離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/21
2007 Fri
やっとスタートライン
今週はむっちゃ疲れました。

3月からいつの間にかプロジェクトリーダーにさせられてしまった超大手会社の仕事の最終テストにプラスもうひとつこれまた飛び込みで一ヵ月前に入ってきた超大手会社の新規仕事のテストスタートが重なってしまいました。

もー、正直、辛かった。

おまけに月曜から代わる代わる女の子2人が風邪で休んじゃうから通常業務もてんてこまい。

でも、明日からやっと本番稼働にこぎつけました。

最後は無理ごり押しでスタートまで押した肝心の社長は今夜は泊まり掛けで支部センターの忘年会で明日は来ないらしい。

こっちは忘年会どころじゃないっちゅうのにのんきなものだわ。

まぁ、社長がいても仕方ないけど。

誰も誉めてはくれないから、自分で誉めてあげようっと。

これが当たり前の仕事なのかもしれないけど、ほぼ素人からスタートして1年目のお仕事にしては、我ながらがんばったんじゃないかなって思います。

ここにきて少しだけ力が抜けたかな。

帰りの電車で、なぜか奴の実家に帰るときの電車の中の光景が目に浮かんできて目の前の光景と重なってしまい、遠い過去に引き戻されてしまいました。

引っ越しして仕事初めてから1年8ヵ月、毎日電車に乗っていても一度も思い出さなかったのになぁ。

疲れもピークのようで、首が重い。
昨日も今日も、お風呂上がりにソファて転寝。
あんまり「疲れた」っていいたくないけど、今週は何だか疲れか抜けない。

会社でも昨日、今日は気付くと大きなため息ばかりついてた気がする(苦笑)

何はともあれ、とりあえず、明日でやっとスタートラインに立てそうです。

起こり得るスタート後のトラブルは今は考えないことにして、まずは自分にお疲れさま。
スポンサーサイト
12/12
2007 Wed
所有権放棄
まさか…と思ってはいましたが、やはり連絡、来ました。

「AMIさんの荷物、まだ残っていますので、全部引き上げてください。引き上げた後は掃除をしてください」

弁護士さんに返事しました。

「残っているもので私固有のものは、最後にみつけた衣装ケース3箱くらいの服で、それは時間がなくて片づけられませんでした。どうしてもと言うのであれば引き取りに参りますが、破棄していただいて構いません。そのほかのものは「家のもの」と認識しておりますし、私は所有権を放棄しますので、処分するかどうするかは相手方の判断にお任せいたします。また、掃除については、相手方の行為により、電気が止められ、鍵が閉められたために部屋の中があのような状態になってしまいました。もともと二人の家だったのですから、二人でやるべきです。ですので、代理人ではなく、ご本人がいらっしゃるのであれば掃除を手伝います。日時をご指定ください」

と返事をさせていただきました。

ああ…われながらなんてかわいげのない返事だこと。
12/09
2007 Sun
引越し完了
土曜日…ちょっとハプニングがあったものの、無事に引越しは完了しました。

朝、長男が実家に行き、次男と二人でレンタカーで2tトラックを借り、私の前の家へ来てくれました。

私は朝、友人(正確には「友人の彼氏」)をピックアップしてから先に前の家へ向かいました。
予定よりちょっと早かったので、まだ余裕があると見込み、いつもわんこたちを走らせに通っていた公園へ先に向かいました。

田舎の公園って、広いし、誰もいないし、わんこには最高です。

が…残念なことにこの日はグランドゴルフで全面使用されていました。
仕方ないので反対がわのサッカーグラウンドでわんこたちを放して遊んできました。
いつもの馴染みの公園で遊べなかったのは何だか心残りでした。

まぁ、がんばれば来られないこともないので、また機会を作って行こうかな…。

土曜日は結構、風が強く、寒かったのとあまり時間もなかったのでわんこ遊びは早々に切り上げ、家の引越し準備に戻りました。

食器棚の上のものを下ろそうとして、食卓の椅子を探したら…ひとつもありませんでした。
前回、両親と来たときはあったのですよ。

「食卓と冷蔵庫はもって行かないでください」

その言葉が頭をよぎりました。

椅子を持って行けばテーブルだけだったら持って行かないだろう…ってそんな考えですかね?

