離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/03
2006 Sun
ちゃむは(BlogPet)
ちゃむは、料金も電話された。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ちゃむ」が書きました。
スポンサーサイト
12/03
2006 Sun
うちの会社の社長宅は偶然にも前の家から10キロほどのところにあります。

今日、フラダンスの講師をされている奥様のお仲間の発表会ということで、ご招待を受けたので行ってきました。
ついでに先日、鍵を忘れて行けなかったので、荷物を取りに自宅に行こうと思って出かけました。

何だかんだと忙しくて3ヶ月ほど行っていませんでした。

久々に行く通りなれた道…どこも変わっていなくて、なつかしいとかそういう感じも全くなく、昨日も通っていたような感覚で家に向かいました。

家に着いたのは薄暗くなりかけていたころでした。

角を曲がると空き地の隣に我が家が見えます。
薄暗闇に見えた我が家…何の違和感もありませんでした。
隣の空き地がきれいに草刈がされていました。
草ぼうぼうの家にどうやって入ろうか…そんなことも考えていました。
そしてふと、何だか変なことに気付きました。

自宅の庭がきれいになっていました。

草ひとつ生えていません。

おかしい…。

庭に入ってみると、私が植え替えて持ち出そうと思っていたローズマリー4本も跡形もなく消え去っていました。

そして庭のど真ん中に何か大きなものか大量のものを燃やした跡がありました。
薄暗くてよくわかりませんでしたけど、木片の燃えカスなどもありました。

鍵を持って玄関に行ってみると、私の持っていた鍵が入らないことに気付きました。
玄関の鍵が変わっていました。
2つとも…。

そして…そのときになって初めて気付きました。
電気が通ってないはずなのに、庭園灯と門柱の電灯が点いていました。

電気、復活させたようですね。

そして私の荷物はもう何も家からは持ち出せなくなってしまいました。

その後、どうやって社長の奥様のフラダンスの会場に向かったのか…あまりよく覚えていません。
楽しく明るいフラダンスも、何だか別世界で行われているような、自分だけが遠い世界にいるような、そんな感じのまま終わりました。
途中、何度も涙が出そうになり、必死にこらえました。

その後、社長宅で蟹をいただきました。
もう何だかよくわからず、家族の団欒や、みんなの笑い声なども自分とは全然関係ない世界になってしまっていて…みんな私には無縁なもの…そんな気がしてしまって、気が遠くなっていました。

帰り道、部長を駅まで送り、帰って来ました。

帰ってきてシャワーを浴びました。

車で行ったから飲んでいませんから…荷物を取りに行くために車で行きましたけど、無駄でした。
犬に粗相されて冬用の羽毛布団をクリーニングに出してしまい、夏がけにタオルケット2枚という状態で今は寝ているので、その代わりに客用羽毛布団を持ってこようとも思っていましたが、その布団もありません。
大事なもの、まだ家にはいっぱいあります。
生活に必要のないものかもしれませんが、大事なものです。

弁護士にメールしました。
裁判中にこんなことやってもいいのか?
荷物はまだ運び出していない…。
私は鍵を変えることを事前に勧告し、合鍵はいらないと言われたのに、合鍵を渡さなかったこと、抗議されました。

こういうことは許されるのですか?
まだ裁判中で、借り差し押さえしている物件です。
荷物もまだ運び出してはいません。

なぜ、そんな家の水道料金を私が支払わなければいけないのですか?

あいつは…裕福な実家、賃貸マンション付の実家で徒歩5分の職場にのうのうと通い、食費の心配も家賃の心配も何もなく、何の苦もなく海のそばの別荘も手にいれました。

私は…なんだったのでしょう。
ここまでされるほど、いったい何をしたというのでしょうか?

誰か…お願いですから教えてください。

私の人生って何なんですか?

人気blogランキングへ
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。