離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/17
2007 Wed
高裁判決
朝は昨日の続きで地元の銀行に行きました。
開店と同時に入ったのに、結局終わったのは10時15分過ぎ。

まぁ、そんなことはよいのですが、会社に着くと何やら一騒ぎがおこっている模様。

どうも昨日、納品遅れを出した模様で客先からクレームのメールが来たらしい。

もともとその仕事はK部長と私がメインでやっていたものだったのですが、私が新規の仕事で忙しくなったのとK部長が有休消化に入ったため、E子、Y子が仕方なくやっています。
ていうかE子もY子も普段、暇だし…。
たまに仕事中にゲームやったりMIXIやったり、悪口メール送ったりしてるの知ってるし。

とにかく私は集中してやらなければいけない仕事を抱えているので、そっちの仕事は彼女たちに任せてました。

で、結局、納品遅れは、別の場所で作業したものをこちらで完全に本日納品分が完了したかどうかを確認せずに帰ってしまったために起こったことでしたので、私は、きちんと納品が完了したことを確認してから帰るようにしないとダメではないのかと言いました。

その直後のE子からY子へのメール
「件名:ムカつく~!
さっきの話、聞いてた?まるで私たちが残ってなかったことが悪かったみたいに偉そうに言っちゃってさ!そんないつ来るかどうかもわからないもの、ずっと待ってなんかいらんないわよ!誰が残るかって~の!あ~ちょ~むかつく!イライラ!!!」

Y子からのお返事
「私もイライラしながら聞いてました!昨日は休みでどんなに大変だったか知らないくせに!それに今までだってほとんどあの仕事やってないくせによくあんな偉そうに発言できるなって思ってました。大変なときだけ出てきて、普段の雑用は絶対にやらない!どんだけ私らが大変なのかわかってるのかよって感じ!えらそうに言うなよって思って聞いてましたよ。よかった、E子さんも怒ってたんですね!私だけがイライラしてたのかと思いましたよ」

だって…

悪いが私はY子が来る前はほとんどひとりでその仕事をやってました。
昨日は夕方会社に電話したとき、Y子に何も起こってないかと聞いたとき、「大丈夫です!」って返事したわよね?
昨日がそんなに大変だったのなら、なぜそのときに言わないのかしら?
それはあなたの報告怠りでしょう。
それを私は休んでいたから何も知らないくせにとは言われたくないですね。

別にあなたたちが悪いなんて私は一言も言っていません。
それは多分、自分たちのせいじゃないの?って思ってるからでしょう?
私はそういうシステムができあがっていないためにそうなったのだから
、きちんとシステム化するべきだと言ったまでです。

そして私は先日、E子が犯した失態を客先に電話をして私の名前で謝りました。
そのときE子は「社長~、謝ってくださいよ~!」って社長に泣きついてました。
客先に早く連絡してって言ったのになかなか連絡しなかったあなた。
ホントに無責任なんだなって思いましたよ。

今回も、昨日、私は休んでいましたが、私の名前で担当者に謝罪メールを送りましたよ。

それでも何か文句がありますか?

私はY子がやってる仕事を全部システム化し、仕様書を作ってきました。
あなたは単にそれに乗っかってやってるだけ。
そのほかに私は常にやらなければいけない仕事を抱えていました。
なのに、あなたは私がやっていた日常の業務すらこなせない。
ミスは毎日のように連発する。
そして定時で帰る。

そんなんでよく「私らがどんなに大変か」なんてよく言えますね。
ならば、私がやっている仕事をやってください。

その上で今与えられた仕事がきついというのならば認めましょう。

ホント、レベルが低すぎです。
どうしたら今回の納品遅れが回避できるのか、それを考えるのが先決で、自分たちは悪くないと言うことが先ではないでしょう?

くだらない!!!
もう一緒に仕事したくないです。
ダメですね。
所詮、私は人の上に立つ器ではないのです。
結局ね、越後屋の威を借り、会社の財布を握っている女は強いのです。

すみません…毒吐きました。

さて、本日はそんなことがあったので夕方まで判決の日であったことを忘れていました(苦笑)

弁護士さんに電話しました。

「昼間、裁判所から電話がありまして、判決の日を来月に延ばして欲しいと言ってきました」

えぇぇぇぇ?!

