離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/22
2008 Tue
前向きに…
週末、実家に帰ってきました。

母は思いの外、普通でした。

「もう開き直っちゃったわ」

と言っていました。

この三日間の休みのほとんどを母の買い物に付き合いました。

母はまるで死に仕度をしているようでした。

家中のカーテンを取り替えると言い、傷みの目立ってきたダイニングチェアを新品にすると言い、それを選ぶのにあちこちまわりました。

また、抗がん剤治療を受ける決心をした母のために、すこしでも快適でいて欲しいと思い、母が日中休む和室に、弟たちと私でエアコンを入れることにしました。

去年の手術後に、一度、入れようとしたとき、固くなに拒否したのに今回はすんなり素直に「ありがとう」と了解してくれました。

また、長年入っていた百貨店の会員を脱会し、貯めていたポイントをすべて商品券にしました。
わたしにやたらと何かを買いたがるので正直困りましたが、それも母の気持ちを思うとありがたく受けるのが親孝行のような気がして、商品を選ぶ母の背中を見ながら涙が出そうになりました。

「ひょっとしたらもう運転しないかもしれないけど、やっぱり免許証は更新した方がいいよね」

って明るく言うし…

免許証更新のために眼鏡を作り直しに行ったのですが、元々顔が小さめの母ですが、

「これから痩せると思うから、大きめにしないともっと貧相になる」

などと言います。

折に触れて、自分が寝込んだ場合とか、いなくなった場合とか、そんな話をします。

これは捨てないで欲しいとか、貯金や貴重品はどこにあるかとか、自分の友人たちにはこうして欲しいとか、そんな話をします。

納戸やタンスの整理をしはじめていて、使わずに大事にしまってあったものを私や知人に分けようとしていました。

本当に、まるで死に仕度です。

でも…片付けの手をふと止めて言った一言に救われました。

「みんなあげちゃって、あと30年も生きちゃったらくやしいから、やっぱり今は全部あげちゃうのはやめとくわ」

うん、そうだよ、お母さん、その意気でがんばろう!

私も全力で応援するからね。

帰り道、運転しながら涙が止まらなくなり…視界がぼやけて前が見えなくなった。
そのままどこかに止まって声をあげて泣きたかったけど、きっと母は私にそんなことは望んでいない。
私が泣いたらダメだ…そう思い、涙をふいて運転し続けました。

がんばろう、お母さん!
スポンサーサイト
07/16
2008 Wed
どれだけ泣いたら・・・
朝、仕事をしていると、仕事の請負をお願いしている友人からメールが入ってきました。

今朝、友人のところのわんこが急に痙攣を起こして倒れ、救急で病院に運んだけれど、意識が全くなくこん睡状態であるとのこと…。
今日は新しい仕事の初日でどうしても休むことができず、病院に預けて出勤したとのこと…。

彼女は私が犬を飼いはじめて初めてのわんこ友達。

仕事中でしたが、様子を伝えてくれるようお願いしました。

午後になり、彼女が病院に連絡を取ると、植物状態になってしまっているとのこと…
そして、夕方…仕事を終えて帰宅、小学生の息子が学校から帰ってくるのを待って病院へ向かい、脳死状態になったことを告げられたそうで、それをメールで私に伝えてました。
人工呼吸器をつけているため心臓だけは動いていたそうで、呼吸器をはずすかどうか、決断を迫られたそうです。

「決められない、どうしたらいい?あなただったらどうする?」

悲痛な叫び。

「せめてご主人が帰ってくるまで待ってもらったらダメかしら…」

そう返事をしたけれど、それに対する返事はありませんでした。

それからしばらくしてメールが来ました。

「家に連れて帰ってきました、安らかに眠っています」

信じられませんでした。
昨日まで元気だったのに…

確かに貧血気味だったけど、そのために専門と言われている医者に通っていたのに…

痙攣を起こしたのが早朝だったため、救急で診てくれる医者を1時間近く探し、やっと診てもらったら「痙攣が起こってから時間がたちすぎています」と言われたそうです。
その医者は、去年彼女が亡くした一匹目のわんこをずっと診てもらっていたところで、誤診をされたため死期が早まったとしか思えない治療をされた病院だったそうで、彼女は他にもうどこにもないと思い、藁をも掴む思いで電話をしたそうです。

結局、すい臓に1センチ近い腫瘍があり、それが原因で超低血糖を引き起こしたのではないかと言われたそうです。
ずっと通っていた医者は内臓系の専門医で、毎回エコーをかけていたそうです。
なのに、なぜそんなに大きくなるまで見つけられなかったのでしょう…。

まだ落ち着いていないでしょうから、迷惑かとは思ったのですが、会社を定時であがり、お花を持って最後のお別れに行ってきました。
お顔は、とても苦しそうなお顔でした。

病院での最後は、彼女自身あまり記憶にないようでした。
せめて明日の朝まで…と思ったのだけど、病院の先生に「このままここに寝かせておいても、夜中に一人で逝ってしまうこともある…それはかわいそうではないでしょうか」とそう言われたそうです。
その言葉に彼女は人工呼吸器をはずすことを決意したようでした。
本当に辛い決断だったと思います…その気持ちを考えると、自分ならそう決断できるだろうか…自信がありません。

実は、先月も先々月も、知り合いのわんこたちが相次いで亡くなり、どの子も見送ってきました。

みんなあまりにも早すぎます…。
どうしてそんなに早く逝ってしまったの?

神様はどうしてこんなにも大事なモノを次々と奪っていくのでしょうか…
07/16
2008 Wed
宣告
母のガン再発です。

定期健診のときにひっかかり、再検査となってから約一ヶ月…結果が出ました。

手術のしようがなく、放射線治療もしても難しいとか。

「腹腔播種」

去年の手術で取った部分から細胞単位でお腹の中にガン細胞が散らばっていて、それが大きくなっているとのこと。

3ヶ月に一回、定期検査をしていたのに、4、5個、大きな者で1.9ミリにもなっていたガンを見つけられなかった…。

私が仕事を辞めて帰れれば一番いいのだけれど、それも難しい…。

父が言いました。

「お母さんはオレが面倒見るから、お前はたまに顔出してくれればいいから」

その言葉に涙が止まらなくなってしまいました。

父と不仲で離婚しても絶対に実家には戻らないといっていた長男と話をして、実家に戻るよう説得しました。
最初、うまくやる自信は全くない…だから引っ越すとしたら近くに越すと言ったので、一緒に住んでいるのと近くに住んでいるのでは、いざというときに全然違う…そう言ったら、考えると言ってくれました。

心から「ありがとう」です。

母は来週までに抗がん剤(化学療法)を受けるかどうかを決めなければなりません。
抗がん剤の投与は一生、一週間に一回46時間の点滴。

副作用は投与してみなければわからないそうで、抗がん剤を投与しなければ、もって半年くらいとのこと…。

今まで、術後、あまりにも母が元気でいてくれて、定期健診もきちんと受けて毎回「大丈夫だったよ」との連絡だったことを過信しすぎていました。

本当に本当のことなのでしょうか…何かの間違いではないのでしょうか…
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。