離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/07
2007 Tue
準備書面
また来ました。

今度も数ページ読んだところでへこみました。
毎回、毎回、へこんでいるけど、今度という今度はかなりへこみました。

まぁ相変わらずこちらが否定していることを無視していい加減なこと言い続けているのですが…
私、読んでて、自分の人格を疑いました、ホントに。

私が悪かったのでしょうかね…

でも、とっても悲しくなったことがあります。

私の人格をめちゃめちゃにこき下ろすのは裁判の手段として仕方ないのかもしれませんが、今回はいわゆる夫婦の普通の日常生活についての答弁を完全に否定してきました。

「結婚記念日や誕生日、クリスマスなどを一緒に過ごしていたのは特に用事がなかったからである」

「誕生日に魚を買ってきて料理をしてくれたと言っているが、それはたまたま仕事帰りに店に寄ったら魚があり、当時魚をさばくことが趣味だったので買って帰っただけで、それがたまたま誕生日だったのであり、誕生日のためだったというわけではない。」

「私が釣りをしてきて汚れた体を洗うために風呂に入っている間に魚をさばく準備をしておくようにと言っても妻は「それはあなたの仕事でしょ」と言ってやってくれなかった」

「年末年始、お互いの両親の家に行ったのは、仮面夫婦を取り繕うためであり「円満な夫婦」を演出していただけである」

「もともと妻には「家庭的な食事を作る」という思考はなかった。ある日突然、取ってつけたように食事療法用の食事を作り始めたが、言われたからするという感じで、私に対する愛情から自発的に作るようになったものではない。私の推測では、私の母が夫婦が仮面夫婦であり実態のない夫婦であることに気付き、妻に指示したものと思われる」

「私は自分の仕事を手伝ってもらいたいなどとは思っていなかった。妻がやりたがっただけで、実際は迷惑であった。しかしそれを断ると喧嘩になるので我慢してやらせていた」

「義父の面倒は本当によく見てくれたしそれには感謝しているが、それと夫婦が破綻していたということは別問題である」

「前裁判で、妻は、離婚を拒否し反対した。やり直せるんだと言った。その時点ではすでに私が他の女性と付き合っていたことは知っていたのであるから、その時点でそのこと(女性と付き合っていたこと)は許されているのである」

まぁ一例を挙げればこのような感じです。
まだまだこんな調子でいろいろと言っております。

夕食はほとんど作っていましたが、それが「家庭的な料理を作るという思考はなかった」ということです。じゃあ一体、何が「家庭的な料理」というのでしょうか?療法食にしても、当然のことながら、夫の体を気遣ってはじめたことです。それが、「取ってつけたように…私の母からの指示であろう」などと…よくぞ言えたものだと思います。

そして…

「私はずっと親子関係のような仮面夫婦を演じてきました。妻はその状態を修復をしようともしませんでした。しかしながら、もし、そのことに妻が気付いていなかったのだとしたら、そのこと自体がそもそも我々夫婦の破綻の原因である」

だそうです。

仮面夫婦を演じていると一人でうじうじと思っていた夫に気付かなかった妻が悪い…そう言いたいのでしょうね。

全く騙されました。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。