離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/17
2007 Wed
高裁判決
朝は昨日の続きで地元の銀行に行きました。
開店と同時に入ったのに、結局終わったのは10時15分過ぎ。

まぁ、そんなことはよいのですが、会社に着くと何やら一騒ぎがおこっている模様。

どうも昨日、納品遅れを出した模様で客先からクレームのメールが来たらしい。

もともとその仕事はK部長と私がメインでやっていたものだったのですが、私が新規の仕事で忙しくなったのとK部長が有休消化に入ったため、E子、Y子が仕方なくやっています。
ていうかE子もY子も普段、暇だし…。
たまに仕事中にゲームやったりMIXIやったり、悪口メール送ったりしてるの知ってるし。

とにかく私は集中してやらなければいけない仕事を抱えているので、そっちの仕事は彼女たちに任せてました。

で、結局、納品遅れは、別の場所で作業したものをこちらで完全に本日納品分が完了したかどうかを確認せずに帰ってしまったために起こったことでしたので、私は、きちんと納品が完了したことを確認してから帰るようにしないとダメではないのかと言いました。

その直後のE子からY子へのメール
「件名:ムカつく~!
さっきの話、聞いてた?まるで私たちが残ってなかったことが悪かったみたいに偉そうに言っちゃってさ!そんないつ来るかどうかもわからないもの、ずっと待ってなんかいらんないわよ!誰が残るかって~の!あ~ちょ~むかつく!イライラ!!!」

Y子からのお返事
「私もイライラしながら聞いてました!昨日は休みでどんなに大変だったか知らないくせに!それに今までだってほとんどあの仕事やってないくせによくあんな偉そうに発言できるなって思ってました。大変なときだけ出てきて、普段の雑用は絶対にやらない!どんだけ私らが大変なのかわかってるのかよって感じ!えらそうに言うなよって思って聞いてましたよ。よかった、E子さんも怒ってたんですね!私だけがイライラしてたのかと思いましたよ」

だって…

悪いが私はY子が来る前はほとんどひとりでその仕事をやってました。
昨日は夕方会社に電話したとき、Y子に何も起こってないかと聞いたとき、「大丈夫です!」って返事したわよね?
昨日がそんなに大変だったのなら、なぜそのときに言わないのかしら?
それはあなたの報告怠りでしょう。
それを私は休んでいたから何も知らないくせにとは言われたくないですね。

別にあなたたちが悪いなんて私は一言も言っていません。
それは多分、自分たちのせいじゃないの?って思ってるからでしょう?
私はそういうシステムができあがっていないためにそうなったのだから
、きちんとシステム化するべきだと言ったまでです。

そして私は先日、E子が犯した失態を客先に電話をして私の名前で謝りました。
そのときE子は「社長~、謝ってくださいよ~!」って社長に泣きついてました。
客先に早く連絡してって言ったのになかなか連絡しなかったあなた。
ホントに無責任なんだなって思いましたよ。

今回も、昨日、私は休んでいましたが、私の名前で担当者に謝罪メールを送りましたよ。

それでも何か文句がありますか?

私はY子がやってる仕事を全部システム化し、仕様書を作ってきました。
あなたは単にそれに乗っかってやってるだけ。
そのほかに私は常にやらなければいけない仕事を抱えていました。
なのに、あなたは私がやっていた日常の業務すらこなせない。
ミスは毎日のように連発する。
そして定時で帰る。

そんなんでよく「私らがどんなに大変か」なんてよく言えますね。
ならば、私がやっている仕事をやってください。

その上で今与えられた仕事がきついというのならば認めましょう。

ホント、レベルが低すぎです。
どうしたら今回の納品遅れが回避できるのか、それを考えるのが先決で、自分たちは悪くないと言うことが先ではないでしょう?

くだらない!!!
もう一緒に仕事したくないです。
ダメですね。
所詮、私は人の上に立つ器ではないのです。
結局ね、越後屋の威を借り、会社の財布を握っている女は強いのです。

すみません…毒吐きました。

さて、本日はそんなことがあったので夕方まで判決の日であったことを忘れていました(苦笑)

弁護士さんに電話しました。

「昼間、裁判所から電話がありまして、判決の日を来月に延ばして欲しいと言ってきました」

えぇぇぇぇ?!

どうして?
何か考え直したいことでもあるの?!

そんな不安がよぎりました。

弁護士さんいわく、そういうことはたまにあるとのこと。
裁判官が判断するのにもう少し時間が欲しいというときにある…って、やっぱり奴の言い分をもう少し吟味する必要があるということでしょうか?

何だか死刑宣告を先延ばしされた気分です。

そんなこんなでストレスばかりな毎日です。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。