離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/28
2007 Thu
じたばたな朝
朝、いつものように窓を開け、天気を確認して散歩に行った。
今日は出た時間も遅めで掃除機かけてゴミままとめたかったから、いつもよりショートコース。

余裕で帰ってきたハズで、ご飯もめずらしくちゃんと食べた。
途中まで順調だった。

が…服が決まらず何度も着替えているうちに時間はやばいことになってしまった。

結局、駅まで走って電車には間に合った。

が、手抜き化粧したから、粗雑になった…おまけにコロコロ忘れてわんこの毛がプチプチついている。

大抵、服が決まらないとこういう羽目になる。
そんなにもってるわけじゃないのにね。

ちゃんと前の日から準備しとけばいいんだよね、本当は。

いつも行き当たりばったり…な自分を象徴しているような朝でございます。
スポンサーサイト
06/27
2007 Wed
準備書面提出
夫婦の日常風景を描き出した準備書面が完成し、裁判所に提出されました。

やっぱりね、今更ながらあまり読みたくない、思い出したくない風景ですね。

こんなことで傷ついている自分がいたりします。
あはは、今更だけど、やっぱり古傷は痛むらしい。

今になっても、やっぱり何だったのかよくわかりません。
なぜ離婚に至ったのか、あの結婚生活は現実に存在したものだったのか…ひょっとして自分が狂っていただけだったのではないか?何てことまで思ってみたりして。

昔の私たち夫婦を知っている友人が言っていました。

「男性更年期障害だったんじゃないの?」

って…

確かにそれもあると思います。
アメリカ人の仲良し夫婦が離婚した原因もそれでしたし、ちょうどその頃、ヤツは渡米してその夫婦の妻に会ってじっくり話したという経緯もありますし、その話を聞いて「ひょっとして自分も更年期障害か?」なんてことから始まってドツボにはまったってことは充分に考えられます。

だとしてもね…やっぱり人格障害が最大の原因だとは思います。
(決め付けるてし(^_^;))
どっちにしてもヤツは、母親意外の他人と同居する、誰かの人生を背負うってことは無理だったんでしょうね。

ホントにね~、私もいつまでこうやって思い返しているんだか。

情けないっす。

ある意味、そんなことを考えるほど暇なのかもしれないなぁ。
でもやっぱり、自分自身にはこれっぽっちの余裕もない。

未成年の殺人事件の裁判が続いていますね。
あの理由もひどいね。

以前、TOMOさんがコメントで残してくれていたけど、相手方の弁護士のやり口はあの弁護士とまるで同じですね。
起こった出来事の都合のいい部分だけを切り貼りして、あっという間に全く違う物語を作ってしまうあの技術は、詐欺師に近いものがありますね。
確かに、裁判官は原告にも被告にも感情移入してはいけないとは思います。
でも、何が真実なのかということを見極める公正な目を持っていただきたいと思います。
06/27
2007 Wed
親戚や(BlogPet)
きょうは、ちゃむが俳句を詠んでみようと思うの

 「親戚や 言っているので グラウンド」


*このエントリは、ブログペットの「ちゃむ」が書きました。
06/25
2007 Mon
また
思い出しちゃいましたよ、夫婦の日常風景ってやつ。

私ってば、あんなヤツのために毎日お弁当作ったり、腰痛、痛風もちだったヤツのために食事療法なんてけなげなことまでやってたんだった。

お弁当は車通勤だったし、せっかくだからランチジャー買って持たせてた。

そしたら数ヵ月後、「重いからいらない」と言い出し、それでも「ランチジャーじゃなければもって行く?」って聞いたら「それも車から降りて職場に行くまでに邪魔だからいらない」って言われたんだった。

邪魔だからいらないってどういうことぉ~?!?!
それもお弁当の材料は生活費をもらっていなかったから自分の働きから出してたんだった。
あ~、損した、損した、損した~!!!