どうして?
何か考え直したいことでもあるの?!

そんな不安がよぎりました。

弁護士さんいわく、そういうことはたまにあるとのこと。
裁判官が判断するのにもう少し時間が欲しいというときにある…って、やっぱり奴の言い分をもう少し吟味する必要があるということでしょうか?

何だか死刑宣告を先延ばしされた気分です。

そんなこんなでストレスばかりな毎日です。
スポンサーサイト
10/16
2007 Tue
預金記録
本日、有休を取りました。

私が持っていた古い銀行口座の預金通帳の記帳が途中で止まっていて、その残りの提出を裁判所から求められたのでした。

しかし…その口座って「富士銀行」ですよ(苦笑)
今は「みずほ銀行」

その口座、まだ残っているのか~?!

電話で問い合わせると、口座のある支店に行ってくださいとのこと…。
それってうちから1時間以上かかるところの銀行。
で、せっかく休むのだから、半休にせず全休にしてしまいました。

銀行で事情を説明すると、一旦、古い口座を廃止にして、新しい口座を開き、そこへの現金振込みをするということにしてください、その上で預金記録を出しますとのこと。
しかし預金が残っていたことにびっくりしましたね。
残金は思っていたよりも入っていて3000円強。
数百円かと思っていたのでびっくりです。
使わなくなった銀行はきちんと閉じないとダメですね。

しかし…新しい口座を開設するには、私の現住所は遠すぎ、今の職場も全くお話にならない地域。
ということで結局、明日、また会社を遅刻して銀行で口座開設をしなければならなくなりました。

さて、私がなぜそんなに遠い支店に口座を持っているのかというと、その支店は、前の職場のすぐ近くだったからです。
仕事をやめてからはその口座の出し入れはほとんどなく、そのままになっていたというわけです。
で、せっかくそんなところまで行ったのですから、前々から是非ともいらっしゃいとおっしゃってくださっていた、恩師の死を知らせてくださった先生のところへご挨拶に行って参りました。

久しぶりにお目にかかった先生は、以前と全く変わらず、とてもおだやかでやさしい方でした。

で…話し込むこと3時間。

まぁ、なぜ離婚に至ったのかって、そんな話だったのですけど…

とにかくまわりの方々は、皆さん、ことごとく驚いていたそうです。
そして、裁判を起こしたのが私ではなく奴だったということも、皆さん首をかしげていたらしいです。

というのも、奴が、実は性格悪だという話や、女性に対してだらしないといった話、お酒を飲むとえらいことになってしまうという話、仕事もせずに遊んでばかり…などなど、私たちが結婚していた当時からてんこ盛りだったというのです。
なので、私が奴を訴えるのは当然、納得できるのだけど、彼が私を訴えたとは一体どういうことなのか?ということだったらしいです。

先生は奴とは仕事以外でのお付き合いはあまりなかったのだけど、彼の行動や雰囲気から男親の存在が感じられなかったと言っていました。
どちらかというと、母親に甘やかされて育った甘え上手な男という感じだったようです。

私はどちらかというと、あまり感情的にはなりません。
メンタルヘルスケアの先生にも、弁護士先生にも「自分のことなのに妙に冷静に観察し、的確に判断している」と言われたくらいです。
ある意味、かわいげがない?(苦笑)
なので、母の無償の愛を女性に求めていた彼にとっては、その理論的なところが窮屈だったのではないかと言っていました。
私がダメだったというわけではなく、彼のような男性には私は向いてなかったってことなんでしょうね。

そして…先生は、奴は「反社会性人格障害」ではないかと思うも言っていました。
これは以前、私の友人も同じことを言っていましたから、やはり見る人が見るとそう見えるのかもしれませんね。

また、当時からボートを買ったり、車やバイクを何台も持ったり…普通の研究者の給料ではそんな生活はできないはずなので、一体どんなところからそんなお金を工面していたのか不思議だったとも言っていました。

人によっては、裁判などに捕らわれているのは時間の無駄、さっさと縁を切って新しい人生にパワーを費やしたほうがいいという人もいるんですね。
確かのそうかもしれません。
でも、やはり私は、全面否定されてしまった自分の人生を助けてあげなければ前に進めないのです。
そんな私の気持ちを先生はよくわかってくださっていました。

