離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/10
2007 Sat
ボーダーな彼女
実は、数週間前、新しい正社員候補さんがやってきました。

社長、部長が面接、とても明るくて履歴書も前向きだったので、即日決定で、次の日から会社にやって来ました。

この彼女、一年くらい前に事故に遭って脳挫傷になり、半年前まで入院していたのだそうで…初日のお昼のときに、その事故の話になったのですが、話を聞いて驚愕してしまいました。
事故=交通事故だと思っていました。

が、彼女の口から語られたのは…「団地の階段から、当時付き合っていた彼氏に『死ね!』って言われて突き落とされたんです」

って、目にうっすら涙を浮かべていて、聞いてはいけないことを聞いてしまったような気がして、ひどいね…ってそれ以上、言葉がありませんでした。

そしてその日から、部長は付きっ切りで彼女に仕事を教え始めました。

ところが、この彼女、とっても不思議。

ちょっと近くまでお使いに行く…2時間帰ってこない。
言ったことをすぐそばから忘れてしまうらしく、何を言っても覚えていない。
エクセルのマクロもできるという触れ込みだったのだけど、デスクトップのショートカットキーが何なのかもわからず、エクセルも初歩的なところが全然わからない。

そして、場の雰囲気が読めないのか、仕事であたふたしているときに大声で話しかけてきて「○○さん!○○さんて、女優の○○さんに似てますよね!」って、いきなり突拍子もないことを言い出したり。

事故のせいなのか、元々なのか…

とにかく、部長は雇った責任上、毎日必死に教えていたけれど、さすがに触ってはいけないと指示したサーバーの画面を、部長が見ていないときにカチャカチャと操作していたのを目撃したときは、危ないと思いました。

下手したら、本人、何をしたかわからずにデータ削除される可能性もゼロではない…。

たまらず、1週間くらいしてから、部長に進言しました。

さすがにこの頃になると部長も自分の仕事が全くできず、彼女は教えても教えても全く覚えておらず…疲れていましたので、その事実を聞き、驚愕の表情を見せました。

結局、3日間ほど彼女と社長、部長が話し、辞めてもらうことになりました。

辞めるときは妙にあっさりしていて、試用期間の約束の1ヶ月はいてもいいと話をしたら、今日で終わりにしますとのお答えだったらしい。

辞めてから、彼女がボーダー(境界性人格障害)であると本人が言っていたと部長から聞きました。
最初の頃、無理があるくらいめちゃくちゃ明るかった彼女。
明るいというより、会社にいるとは思えないようなハイテンションでした。
それが、やめるときは、ショックもあるのでしょうけれど、以前の彼女が全く想像できないような落ち込みぶりでした。

辞めたその日は、ほっとしたのと同時に自殺でもしないかと心配でした。

で…彼女が辞めてから、オフィスには、また忙しいけれど静寂と平和が訪れました。

安易に1時間弱の面接と自己申告の履歴書と職務経歴で決めるものではないと思います。
おかげで、他の応募者はみな断ってしまったのですから、本末転倒です。

雇った側にも責任はあると思います。

さて、この話、ここで終わりではなく、実はまだ続いているようです。

実は「彼女と付き合っている者」と称する方から、部長宛にいちゃもんメールが送られてきているようです。
それもかなり柄が悪いらしいのです。
(「今度、来たら、呼び出してやる」と部長は息巻いていますが…)
この話、展開するのか終結するのか、今の所、なんともいえません。

そのメールは見せてもらえないので、何と書いてあるのかよくわからないのですが、少なくとも彼女は自殺はしていないということがわかりましたから、よかったです。

暫く、オフィスの出入り時は周りに警戒しよう…。
スポンサーサイト
02/10
2007 Sat
母怒る
朝・・・母から電話。

昨日、弁護士からやっと相手方弁護士と連絡が取れたとの連絡。

返事は、

引越しについては立ち会う必要があるが、今現在、相手方は試験期間で全く身動きが取れないので、後ほど何日か日にちを指定する

とのこと。

ってことは、弁護士じゃなくて本人が立ち会うつもりなんでしょうか?

それよりも、こんな返事、一ヶ月以上もかかって出すものですか?

それに再三、一日では無理ということ、業者を頼まなければならない…ということも伝えてあるはず。
いくらアホでも、「試験期間」が過ぎたらすぐに「引越し」の時期になることくらいわかるのでは?

自己中、反社会性人格障害のあいつにはそんな常識は全く通用しないのかもしれないですね。

全くこちらの言っていることが通じていないようで、そんなに理解能力がなくて、よく人様に教えることができるなぁと感心してしまいます。

で、コトの成り行きを母に連絡しました。

母「本人、来るつもりなのかしら?会ったら言ってやりたいことがあるわ。全く自分勝手でふざけたことを言っているわよ、私とあちらのお母さんのソリが合わなかったとか言っているんだってね」

裁判のときのことを父から聞いたのだなと思いました。

相手方は、離婚ややり直しをしようとかいう話を何回かしたときに、いつも「母親がいいと言えば」とか「母親はこう言っている」とかそんな話ばかりでした。

弁護士から、相手方がやり直すとか離婚だとか毎回違うことを言ってきていたことに対して、当時、どう感じていたかという質問に対して、自分としては、やり直すという気持ちが相手方にあるのであれば、考えてみよう、でもなぜこの人はいつも「母親がいいと言ったら」という言葉が出るのか、お母さんの許可がなかったら何も決められない人なのだなという思いがあった、ということを言いました。

それを受けて、こちらの弁護士が相手方に質問しました。

「今回の離婚について、あなたのお母さんは何と言っていますか?」

「うちの母は、原告の母とソリが合わなかったので、それは仕方のないことだと言っていました」

この尋問のとき、父は傍聴席にいました。
帰りがけ、お昼を食べながら父が言っていました。

「お母さんとあっちのお義母さんて仲、悪かったっけ?」

うちの母とあちらのお義母さん、冠婚葬祭以外、ほとんど交流ありませんでしたし、喧嘩などもしたことはないですし、母からあちらのお義母さんの悪口を聞いたこともありません。もちろん私も義母とはうまくいっていると思っていたので、母には悪口を言ったことはありません。むしろ、しょっちゅう、行き来していたので、あまりそのことを母に言うと、やきもちを焼くかなと思って気を遣っていたくらいです。

だから、母本人にとっては、「義母とソリが合わなかった」と言われたこと自体が青天の霹靂だったようです。

「ホントに自分に都合のいい嘘ばっかりついているんだね」

母は、結婚すると言いに行ったとき、「あんたは若いからわからないと思うけど、いいように使われてるだけだよ」と一言言いました。
でも、そんな忠告を聞かずに結婚した私です。
母は、そんなことを言いながらも、あいつのことは、その一言以来、離婚に至るまで、本人のことはおろか、義母についても悪いことは一言も言いませんでした。

本当に、引越しに本人が立ち会うつもりなんでしょうか?
それとも、全く時間が取れないから、鍵をあけるための日にちを弁護士と相談している時間がない・・・と言うことなんでしょうか。

またしても謎のご返答です。
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。