離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/21
2009 Thu
いきなりすっとんで…
本日、抜糸しました。

実は4/28入院、5/1に手術でした。

幸い、リンパへの転移もなく、腕のむくみも出ず、術後の経過はかなり良好です。
今は切ったあたりに腫れがまだあるのですが、先生の所見では、日数がたてば、ほとんど胸の形も前と変わらないし、傷痕もとてもきれいだから、見た目わからなくなりますよ…とのことでした。

正直、あまり落ち込んでない自分にびっくりしています。

さすがに手術した日の午後は、点滴やら何やらいろいろついていて、動けず…動けないことが地獄でした。
腰は痛くなるし、どの程度動いていいのかわからなかったしね。
酸素吸入器は苦しいだけで、途中からマスク勝手に外してたし。

手術した次の日から院内を歩き回り、コーヒーショップでマンゴーフラペチーノをいただいてお昼が入らなくなり、看護師さんにあきれられたり、お見舞いに来て下さった方からは捜索願いが出されてしまったり…とっても元気な患者でした。

手術した次の日、カウンセラーの方が来てくださったのですが、カウンセラーの方が私の顔をみて一言「昨日手術されたんですよね?とてもすっきりしたお顔をされているのでちょっとびっくりしています」と言われてしまいました。
普通はもっと落ち込んでいるものなののようです。
でもまぁ、私の場合は、温存だったから気持ちも術後の経過も楽だったのだと思います。
きっと全摘だったら、そんな風にはしていられなかったでしょうね。
そういう意味では、私はラッキーだったのだと思います。

退院は7日にしました。
11日から仕事に行っています。

そして本日やっと抜糸です。

あとは、病理検査の結果を待って、今後の治療方針を決めます。

何はともあれ、生還いたしました<(_ _)>
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。