離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/29
2008 Sat
そういえば…
裁判、まだ終わってなかった~ってたまに思い出すくらいになりました。

いいことなのか悪いことなのか、かなりテンション下がってます。

先月の裁判期日では、またまた何も書類が相手方から提出されなかったらしく、何も進まなかったため、弁護士さんから特に連絡がありませんでした。
私も、すっかり忘れていて、期日から2週間以上たってから問い合わせした始末…。

で、今月の期日に相手方から書籍の査定の提出があると言う事で、予定通り期日の2日後、弁護士さんから郵送で相手方が提出した査定の書類が送られてきました。

もう何の本があったのかすら記憶にないのですが、専門書ってホントに全然価値なしなんですね。
異議があれば次回申し立てということみたいなのですが、何だかもうどうでもよくなりました。

正直、やめてしまいたいな~というか、こんなチマチマした重箱の隅の突き合いするのなら、当初の予定通り、慰謝料請求と財産分与を一緒にしてもらいたかったです。
テンション下がりきってるし、こんな何万円単位の話を何ヶ月も続けて…ホントに一体何の意味があるのかしら?
ホント、やるだけ労力とお金の無駄っていう気がしてきてます。

お財布握って、使ったもの勝ちなんですねぇ。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。