離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/12
2007 Tue
思い出すこと
案外、人間て便利に出来ているんだなと最近思います。

裁判所に、私たちはごく普通の夫婦でしたということを知ってもらうために、私たちの日常風景、つまり普通の夫婦としての生活を伝えなければならないと弁護士さんに言われて、今、必死に思い出しています。

これが、相手方を責めることを思い出すことよりも結構辛かったりします。

自分にとって最悪の2年間がどれだけ異常だったのかってことを思い出しました。
このブログの過去ログも見ました。

そして、その2年間の間に、自分自身が葬り去ってしまった「普通の夫婦の生活」を再度、掘り起こさなければならなくなりました。

最初、弁護士さんにいろいろ聞かれたとき、こんなことはありませんでしたか?こんなことはどうでしたか?そんな感じで聞かれ、ああ、そういえば…と徐々に思い出したわけですが、家に帰ってきてから、いろいろそれこそ普通の夫婦どころか、仲良く(とは勝手に私だけが思っていたことらしいですが)暮らし、いつも笑っていた頃のことが思い出されてしまいました。

そんな生活は、すっかり自分の中で封じ込めてしまっていて、すぐには思い出せなかった自分にもびっくりです。

人間て、本能的に記憶をコントロールしちゃうんですね。

でも・・・実はそんなこんなでまたへこんでいます(苦笑)
駅から家までの道のり…何でこんなところをひとりで歩いているんだろう~なんて、またどんより…あ~、くら~っ!!!
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。