離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/22
2008 Tue
面接
今日、新部長と面接をしました。

私がそもそも今回の転職騒動で動揺した理由が、うちの実働部隊のベテランの長が辞めるという話を聞いたからなのです。
それだけ影響力の大きな人だったし、私を自分の会社に引っ張ろうとしていた社長の息がかかった人で、辞めるという話もその社長さんから聞いていました。

だからね…余計、この転職話、腰が引けたのです。

今回辞めることになった実働部隊の長が辞めて、私が辞めたらホント、うちの会社、とんでもなく大変なことになっちゃうだろうなっていうのは容易に想像がついたわけで、私的には、数回しか会っていないそっちの会社の社長よりもうちの会社の方に愛着があり、それなりにこだわりもあったということもあって、今回は会社に残る道を選択しました。

実働部隊は、うちの会社からはかなり遠距離で、片道新幹線を使っても4時間くらいかかるところにあります。
で、今回、その長が辞めるということで、偉い騒ぎになっていて、社長はずっとその事態を収拾するべくずっとあっちに行きっぱなしです。
先週、お誕生日を迎え、65歳になった社長、お疲れ様です。

ということで、うちの会社でも、社員ひとりひとりと面接ということになったようで、私がなぜか先発隊でございました。
面接は社長ではなくて部長でしたけど。

面接してもらってよかったかなとは思いました。
予測はついていましたが、社長から、私が辞めたいと言っているということも耳に入ってました。
あ、結局、会社がそんな状況なので、社長にはまだ結論を話してないんですけどね。

K元部長は完全に新部長のことを見下していたけど、そういうことで社内の雰囲気をよくして、みんなが仕事をしやすい環境と体制にしようとしてくれている姿勢が私にはとってもありがたかったです。
なので、E子も辞めるとか何とか言っていたみたいなのですが、もし彼女が残ってやっていくのであれば、何となくうまくできそうな気がします。
って、甘いかな(苦笑)

でもこれで、自分自身、最後のもやもやが解消された気がします。
例の一件以来、毎日のように連絡をよこしていたK元部長からは全く連絡がなくなりました。
あはは、見放されたかな(苦笑)

何となく…K元部長から卒業したかったのかなぁ、自分。

会社に対してや、まわりの人に対しての評価って、かなりK元部長からの影響が大きかった気がします。
私はK元部長の色眼鏡を通してずっとみんなを見ていたんじゃないかって、そんな気がしました。

自分自身の目で見るってことは難しいね。
スポンサーサイト
01/13
2008 Sun
雨降って地固まる?
久しぶりに雨の一日でしたね。
寒かった。

さて、もやもやのその後…

メールをくださった社長さんへは、白紙になっていることを伝えましたところ、白紙にはなっていない、自分が聞いているのは「会社から引止めにあってしまい、すぐにはやめられない状況のようだ」ということだという話でした。

あちらの会社の社長さんには本当に申し訳ない…純粋に私とお仕事がしたいといってくださっていました。
身に余るありがたいお話です。

でも…もうおぢさんたちや会社のゴタゴタに巻き込まれるのは勘弁して欲しいと思います。

ということで、今回は、ごめんなさいをしました。

ん~、もったいない話だったのではないか?と自分の中では思ったりもしますが…今の仕事を投げ出して行けるほど無責任にはなれない。

考えてみたら、自分の人生でこういった「人生の選択を迫られた瞬間」というのが何回かありました。

でもね…ことごとく玉砕しております(爆)
だからホントは、そのときの「直感」や「感情」と別の方向へ行くべきなんじゃないかな?なんて思ったり…いやいや、今回はきっと正しいに違いない!と思ったり。

まぁいいです。
他の誰でもない、自分で選ぶ道ですから…後ろは振り返るまい。
01/10
2008 Thu
わけわかりません
今日、転職話先の会社社長からメールをいただきました。

「その後、按配はいかがでしょうか。
現状、難しい状況でしょうか。

ご連絡、お待ちしております。」

一体、どんなことになっているのでしょうか。
わけわかりません。
01/09
2008 Wed
もやもや…その後
もやもやのその後…

K元部長に送った「条件をお願いします」の返事がないので、再度、メールを送ってみました。

翌日のお昼頃、お返事が来ました。

「あの件は白紙ということになっています」

ばっさり切られましたね。

ていうか、結局、「条件」はひとつもわからなかったのです。

私が悪かったのかなぁ…
悪かったんだろうなぁ…

裏でどんな話で私の転職話になったのかも全然わかりません。
私には「引き抜き」にしか思えなかったこのお話だけど、こうあっさりと「白紙」になるってことは、「ど~でもよかった」ってことなんだろうなぁ。

年末のごたごたからK元部長からは全く音信不通となりました。

私が足踏みした理由は、条件が全くもらえなかったということが一つですが、うちの会社の状態があまりにも聞いていた状態と違っていたので(こっちも実際のところホントかどうかはわかりませんが)、私が今、突然辞めたら、残った人たちが大変になるということからでした。
つまり、もううちの会社には先行きがないというのであれば、私が残ってがんばってお仕事をしても無駄っていうことになるのですが、先行きがあるのであれば、残ってお仕事をしていく皆さんに迷惑はかけられない…とそう思ったから、年内すぐとか、1月いっぱいでの急な引継ぎは無理だと思ったわけです。

それに私の友人の数人にも、会社からのお仕事を依頼していたりするので、諸々のしがらみを考えると、どうしても1月いっぱいは無理…と思ったわけです。

って、いらん責任感ですか?

