離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/30
2007 Thu
叔母という人
今週、月火、遅い夏休みをいただき、祖母、伯母、叔父、母の温泉旅行に同行しました。

母は退院後、初めての旅行、私もなかなか休みが取れず、祖母とも10年以上旅行もしておらず、せっかくの機会だったので無理して休みを取りました。

祖母の家に着くと、今回の旅行の参加者の伯母たちが待っていましたが…十数年ぶりに会う叔父から見知らぬ方を紹介されました。

叔父の再婚相手の方でした。

叔父は10年以上別居していた叔母と、娘の結婚を機に去年やっと離婚、そしてすぐに再婚をしました。
再婚したことは知っていましたが、その相手が今回の旅行に来るとは聞かされていなかったので、本当に戸惑いました。
叔父は、元旦那と同じ職業ということもあり、私的には叔父の離婚、再婚は実はかなりひっかかっていたのです。

離婚した叔母は、かなり物事をはっきり言う人で、自己主張もかなり強い人だったと記憶しています。
その叔母とは対照的に、高齢の祖母のことを気遣い、叔父に気遣い、本当に女性らしい方でした。

が…やはり、どうしても元旦那と重なってしまい、最初、自分の中で、その新しく叔母となった人を受け入れることができずにいました。

旅館に着く早々、お風呂に入り、宴会となり、いい気になって飲んだ私は部屋に戻るとあっという間に眠くなってしまい転寝してしまいました。
目が覚めたのは10時過ぎ。
別部屋の叔父夫婦と祖母は部屋に戻ってしまっていました。

それから母と伯母と再びお風呂へと行きました。

私はひとり川岸の露天風呂へと降りていきました。

するとそこには、とっくに寝たはずの叔母となった人がいたのです。

そこへ母と伯母がやってきてしばし4人でおしゃべり…母と伯母はあっという間にのぼせてしまい、上がっていきました。

後に残されたのは私と叔母…。

正直、何を話していいのかわからず、ちょっと気まずい雰囲気が流れてしまった気がしました。

最初に口を開いたのは叔母でした。

「お母さん大変でしたね」

入院していた母のことを心配してくださっていました。
それを口火にいろいろと話をしました。

叔父とのことは何となく触れてはいけないのではないかと思い、あえて聞きませんでしたが、話の流れでなんとなく叔母が私に「ご主人は?」と聞いてきました。
いきなりの話の展開に私も「ひとりですよ」としどろもどろになってしまいました。
あまり親戚にもおおっぴらにはしてないですから、10数年会っていない叔父が私の離婚を知らなくても当たりまえのことですしね。

で、なぜひとりなのかという説明をし始めたら、口が止まらなくなってしまいました。
彼女のやさしい言葉やまなざしに、私の警戒はあっという間に解けてしまい、叔父がなぜこの人を選んだのか、よくわかった気がしました。

叔母は本当に怒っていました。

「どっちが悪いにせよ、一度、結婚したらその人の人生を変えてしまったのだから、終わりにするときはきちんとその責任を果たさなければならない、卑怯だ」

と言っていました。

そして、叔父は、元叔母と離婚するときに、家も貯金もそして、離婚せず年金を分割すれば叔母が当然もらえる額を借金をしてまで準備して渡したのだということを教えてくれました。

叔父は元旦那とは全く違う人種であったことに心からほっとしました。
一時でも、叔父を元旦那と同一視していた自分が恥ずかしくなりました。

叔母はこんなことも言っていました。

「私は生まれたときからずっと地元で育ってきてほとんど地元を出たことがなかったのですが、こんなに遠い所でのんびりと露天風呂に入っているということがとても不思議です。これも縁なんですね。本当に縁は大事にしなければと思います」

そんなこんなで叔母と話がはずんでしまい、気付いたら1時間以上、露天風呂に浸かっておしゃべりしていました。
出たり入ったり、夜風も気持ちよかったので、のぼせずに済みましたけど(^_^;)

次の日はあいにくの雨でしたので、宿でちょっとのんびりしてから出かけることに…。
で、また懲りずに露天風呂にもう一度入り、朝食をいただいてから出発。

帰りはおみやげものやさんめぐりをしながら、新幹線と飛行機で帰る叔父夫婦を駅まで送っていくことに…。

途中、弁護士さんから電話がありました。

「今週、金土、荷物運び出しのための下見はいかがですかとのことです。なるべく顔を合わせたくないので、決めた時間だけ鍵をあけておくとのことですが」

そんないきなり今週末と言われても、しかも平日なんて絶対に無理。
第一、今週土曜日は前から休日出勤と決まっていました。

相変わらず、自分の都合しか考えない男です。

楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、駅に着くと別れ際、叔母が私の元にこっそりやってきて、小さな包みを渡してくれました。

「あなたの心がこんな色になることを祈ってます」

そう叔母は言いました。

びっくりしている私にその包みを私に押し付けると、叔母は叔父と一緒にみんなに見送られて駅の階段を何度も振り返り、手を振りながら帰っていきました。

叔母からいただいたその小さな包みは、自分の家に帰ってくるまで開きませんでした。
その叔母の言葉と小さな包みは、帰りの道中もずっと私の心の中にふんわりと暖かいものをともし続けてくれていました。

家にたどりつき、ひとりになってからその包みを開くとそこにはこんなメッセージが書いてありました。

「旅の想い出です。貴女の心がこんな色になります様に」

その包みの中には、淡いピンク色のふたつの茄子が合わさってハート型になったお皿が一枚入っていました。

本当に心があたたかくなり、叔母のやさしい心使いに涙が出ました。

叔父夫婦も色んな苦労があって今の幸せがあるんだろうなと思います。
当然、そこには離婚した叔母の悲しみや苦労も背負っているはずです。
だからこんなにも他人に対してやさしくなれるのかなと思いました。

自分もいつか叔母のような人間になりたいな…そう思いました。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。