離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/26
2007 Mon
一年ぶり
連休全日、前の家の鍵をやっとあけてもらいました。

最初、毎日朝7時に開錠、夜7時に施錠と言っていましたが、結局3日間、ずっと開けっ放しにするという連絡でした。

今の鍵は書類がないと合鍵を作ることはできないし、作っても1ヶ月はかかります。
なので、合鍵を作ることは不可能だし、1年もほったらかされていた家に泊まるなんてことは考えてもいないので、鍵を貸して欲しいと申し入れましたが、応えはNOでした。

あれだけケチな奴です。
なのに、家を出るときの鍵はかけなくていい…つまりですね、奴にとって家の中のものなんてどうでもいいってことなんです。

実家に荷物を運ぶということもあり、両親も手伝ってくれることになりました。

朝、父母と一年ぶりの家で待ち合わせをしました。

私の方が先に家に着いてしまい、ひとりで家に入る勇気もなく、近くのコンビニに行き、両親が来るまで時間をつぶしていました。
ほどなく母からケータイに連絡が入りました。
お茶とお昼とお茶菓子を少々買って、久しぶりの元我が家へ…。

近所は、ずっと工事をしていた近くの用水路にかかる狭い橋がかけ替わり、近所の林がきれいになくなっていました。

家に着くと、先に着いていた両親によって家中の窓が開け放たれていました。

家に向かう手前で面白いものを見つけました。
庭に建っている奴の書斎の扉のガラスにシールが貼られていました。

「WARNING:このガラスを割ったり強い衝撃を与えると、携帯電話に通報されます」

だそうで…私の荷物が入った母屋の鍵なんてどうでもよくて、自分の書斎はそんなんで…よっぽど大事なものが入っているのでしょうか。
それともその警告って、私に向けたものかしら?

さてさて…庭からリビングを見ると、うっすら白い…
想像どおりカビていました。
家具にもカビがついていました。

家具のカビは必死に拭いてきれいにしました。
家の中は当然ながら、スリッパなしでは歩きたくない状態。

母屋の方は「掃除機、冷蔵庫、ダイニングテーブルはもって行かないでください」とか奴が言ってたので、掃除機と冷蔵庫くらいは買い替えて家の中は多少は整理しているのかと思いきや…冷蔵庫が掃除されていた以外は一年前と何ら変わりはありませんでした。
持っていかないで…て言っていた掃除機…昔の古い掃除機でした。

頼まれたって持っていかないし…。

唯一、洗濯機が置いてありました。
ベタベタとユニセフマークのシールに奴の名前と住所が書き込まれていたものが貼ってありました。

何でしょうか?

それ以外は、家の中を片づけるために、二階に敷いて使っていた布団も全くそのままでした。

こんな状態で鍵を閉めてほっておくなんて、ホント…悲しくなりました。
家がかわいそうになりました。

庭は「7月に草刈りしてあります」なんて偉そうに言ってましたけど、枯れ草がぼーぼーで、わんこたちの体に草の種がガンガンくっつきます。

とにかく私のものは家に残さない…残っていた服や靴をゴミ袋に詰め込み、本やアルバム、お菓子作りの用品などは持って帰ってきました。

以前、粗方、使うものは持ち出しているので、小物類はそんなにもって帰るようなものはありませんでした。
どっちかというと、洋服のゴミが多かった。
45リットルのゴミ袋に8袋は捨てましたね。
義母がよく自分のお古の洋服をくれたりして…当然趣味が違うので、着ませんでしたけど、そんなものが山ほど。

しかし、押入れの中とかひっくり返してびっくりです。
よくまぁ…と思うくらいいろいろストック買ってました(苦笑)
田舎ですから、なくなったらすぐに買いに行くということができなかったので、常にプラス1はストック置いてましたからね。
発掘してちょっと得した気分♪

犬用ケージは訓練士をやっている友人に譲り、友人から譲ってもらったアロママッサージ用のベッドは、今ちょうど開業を考えている友人に譲りました。

今の自宅から元自宅まで片道60キロ…そんな調子で3日間、通いました。
両親は私の部屋に泊まりました。

父が私の部屋に来たのは初めて、母は最初に部屋を決めたときに一緒に来たきりでした。
近くに住んでいないということもさることながら、今でも父母は何だかんだと忙しく動き回っているので、こんなことでもないと、両親がうちに来るなんてことはありませんから…。

でも久しぶりに両親と3日間過ごして、いろいろおしゃべりして…楽しかったな。

ホントなら孫がいてもおかしくないし、孫でもいれば、わんこに対する姿を見ていると、孫に対してもジジ馬鹿、ババ馬鹿になってたんじゃないかなって思います。
なのにこんな年まで心配かけて、不肖の娘でごめんなさいって感じです。

さて、そんなこんなで何とか荷物の運び出しもめどがつきました。

あとは大きな家具類を実家に運ぶだけ…。

今度は弟と友人に手伝ってもらわなければならないのですが、そこにプラス、奴のスケジュール調整も必要で…また次の日程決めるまでが大変です。

ホントはとっとと来週にでも終わらせてしまいたいのですけれどね。

奴側からは何度も「荷物を運び出した後は掃除をしてください」としつこく言ってきていました。

だけど、鍵さえ閉められなかったら…電気さえ止められなかったら、あのまま引越しを続けて今頃はとっくに全部引き上げていたはずです。

それを「掃除してください」ってどういうことかしら?

まぁ、荷物を運び出した日に粗方掃きだして終わりにするつもりです。
時間もないですし…それ以上でもそれ以下でもありません。

だってあんな風になったのは、他でもない、鍵をしめてしまったあなたのせいですから…。
自分のしでかした後始末くらい、自分でやりましょう。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。