どうしても「私」という人材が欲しいと思ってくれていたのではなかった…としか思えないです。
もしくは、一旦、OKと言っておきながら、結局は足踏みしている、決断力のない情けないヤツはいらん!ということなのでしょうか?

だとしたら、私も「聞いていた話と違う」と言いたいです。

でも、やっぱり自分の判断力の甘さで、まわりに迷惑をかけてしまったことは事実ですし、自分の信用を失ったということも事実です。
当然、「辞めたい」などど口に出して社長にも言ってしまいましたから、社長の信頼も裏切ってしまったことになります。

結局、簡単に人を信用しすぎってことです。

また自己嫌悪です…。
01/05
2008 Sat
もやもや…
年末から、色んな情報や、人の義理やら色んなしがらみに翻弄されておりました。

事の発端は、会社を辞めたK元部長からの連絡。

「お前の会社のオーナー会社の取引会社の銀行口座が凍結されたらしい、今月は給料出たか?来月は給料、出ない可能性大だぞ!」

そしてK元部長は、私の次の就職先を見つけてきました。
それも年末いきなり、話がしたいからと呼び出され、そこにその会社社長が来たというわけ。
ちなみにこの会社社長、K元部長のお知り合いで、なおかつうちの会社にもちょっと因縁のある方。
そのときは、私の転職の話なんて全然聞いていませんでした。

その会社の社長は、自分の会社でいい人材がいないから欲しいという話で、いろいろ話をしている間に「今の会社を辞めたくなったら相談してください」になり、帰る頃には「是非うちに来て欲しい」になっていました。

さらに年末も押し迫った頃、とにかく会社を見学に行こうというK元部長に引っ張り出され、その会社へ行きました。
その頃にはすっかり私がその会社に行くということで話が進んでいて、ポジションまで用意されていました。

その会社社長とK元部長と、帰りに飲みに行こうという話しになり、その席ではどんどん私の転職話が進み、とにかく早く来て欲しいという話にまでなっておりました。
渋る私に酔っ払ったK元部長

「あんな会社(うちの会社)にいたって、先がないんだから、しがみついていたって共倒れになるだけだ。別にそれでいいというならいいけど…」

とか

「来月はもう給料も出ないかもしれないんだぞ」

とか

「今、ここで決めないと、次はないぞ」

と、攻め立てられ、もはやいやとは言えない状況となっておりました。

「とにかく条件を聞かないと…」

と言うと

「何だ、お金で動くのか?そういうことならこの話はなかったということで、帰るからな」

なんてことまで言われましたよ。
とにかくいつなら動けるのかはっきり言えと言われ…「どんなに早くても2月ですよ」と返答してしまいました。
ここであくまでもはっきり「考えさせてください」と言えなかった自分。
うちの会社がそんなに危ない状況だったのかというショックと来月からはお給料ももらえないかもしれないのかといううろたえに、「今日答えが出なければ後がない」的文句にうろたえました。

そして年末…社長に会社の状況が不安なので辞めたいという旨を伝えました。
社長は、この先の会社の展望とオーナー会社がそんなことになっているはずがないということ、そして、一緒にやっていって欲しいということを言われました。

その次の日、オーナー会社の社長である越後やがやってきて、会社の状況を事細かに説明。

ある会社からいやがらせを受けていて、ありもしない風評を流されている。
それについては、営業妨害で裁判を起こす予定だということを聞かされました。

K元部長が言っていた話は、越後やが言っていた、いやがらせをしている会社が流している「風評」そのものでした。

K元部長に、聞いていた話と全然違うんですけど…と連絡したら

「そんなことはどうでもいい、越後やはろくでもないということは変わりないんだから」

という返答。

「とにかく転職予定の会社の社長から2月に来るということで準備をすすめていいかと来ているから、いいなら返事しておく」

とのこと。

ちなみに私が聞いている条件は「正社員」ということだけです。
その他条件は一切聞いてないし…
条件は、後ほどと年末に言われたけど、結局、あれから何の条件ももらっていません。
とにかく、聞いていた話とうちの会社の状況が全然違うし、そんな状態でいきなり2月に動くということで準備を進められても困りますとメールで返答しました。

それからK元部長からは不在着信が何度かあったのだけど、こちらから再度かけなおす気にもなれず・・・メールの返事も来ないので、そのままになっています。
って、こんなんじゃいけないし何の解決にもならないのですけど…電話をこちらからかけなおす勇気がわきません。

ホント、どうしたらいいのか全くわかりません。

わかっているのは…自分のことは自分で決めるしかないということです。
01/03
2008 Thu
あけましておめでとうございます
年末から冷え込んだものの、冬晴のすばらしいお正月となりましたね。

年末、いろいろあって、消化不良状態なお正月を迎えました。

もう少しすれば落ち着くかなぁと思っていますが…相変わらず、状況判断のできない自分。
何が正しくて何が間違っているのか、自分はどんな状況の中にいるのかすらわからなくなりました。

誰を信じたらいいのか、何を信じたらいいのかわからない。

新年早々、書くような内容じゃないですね。

がんばります。
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。