離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/01
2007 Thu
女性は…
「女性は産む機械」発言で問題になっている柳沢厚生大臣…

http://www.janjan.jp/government/0701/0701290053/1.php

それに匹敵するほどのひどい発言を私は裁判所で聞きました。

弁「あなたは、○○さん(元夫の元愛人?)のことは愛していたのですか?」

被「いえ、○○さんには愛情というものはもっていませんでしたね」

弁「なら、なぜ関係を持ったのですか?」

被「酔った勢いでしたし…そのときは、『できた』という喜びは感じました」

弁「それだけですか?」

被「ええ、それだけですね」

弁「試すためではなかったのですか?」

被「いえ、試すためにではなかったです。結果として試したということにはなりますが、とにかく『できた』という喜びが大きかったですね。」

この人は、女性を何だと思っているんでしょうか…。
こんな発言、法廷でして、人として恥ずかしくないのでしょうか。

私は聞いていて本当に恥ずかしかった。
こんな人と夫婦だったってことを…
こんな人だなんて疑いもしなかった自分を…


人気blogランキングへ
スポンサーサイト
02/01
2007 Thu
2月になりました
裁判のときに見たあちらの家の写真からして、カビが心配になりました。

本もいっぱいあるのですが、カビのシミがついたら落ちません。
布団や服もあります。
一体それらにカビがついてシミになったら誰が保障してくれるんですか?

予定している引越しの日まで日はありません。
弁護士にも、どうにかして欲しいと再度伝えましたが、当然ながら全く何の連絡もありませんね。

この前の裁判で、更にヘソを曲げたのでしょうね。

きっと、人質ならぬモノ質にでも取った気分なんでしょうね。
ホントにくだらない男です。
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。