そして、裁判が済んだら、早く新しい人生を歩んで欲しいとも…。

亡くなった恩師をよく知っている先生だっただけに、何だかその恩師を重ねてしまい、ついついおしゃべりが過ぎてしまいました。
先生もお忙しいところ、ホントによく私のくだらん話に付き合ってくださいました。

ありがたかったです。

先生のありがたいお言葉…

「AMIさんはね、彼に対してやさしすぎたんですよ。母親に甘やかされまくっていたわがまま坊やの面倒をよく見ていたと思いますよ」

私は夫婦としてごく普通と思われることをしてきたつもりだったのですが、はたから見るとそんな風に見えていたようでした。

またひとつ、心残りだったことがなくなりました。
10/04
2007 Thu
誰が支払うの?
弁護士さんから連絡がありました。

相手方弁護士からの連絡事項

「●●氏が結婚前から趣味で持っていた電車の模型(30万円相当)を持って行っています、返却を求めます」

「AMIさん名義のCS受信料の請求が来ていますので住所変更及び支払い手続きをお願いいたします」

鉄道模型…こんな風に書いてあると、30万円も支払ってヤツが買い集めたものという印象を受けますが、確か子供の頃に買ってあげたもので家を取り壊すのに整理していたら出てきたからと義母からもって行きなさいと渡されたものでした。
相当昔の木の菓子箱に「●●でんしゃ」といかにも子供のおもちゃに親が名前を書いたという感じで書いてあったのを覚えていますが…それが結婚前からの趣味だったとは知りませんでした。
「30万円相当」ってことも知りませんでした。
どうやって値段をつけたのでしょうか?
モノは言いよう?

というか、それ、どこにあるのか知りません。

それに私名義のCS受信料って何?

またやられましたね。

元々、ヤツ名義のCS受信料でした。
それを勝手に私名義にしたようですね。
引越してからはCSなんて見てませんしこの住所では契約もしていません。

引越ししてから1年半、確か、毎月5000円以上…ということは、10万円近く?
いつから私名義になっていたのかも知りません。
これって詐欺というか違法なんじゃないの?
自分名義なんだからそれこそ電気やガスや水道のように「解約」すればよかったんじゃないですか?
それを何で勝手に私名義にして未払いにしているの?
本人の了承を得ずに、支払いの名義人を勝手に変更してもいいのですか?

おかしくないですか?

もちろん弁護士さんには法的に支払う義務がない限り支払う気はないと伝えました。

また、相手方が「本のために家賃10万円の部屋と親の持っているマンション1部屋を借りており、親のマンションの部屋代も支払っている」と過去に陳述書で述べていましたが、その支払いについて追求したところ「何のことか全く身に覚えがありません」と言ってきました。

狐につままれたような気分です。
私は夢の中でヤツの陳述書を読んでいたのでしょうか。

ホント、頭に来ることばかりです。
10/01
2007 Mon
どつぼにはまっていく
新部長、本日から出社。

一日、K部長から引継ぎレクチャを受けてました。
あまり頭がキレるタイプではない感じ…。

社長は土曜日の私の報告について、越後屋にこんな報告をしていました。

「仕事についてネガティブ発言がありましたが、ネガティブ発言をしたからといって切るのではなく、私は彼女は「状況を正しく判断している」と判断しましたので、責任者として位置づけることとしました」

この仕事については、いっそのこと切ってぺーぺーにしてくださった方が気楽なんですけど…ってまたネガティブ発言しちゃいます。
私の判断が「正しい」と認めてくださったことはありがたいのですが、先頭切ってやりたいとは言ったつもりはないんですよね。

「無理です」

そう言ったつもりなんですけど…。

ああ…何だか墓穴を掘ってしまった気分。

おまけに会社は移転を考えているらしく、只今、極秘に物件を物色中。
移動予定先エリアへ通勤するとしたら、片道1時間半になるかも…。
しかも通勤地獄ルート。
考えたくもない…転職、まぢめに考えようかな。

今日は寝不足でもないはずなのに朝、起きられず…あやうく二度寝して遅刻してしまうところでした。

体調不良というより、気分下降気味っていうとことでしょうか。
まだまだ低空飛行中です。
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。