何だか相変わらず子供じみたことをやってるなぁ…。

踏み台がなくなったので、外から脚立を持ってきて作業に取り掛かりました。

ふと…何の気なしに冷蔵庫に目をやると、何やら張り紙がしてあるのが目に入りました。

「AMIさんへ
この冷蔵庫は、私が2日間通ってお掃除をいたしました。
どうかもって行かないでください。
長い間、ありがとうございました。
お礼申し上げます。
                      ●●●●」

義母の達筆な字でそう書かれていました。

何だかね…やっぱりせこいな~っていう気持ちと同時に義母がかわいそうになってしまいました。

冷蔵庫、扉を開けると変なにおいがするし、中も何だか黄ばんでいます。
そういえば、前回、中の棚が出してあったけど、あれもなくなってました。
椅子同様、棚をもって行けばもって行くまいってことかしら?

正直、最初から冷蔵庫は全然欲しくありませんでした。
古いしでっかいし、電気代食うし、たまに調子が悪くて冷えてなかったりしてましたから。

何でこんなに冷蔵庫にこだわるのかよくわからない。

う~ん…ホント、どっちも「持って行ってください」と言われても、お断りするつもりだったので、必死にもって行かれないように小細工しているのがちょっと滑稽でした。

そうこうしているうちに、弟たちがトラックでやってきました。

次男はこういうトラックを運転するのは仕事柄慣れているので、道々、次男が運転してきたのですが、到着して長男がトラックなるものを運転してみたくなったらしく、Uターンさせて家につけることに試み、勢いよく向かいの空き地にトラックを突っ込ませました。

「大丈夫?!」って思ったら…案の定スタック。

こういうときは踏み込んだらダメってことくらい私だって知っているのに、ぱにくったのか長男、更にアクセルを踏んでしまい、タイヤはむなしく砂を掘り、穴を大きくしただけで空転。

「あ~あ」

ってことで、最初の作業はスタックしたトラックを砂地から救出することとなりました。

奮闘すること45分。

引越しの荷物を包むために持ってきたあて布まで動員、庭に放置されていたデッキ用の2×4の材まで動員してやっと脱出。

幸い(?)隣家はお休みなのか3軒とも不在だったようで、手伝いを頼めなかったけど、最後の荷物出しでの格好の悪いハプニングは何とか見られずに済みました(苦笑)

スタートはそんな感じで思い切り躓きましたが、何とか復帰。
二階のタンスや鏡台を下ろし、一階の食器棚を運び出し、その他、いくつかこまごましたものを箱に詰めて運び出しました。

隣家はいらっしゃったらご挨拶くらいはしようかなと思ってはいたのだけど、結局、最後にトラックを出すまで帰ってきませんでしたね。
元々そんなに親しくはなかったので、まぁ仕方ないのかな。
多分…二度と会わないかも。

そんな人付き合いってどうなんだろうって深く考えても仕方ないのですけどね。

トラックだけ先に出発してもらい、私は朝、ピックアップした友人を家に送り届けてから出発。
お昼も食べなかったので、ホカ弁買って、友人宅でいただきました。

そして1時間ほど遅れて出発したものの、途中渋滞に巻き込まれたり道に迷ったり(カーナビあるのに迷った)、結局、実家に着いたのはトラック到着より1時間半も遅れてしまいました。

荷下ろしは実家の一階に運び込んだので、運び出しより全然楽だったらしく、30分もかからなかったようです。
レンタカーは返却時間2分前に返したらしいです。

終わりよければすべてよし…というところで、とりあえず、引越しは完了いたしました。

結局、こまごました荷物はあまり持ち出さなかったので「掃除してください」と言われても無理だし、レンタカーの時間もあったため、予想どおり全く掃除なんかできませんでした。

それも正直心残りですが、このスケジュールでは絶対に無理です。

文句言ってくるかもしれませんが、それについては母いわく「ならば二人の家だったのだから、『一緒に掃除しましょう』って返事してあげれば?」だそうです(苦笑)
12/05
2007 Wed
弟たちへ
「ありがとう」

心から本当にそう思いました。

私には弟が2人おります。
長男は結婚して独立し、次男は働きながら、親と同居しております。

二人とも実は姉っこであります。
子供の頃から両親の言うことは聞かなくても、私の言うことはよく聞いていましたし、何かあって相談してくるのも、両親ではなく私にでした。