「妻はいつもスーパーに行くと、高いものを選んでいました」

とか言ってたわ。
そりゃね~、あんたに少しでも安全なものを食べさせてあげようって思っただけよ~。
別に高級食材を選んでたわけじゃなくて、成分表を見た結果、同じようなものが並んでたら結果、高い方になっちゃうっていうだけだったのに、「無駄遣い」としてあげつらわれていた。

で…本日、弁護士さんからの「準備書面(1)」として、「夫婦なかよくやっていた日常風景」ってものが作成されてきたので、推敲してお返しいたしました。

昨日、久しぶりに旧友たちと会っておしゃべりしましたが…みんな口を揃えて「何度もお家に遊びに行った時は、ホントにいいご主人だなって思ったんだけど、同じ人とは思えないよ」と言っていました。

ホントにね…人格障害としか思えません。

そろそろあちらからも準備書面が上がってくるころです。
どうせまた嘘ばかりの書面なんだろうな~。
今度はどんな言いがかりをつけてくるのかと思うと気が重いです。
06/14
2007 Thu
アホか…
また謝ってしまった…客先に。

先日、釘を刺されたばかりなのに…あ~、アホだ。

でも今回は私が悪い、私がミスした。
だから謝った…でもそれは間違いだったらしい。

とにかくこっちのケアレスミスだと認めたらあかんらしい。

それがビジネスだと上司は言っていた。

この前、言ったばかりだぞ。

そういわれても、この前はあっちのミスで今回はこっちのミス…

ごめんなさいと言うのが当然のような気もするんだけど…それじゃいかんらしい。

とにかく正当な理由をつけて、こっちのミスではないという形に持って行くのだとか…

自分では何だかとっても納得できない。
だって、今回はマジに悪いのは私で、朝からそのことでへこみまくり、思い切り無口になって仕事をしていた…

ミスしたこと、また謝ってしまったこと…そんなこんなでまたへこんだ。

追い討ちの梅雨入り宣言。

はぁ~、空もどんより、自分もどんより。

ちっとも成長しない自分。

全然前向きじゃないこのごろ…
06/13
2007 Wed
とにかく(BlogPet)
昨日、AMIが
最後に、高裁の裁判官はどんな感じだったのかを聞きましたら、とにかく、家裁の判断はおかしいとの見解はもっているとのこと、それと、相手方には、いくらか支払って終わりにしたらどうかという思い出すがあったということを聞きました。
って言ってたよ。

*このエントリは、ブログペットの「ちゃむ」が書きました。
06/12
2007 Tue
思い出すこと
案外、人間て便利に出来ているんだなと最近思います。

裁判所に、私たちはごく普通の夫婦でしたということを知ってもらうために、私たちの日常風景、つまり普通の夫婦としての生活を伝えなければならないと弁護士さんに言われて、今、必死に思い出しています。

これが、相手方を責めることを思い出すことよりも結構辛かったりします。

自分にとって最悪の2年間がどれだけ異常だったのかってことを思い出しました。
このブログの過去ログも見ました。

そして、その2年間の間に、自分自身が葬り去ってしまった「普通の夫婦の生活」を再度、掘り起こさなければならなくなりました。

最初、弁護士さんにいろいろ聞かれたとき、こんなことはありませんでしたか?こんなことはどうでしたか?そんな感じで聞かれ、ああ、そういえば…と徐々に思い出したわけですが、家に帰ってきてから、いろいろそれこそ普通の夫婦どころか、仲良く(とは勝手に私だけが思っていたことらしいですが)暮らし、いつも笑っていた頃のことが思い出されてしまいました。

そんな生活は、すっかり自分の中で封じ込めてしまっていて、すぐには思い出せなかった自分にもびっくりです。

人間て、本能的に記憶をコントロールしちゃうんですね。

でも・・・実はそんなこんなでまたへこんでいます(苦笑)
駅から家までの道のり…何でこんなところをひとりで歩いているんだろう~なんて、またどんより…あ~、くら~っ!!!
06/11
2007 Mon
簡単に謝るな!
って、今日、上司からお小言を受けてしまいました。

今、会社の命運かかったお仕事が、ほぼ私ひとりの肩にかかってきてしまっています。
なにせ、相手は超大手で、プレスリリースまでされちゃってるお仕事なのに、こんな私がほぼひとりで管理をやってるって…信じられないです。

ホントにヤバイです。

こんなひよっこの素人も同然の私なのに、客先はそうは見てくれてないですからね。
それに、客先からの指示がまた悪くて…何度も仕様書き換えて…泣きそうです。
先週末、客先からの指示ミスで、結局こっちがミスした形になっていまい、客先が気付く前に「すみません、こちらも気付かなくて申し訳なかったのですが…」とメールを出したのがまずかったらしいのです。

