って何だったんだろう。
戻れない時間。

前を向くのが怖いとき、人は後ろ向きになるんだな。
断ち切れない過去ってあるんだな。

ずっとずっと心につかえていたものがあふれ出してくるのを止めることができない。
スポンサーサイト
07/10
2009 Fri
恐れていたことが~(T_T)
病院に行くために使っているルートは、しょっちゅう電車が止まります。

先日も車両故障とかで止まったため、迂回して病院に行ったので15分遅れでした。
本日も朝から天候不順のため電車が一部運休の情報を得て、車で行ってみることにしました。

病院まではすんなり、電車より早く着いてしまい、病院のコンビニでおにぎりなど買って食べながら時間つぶししてました。
診察時間開始10分前に受付してみたら、今日は診察日だったので、いつも1番のおじちゃんよりも診察を先にやってくれて、照射も一番でやってもらえました(*^_^*)
ラッキー♪

でも・・・病院から会社が大変。
電車なら病院から会社につくまでに30分くらいなのに、
渋滞にはまり、1時間もかかってしまいました。
1区間だけでも高速を使うべきでした・・・。
次回…あって欲しくないけど、万が一の時は迷わず高速を使うことにします。

07/09
2009 Thu
戦友?
今日は毎朝、待合室で一緒になる方に、思い切って話しかけてみました。

私の仕事の関係で順番を替わってくれたことにお礼を言ったときから、ごあいさつだけはしていたのですが、お互い健康を損ねてここにきているわけですから、やはり話をしたくないとかいろいろ心情もあるだろうしとちょっと躊躇していました。

「お近くですか?」

とたずねたら、思い切り明るい笑顔で

「そうなんですよ~、同じ市内です。でも、違う病院から紹介してもらって来てるんです」

「そうなんですか。私も他の病院から・・・」

ということでお話してみたら、なんと同じ病院で私より少し早い時期に手術されていました。
病院やら先生やらのお話で盛り上がってしまいました。
もっとお話したかったのですが、あっという間に順番が来てしまいました。

いきなり戦友ができた気分♪
ちょっと病院に行くのが楽しみになりました。
07/06
2009 Mon
祝10回照射
30回を予定している放射線治療も今日やっと三分の一終わりました。

今日は朝、電車のトラブルで迂回する羽目になり、15分遅刻、いつもは二番目なのだけど、今日は三番目。
でも会社はいつもと大して変わらない45分遅れで出勤できたのでよしとしましょう。

照射している部分は、日焼けをしたように赤黒くなってきました。
お肌もどうやらカサカサになるようで、刺激の少ない保湿クリームを勧められたので、奮発してロクシタンのシアバターを買ってみました。
常温でも固いので、両手でよく擦って暖めてからじゃないと塗れないのが難点ですが、なにせ無添加ですから。

それにしても、治療費はお高い・・・。
毎日3,980円をカード払いしています。
私のクレジットカードは利用金額に応じてマイルが貯まるユナイテッドのカードなのですが…つい先日、利用規約が変更となり、必要マイル数がアップしたり、アップグレードのためにはマイルに加えて料金が発生するようになるらしい。
おまけに、ユナイテッドの都合でいつでもマイルを無効にできる…とか。
なんか、元本保証しない高金利預金のような気がしてきた。
航空業界も不況なんだなぁと思うけど、今年は特に医療費のほとんどをカード払いしているため、いつもの年よりマイルが貯まる予定なので、とっとと使うに限るかなぁ。

しかしそれには先立つものと時間がないのが現状。
こんな状況でマイルを貯めている意味って…。

まぁ今の世の中、いつ何がひっくり返ってもおかしくない状況ですから、とりあえず、わんこ2匹と私が生活できているだけありがたく思うことにしています。
07/05
2009 Sun
ホントにいいの?
家裁の判決に不服申し立てを高裁にして、棄却という結果となり、期間内に最高裁に控訴しなければ、判決は確定となります。

今回の裁判について、私なりの感想を弁護士さんにぶつけてみました。

■なぜ、抗告文を提出前に見せてもらえなかったのか
■裁判所が認めている財産のリストから、婚姻中に相手方が購入した自動車が入っていないということを主張してもらいたかった

弁護士さんからのお話

抗告文には記載できることが限られているとのことで、特に何か私が見て書き足してもらわなければならないような内容はなかったとのこと。
何だかうまくまるめこまれたような・・・。

そして…
「このまま、相手方から請求があるまでほっておきましょう」とのこと。
支払い命令が裁判所から来ても、その手続きをするためにはお金がかかるということと、金額が微々たる金額なので、そこまで行使してくるかどうか疑問。
そして、相手方は私の勤務先を知らず、給与などのメインバンクもわからないから、差し押さえをされることもないでしょう・・・って、これって、裁判所命令を無視しましょう、相手方があきらめることを期待しましょうってことでしょうか。

そんな対応でいいのでしょうか。
疑問いっぱいですが、どうしたらいいのか私には知恵がありません・・・。


07/01
2009 Wed
送別会
会社の移転は決定事項、現在、社長がランニングコストの安い移転先を必死に探しています。

これに伴って、総務経理の女の子が一人、リストラです。
正確に言うと、社長が何となく「辞めて欲しい」みたいなことを遠まわしに個別面談で言い、彼女がそれを察して「私の給料分だけでも足しになるのでは」と退職を申し出たようです。
社長はこれを「ありがたく」受けたらしい。

まぁ、赤字続きの会社の経理を見るのはしのびないのではないかと思うけれど、それにしても社長の不甲斐なさにがっくり。

これは人生第二の試練なのでしょうか。
07/01
2009 Wed
高裁棄却
弁護士さんが「抗告します」と言ったきり、連絡がなく、本日、いきなり弁護士事務所から封書が送られてきました。

結果は「抗告棄却」です。

わけのわからない、奴の債務分の清算を私が一部負担しなければならなくなるようです。
全く理解に苦しみます。

使ったもの勝ちのようです。

しかし、弁護士さんも手抜き・・・のような気が否めません。
抗告文も見せてもらえなかったし…。
慰謝料のときに比べたらトーンダウンしているのは確かだったけど、いきなり棄却文を送ってきて「不明な点がありましたらご連絡ください」ってぺらっと一枚入っていた。
不明な点がなくて、連絡しなければどうなっちゃうのだろうかと、いじわるを思ってみたりもしましたけど・・・。

自分の選択ミスの始末は自分でつけなさいってことでしょうか。

今、振り返っても、人生選択ミスだらけ…だったような気がする。
過去のことばかりがフラッシュバックしてくる。

あのときああしていたら…そんな後悔ばかり。

よくないね…。
前向きに生きなければ…。

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。