離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/22
2008 Tue
裁判官変更
はい、まだ続いています、財産分与。

今回から裁判官が変わったそうです。

とはいえ、私はまだ一度も出廷していませんので、前職の方がどのような方だったのかはわからないのですけど…。

前回までの裁判官は、とにかく「双方の主張していることを表にまとめた上で、そこから考える」ということをしようとしていたようなのですが、こちらが提出するように求めている資料を相手方が出してこないので、全く前に進んでいませんでした。

今回の裁判官は、「とりあえず、双方が主張することをまとめてください」ということなので、また一から陳述書の作り直しとなるようです。
何だか会社も裁判も「振り出しに戻る」といったところでしょうか。

まぁ、迷ったら「原点に立ち返る」ということは大事だとは思いますが、そのために費やされる時間とお金を考えると…どうなんでしょうか。

「光母子殺人事件」

死刑判決が出ましたね。
裁判をやっている者にとって、裁判所も捨てたものじゃない…そう思わせてくれた判決ではないでしょうか。
どうか、このまま結審してくれることを祈ります。

そして、私の裁判も、「黙っていればわかるまい」的態度に出ているヤツの言いなりになることだけはやめてもらいたいと思います。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。