「そんなこと書いたら、あっちは絶対に自分たちのミスだとは認めないだろ~が。簡単に「すみません」とか「申し訳ない」とか書くな、こっちが悪くなる」と…

はい、ごもっともでございます。
アメリカでも日本でも、交通事故やったら絶対に「ごめんなさい」って言うなって言いますもんね。
謝ったら負け…
裁判もそうだろうな~。
こんな甘ちゃんだから、裁判でもなめられるんだろうな~。

でも自分に正直になるとどうしても「すみません」になっちゃうんだよな~。
「気付かなくてごめんなさい」って…。

やっぱり全然成長してないんだなぁと妙にへこむ。
へこんだって全然変わらない自分がいて、馬鹿みたい。

あ~、裁判も難しいけどビジネスの世界も難しいな~。

でも…二度と同じ間違いはしないぞっ!

今日も頭痛、肩こりこりでございます。
06/10
2007 Sun
雷雨
今日はお休みだから、わんこ仲間といつもの貸切グラウンドでお遊びの予定だったのだけど、突然の雷雨に中止になってしまいました。

ああ、今週は思い切り走らせてあげられないな~とがっくりです。

雨の日はわんこたちはわかっているんでしょうね、いつもの遊んで、遊んでもなく、何となくまったり~してます。

雨だと、子供って眠くなると聞いたことがありますが、わんこもそうなのかなと思います。
あ、自分もかな(笑)

何だか、去年からうちのわんこの親戚筋にあたる子たちや昔から知っているわんこたちが次々と逝ってしまい、訃報を聞くたびにへこんでいました。

もうそんな年なんですね…うちの事実上の崩壊はわんこに始まっているとヤツは言っているので、平和そうに幸せそうにごろんと寝ているわんこたちを見ると、時々無性に腹が立ってきます。
もちろん、わんこたちにではなくヤツにです。
こんなにやさしくて愛おしい子たちに、自分の無責任さを転嫁する人間がいるって…信じたくないけど、それが自分の元夫だったなんて…今更何を…ですけどね。

裁判は、多分、自分だけに向けられた刃だったらここまでがんばらなかったんじゃないかって思います。

途中で、もういいやって思ったかもしれないなぁ。

でも…絶対にこの子たちだけはどんなことがあっても守っていかなきゃならないって、そう思うんです。
06/09
2007 Sat
真夜中…何だか目が覚めてしまいました。

ちょっと興奮気味で、いつもにも増して眠れません。

今日、午後半休取って、弁護士さんと打ち合せでした。

事務所に着くと、いきなり弁護士さんに健康のことを聞かれました。

先週、人間ドックに行き、特に悪いところもなく、評価もほとんどAでしたから、きわめて健康(笑)

そう答えたら、弁護士さん、私が事前にメールで送った反論文示して、
「冷静かつ論理的、明確によく書いてあり驚きました。よくこれだけかけたものだと思い体調崩してないか心配になりました」って(;^_^A

しかし…細かなことまで書きすぎだそうで、余計なことが多いと焦点がぼけるとかで、カットされることは必須らしいです。
ちょっとがっかり…。

その代わり、プラスする材料として、夫婦としてどうだったかという証言が欲しいということで、いろいろ話をしました。

一時間半近く話をしました。

最後に、高裁の裁判官はどんな感じだったのかを聞きましたら、とにかく、家裁の判断はおかしいとの見解はもっているとのこと、それと、相手方には、いくらか支払って終わりにしたらどうかという提案があったということを聞きました。

もっとも、相手方弁護士はこれを断ったらしいですが、一応、相手方本人ともご相談ということで持ち帰ったらしいです。

とにかく、高裁がこちらには相手方にいくらか支払えという提案をしなかったこと、家裁の判断はいい加減という見解をもっているということに、正直、涙が出そうなくらいうれしかった。

まぁまだ裁判は終わってないので、最後までわかりませんので、そんなことで勝ったつもりになってはいけませんが…でもうれしい!

