離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/30
2006 Thu
調停でした
今日、調停でした。

朝から仕事が忙しくて、実はすっかり忘れていましたが…。

午後になって弁護士さんから電話がありました。

結論から言うと、いろいろ細かいことが提出されているので、近々、打ち合わせをしたい…ということでした。

あちらからは今日は何も新しいものは提出されなかったとのこと。
つまり、こちらが要求した諸々の証明書やら何やらが全く何も出されなかったらしいです。
そして、以前の裁判のときに提出した資産状況で「よい」とのこと。

「よい」って何でしょうね?

何だか偉そうなものの言い方で、最初、誰が「よい」と言っているのかわかりませんでした。
裁判所?って最初思いましたが、どうも、車のローンやら何やらのことは「よい」ので、前の資産状況で算出してくれ…とのことらしいです。

状況飲み込むまでよくわかりませんでした。

さすがに新しく買った自分の車や誰と乗るのか知りませんがサイドカーつきバイクのローンまではまずいと思ったようです。

弁護士さんのものの言い方だと、どうもその資産で話をつけましょうか…っていう感じでした。
打ち合わせに行かないとこまごましたことはわかりませんが、何となく話のニュアンスから私が受けた印象です。

でも…やっぱり前の資産状況の提出だって全くもって不可解な部分が多く、納得の行かない部分ばかりです。
それだって限りなく資産はなく、差し引き預貯金50万円ですから…。
二人で分けたら25万円。
弁護士代にもならないですよねぇ?
ぶっちゃけて言ってしまえば、相手方の手取りの月給の半月分です。

何だか全然納得行きません。

打ち合わせは来月半ば…私用で初めての「有休休暇」になる予定。

当然、行かなきゃいけないし、行かなきゃ話にならないのですが、こんなことに有休なんて使いたくないな…。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。