離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/12
2007 Thu
訃報
つい先程、お世話になった先生からお電話をいただきました。

私とヤツの出会いのきっかけを作り、また仲人をしていただいた恩師が亡くなったそうです。

私の大学の恩師であり、また、一時期は職場も共にした恩師です。
非常に尊敬しておりました。

晩年は体を壊され、入退院を繰り返されており、心配しておりましたが、遠方ということもあり、なかなか訪ねることができず、また、体調を崩されていたので訪ねることをはばかっていました。

こんなことなら一度くらいはお見舞いに伺えばよかったなと今更ながら思うのですが、お知らせくださった先生も2年ほど前に会ったきりだとおっしゃっていました。

人の命って…はかない。
人生の中で縁あって出会って、生きる時間を共にする人たち…そんな人たちを私は大事にしたい。
だって、こんなに広い世の中、こんなに沢山の人がいて、その中から出会う確率ってすごいと思う。

亡くなった先生とも私はきっと深い縁があったのだと思う。

ただ、私の中に生きている先生は、まだ溌剌としていて元気な先生です。
いまだ亡くなったとは信じられません。

出来の悪い学生でしたが、本当にかわいがっていただいたと思います。
いつも講義室では先生の講義が好きで一番前の席に陣取ってました。
(この先生の講義だけですけど)
あの頃は未来にこんな結末が待っているなんて思いもせず、無邪気だったななぁ…

お葬式、ヤツと会うかもしれませんが、行こうと思います。

最後のお別れくらいきちんと言いたい。
そして、私の人生に係わってくださってありがとうと心から言いたいです。

ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。