帰りは、せっかく休みを取ったので美術館ふたつ、はしごしてしまいました。

美術館て昔から何だか落ち着くんです。
作品からパワーをいただいたり、癒されたりしていてます。

久々にめいっぱい歩き、帰ってきてからわんこ散歩。
我ながら健康的(笑)
06/06
2007 Wed
お散歩
最近、かなりまじめに行ってます、お散歩。

って、行くのが当たり前なんだろうけど、以前は車に乗せて近くの広くて誰もいない公園に連れて行き、わんこたちを放して遊ばせるという、いわゆる「運動」をさせていたので、うちのわんこたちは「歩き散歩」って下手なのです。

それに田舎育ちだから車や人の往来があるところはかなり不安~。

なので、ついつい朝だけとか夜だけとかになりがちでした。

が…陽気のせいか、このところ朝晩ちゃんと散歩に行っています。

偉いな、自分(笑)

お散歩に行くよ~って言ったとき、わんこたちの顔がぱ~っと明るくなって、うれしそうになるのがよくわかるんですよね~。
朝晩散歩に行くと、とりあえずは満足するようで、夜はおとなしく寝てくれます。

まぁ、もう年齢も年齢なので過度な運動も控えないといけないのですけどね。

でも散歩しながら、心の中でごめんねっていつもしている自分もいるのです。

前はあんなに24時間べったりで、毎日公園に行って自由に遊べて、たまに海に行って波と戯れて…そんな時間はもうないのですから。

不甲斐ない飼い主なもので、遊んでいたらわんこたちを食べさせていけない。
ごめんね…と心の中で謝りながら、散歩に行ける日は行ってあげようと思うのです。
人間の年齢で行くと、いつの間にか私の年齢を追い越してしまったわんこ…どうしてそんなに急いで生きているのかなぁ。
もう少しゆっくりのんびりしてくれればいいのに。

だんだん、自分の誕生日より複雑な気持ちのわんこの誕生日…。

いつまでも元気でいてくださいよ。
がんばって散歩に毎日行くからね~♪

まだ、君たちには全然恩返ししていないのだから…。
06/06
2007 Wed
こないだ(BlogPet)
こないだ、AMIが
翌日から支払済まで年5分の趣旨1. 訴訟落ちは一審及び控訴人は非控訴理由おって、10だって♪*このエントリは、ブログペットの「ちゃむ」が書きました。
っていってたの。

*このエントリは、ブログペットの「ちゃむ」が書きました。
06/05
2007 Tue
落ちた
今朝、5時半頃、目が覚めてしまい、二度寝した。

二度寝するとろくな夢みないのかなぁ~。

二度寝の夢は妙にリアル。

場所はNYの貧民街。
なぜかわんこと一緒にボロアパートの4階に住んでいた。
あまりにもボロなので、アパートの真ん中にある吹き抜けに面した廊下には柵がない。
で…部屋の前の廊下でリードがはずれてしまい、走り出すわんこ…

「ちょ、ちょっと、待て~!」と叫んだけどとき既に遅し…。

わんこの体は空中へと飛び出し…そのままダイブ。
泣き叫びながら下を見るとわんこの体がゴミの中に見えた…

「ぎゃ~!!!」とここで目が覚めた。

心臓バクバク、半泣き。
ホントに叫んでいたかどうかは不明。

朝からめちゃくちゃ疲れた…
全然、寝た気がしなかった。

ベッドの脇で寝ていたわんこが息をしていることを確認する。

そして、シャワーを浴びて朝の散歩に出かけた。

すがすがしい朝のはずなのに、妙に息切れした朝でございました。
06/03
2007 Sun
意味もなくへこむ・・・
たま~にね、意味もなくへこむときって、人間だれでもあるんだろうけど…へこんでる。

実家に行ったら母は思いのほか元気だったし、前回、かなり険悪だった父母も今回は私の滞在中、一度も喧嘩することなくおだやかだったし、何もへこむことなんかないはずなのに…帰りの車の中で、急激にへこみはじめ…どつぼにはまった。

きっかけは自分でもわかってるのです。

ほんのつまらないことで…もう今更考えたってどうしようもないってことはわかってるし…でも何でそんなこと考え始めちゃったんだろうか…なんてこと考え始めたらどわ~ってへこみはじめた。

あ~、テンション低…

わかってるんだけど、こういう日は無理に上がろうとするのはやめる。
余計にへこむのはわかってるし。

誰かからパワーもらうってことを考えるのもやめよう。

ひとりで過ごすのが苦手なわけで…自分だけが取り残されている気持ちになる。
一人を楽しむコツって何だろう。

やっぱりね、何年一人暮らししても慣れないものは慣れなかったりするんだな。
いい加減、慣れろよ~と思うんだけどね。

明日になれば、元気になってるかな。

意外にゲンキンな自分なのです。
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。