私が大学に受かり、一人暮らしをするために家を出ることになって引越し荷物を作っていたとき、両親が、私たちが子供の頃にお揃いで買ってくれたぬいぐるみを3体、こっそり私の荷物に紛れ込ませていました。

あのときは、余計なものを入れるな~!って出してしまったのですが、今思えば、自分たちの代わりに連れて行って欲しいっていう思いが詰まっていたのではないかなと思います。
今思い出しても、かわいそうなことをしてしまったなって思います。
(当の本人たちは忘れているかもしれませんが、姉はしっかり覚えています(笑))

さて、実は様々な事情で、突然、今週末、最後の荷物の運び出しをすることになりました。

陣頭指揮を取ってくれる次男の予定でそうなってしまいました。
元々、荷物の運び出しのときは手伝ってくれるよう、前から頼んではいたのですが、あまりにも突然で、長男が野球の試合があるから、雨が降らないと行けないとのこと…。
とりあえず、助っ人に友人も一人お願いしているので、次男と二人で何とかなるのかな?とは思っていました。

昨日、長男から電話があり、今回の野球は自分が言い出しっぺで、今年最後の野球をしようという話になったのだそうで、どうしても抜けられないとのこと。
なので、実家に運んだ荷物を運び入れるのだけ手伝ってくれればいいと言いました。
が、何だか長男、煮え切らず…一日、時間をくれと言い残して電話を切りました。

そして今日、長男からメール。

「引越し行くのでよろしくお願いします」

って、「いいの?!ホントに無理しなくていいんだよ」って聞いたのですが、「大丈夫!」の一言しか返って来ませんでした。

うう、我が弟ながら、何ていいヤツ…

こういうとき、家族ってうれしいなって思います。
ありがたいなって思います。
普段はあまりべったりしてないのですけど、いざっていうとき、ホント頼もしい。

それにしても、久々の兄弟の共同作業が姉の離婚の後始末っていうのも何だかな~って気もしますが…とにかく、ありがとうというか、迷惑かけてごめんなさいっ!です。
あまりにも申し訳ないので、長男の野球仲間には何か差し入れを持って行ってもらおうと思います。

ということで、友人と鍋やさんに行ってストレス発散お食事もして、機嫌よく帰ってきたら、弁護士さんからのお手紙がポストに入っていました。

まず、相手方から慰謝料の振込があったというお知らせ。
結局、最高裁への控訴はあきらめたようです。

その代わり…またもや支離滅裂、自己を正当化しようと必死で何度も同じ事を繰り返している財産分与裁判の陳述書が届いていました。

またもやどんよりです。

今回、慰謝料請求裁判で、裁判所が「事実」として認めたことを一切無視しています。
年内に一度、弁護士さんと打ち合わせに行かなければならなくなりましたが、かなり厳しいのです。

私が担当している新しいお仕事2つが来週と再来週それぞれスタート予定なので、今月は這ってでも会社に行かなければならないのです。

これじゃ、風邪もひけないです…。

年末年始のお休みも、クライアントの都合で短くなったし…仕方ないですね。
とりあえず今年最後の大仕事、できるだけ今年のうちに片づけて、新たな気持ちで新年を迎えたいと思います。

あ…その前にクリスマスでしたね。








12/03
2007 Mon
お互い様
今回の引っ越し荷物を片付けながら、ついでに部屋の模様替えをしました。

引っ越し以来、初めてです。
模様替えしたら、思いの外、居心地のいい部屋になりました

それにしても、一年もほったらかしてあると、どうでもいいものは忘れてしまうものですが…どうでもよくなかったものまで記憶から抜け落ちているものですね。

まず、本。

持っていくつもりで集めて積み上げていた本が粗方なくなっていましたね。

まぁ、一年、読まなかったのだから、今更いいですけど…。

それから奴が出ていってから私が買って使っていたオイルヒーター。

奴は見覚えがないハズなのにもっていかれてました。

私が買ったペアのデザインチェアも2つとももち去られていました。
例のごとく、ほしいなら自分で買えと言われて買ったやつ。
誰とペアで使うんだかー。

どれも別にいいし、奴のように、返せと言うつもりもないですけどね。

だけど別居後に私が買ったものまで持っていくなんて、ホントせこいわって、こういうのって、お互い様なんでしょうね。

何だか自分まで卑しくなった気分。
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。